インマゼールの聖チェチーリアミサ

今日は久々のミサ曲。

ImmerseelCellensis.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ジョス・ファン・インマゼール(Jos van Immerseel)の指揮する手兵、アニマ・エテルナ(Anima Eterna)の演奏でハイドンの初期のミサ曲「聖チェチーリアミサ」(Hob.XXII:5)の演奏。2008年6月21日、ドレスデンの聖母教会でのライヴ録音。収録曲目は「聖チェチーリアミサ」1曲のみ。ソロはソプラノがリディア・トイシャー(Lydia Teuscher)、アルトがマリアーネ・ベアート・キーラント(Marinne Beate Kielland)、テノールがマルクス・シェーファー(Markus Schäfer)、バスはハリー・ファン・デル・カンプ(Harry van der Kamp)の4名。

ドレスデンの聖母教会はルター派プロテスタント教会で、戦争で破壊されたものが再建された教会。1726年に建設が開始され1743年に完成。1945年2月13日のドレスデン大空襲と火災で崩壊。1996年から再建が始められ2004年7月に建物の外部が完成、2005年10月30日には内部を含む全てが完成した教会の完成を祝う式典が行なわれたとのこと。ジャケット写真からもわかる通り大空間の聖堂。

インマゼールは紹介の必要がないでしょう。私はモーツァルトのピアノ協奏曲全集の一押しはインマゼールのもの。古楽器の演奏の中では柔らかな音色で、またフォルテピアノなのに音量の変化と非常にデリケートなフレージングが特徴的な素晴らしい全集。特に20番以前の曲の響きの美しさは別格。モーツァルトの初期のピアノ協奏曲の魅力を最も表現できている全集だと言えるでしょう。

聖チェチーリアミサはハイドンがエステルハージ家の楽長に昇進した1766年に作曲された曲。いわゆるシュトルム・ウント・ドラング期の作品です。いつものように中野博詞さんの「ハイドン復活」を紐解いてみると、この年になるまでは、前楽長ヴェルナーがエステルハージ家の教会音楽の作曲と演奏を担当していたため、ハイドンには教会音楽を作曲する機会にはほとんど恵まれず、実際に副楽長時代にはミサ曲は全く作曲していなかったとのこと。長年にわたって押さえつけられてきたハイドンのミサ曲に対する創作意欲、教会音楽をも担当するようになる楽長昇進を機に、この曲によって一気に爆発したのかもしれないと指摘されています。この時期のハイドンの作品に共通する影のある美しいメロディーに溢れた傑作ミサ曲です。

キリエ
古雅な音色ですが、弾むリズム、特に瞬発力のあるアクセントが印象的な演奏。ヴァイオリンの音色は古楽器特有の摺れるような音色。リズム感を重視して流麗さよりリズムのキレを表現。入りは万全。第2曲はテノールのシェーファーのよくコントロールされた、良く通る声がいい感じ。オルガンの音色が雅な感じを濃くしています。ソロとオケのリズム感はよくそろって導入部の規律を保っています。第3曲はコーラスの重厚さがよく出たコーラスの聴かせどころ。寄せては返す波のようなコーラスのメロディー。まだまだ大人しい範囲なんですがふつふつと沸き上がる感興が垣間見えます。

グローリア
推進力が一気に増して7曲構成のグローリアに移ります。ティンパニの活躍で一気に活気が増してきます。リズムは律儀な感じなんですが、不思議と沸き上がる感動の気配。インマゼールのコントロールは冷静に抑えられていますが、その演奏からは大きな波が襲ってくるような迫力があります。グローリアの2曲目はソプラノのトイシャーのほのかに可憐な透明な声が聴き所。オケも徐々に熱気を帯びてきたような感触があります。グローリアの3曲目は静謐な祈りを感じる厳かな曲。曲が進むごとに少しずつこのミサ曲の世界に引き込まれていくような不思議な魅力を感じます。ここまで、テンポは極めて自然体、響きも自然なものゆえ、個性的な演奏とはいえないんですが、じわりと響く感動。つづくグローリアの4曲目はアルトのキーラントとテノールのシェーファーのソロの掛け合い。落ち着いたテンポでの落ち着いた掛け合いの妙。オケも冷静さを保っています。グローリアの5曲目は短調の険しい表情から、ほのかにさす光のような救いのメロディーに移り変わる曲の美しい表情に打たれます。キーラントのアルトの堂々とした声が心に刺さります。この曲の最も崇高な瞬間でしょうか。ただただ響きに打たれる至福の瞬間。6曲目は序奏からオケの聴かせどころ。なんという間の生かし方。トイシャーのソプラノは余裕たっぷりに朗々とした歌唱。転調の妙味を加えてティンパニの楔に首がびくびく拍子を打つような素晴らしいメロディーライン。グローリアの最後は教会中に響き渡るコーラスから入り、フーガ風の厳粛なメロディー。トランペットの天上へ響き渡るアクセント。最後のクライマックスは不器用なほどのザクザクとした盛り上がりですが、最後の一音の伽藍に響き渡る余韻の消え入る様子が印象的。

クレド
クレドは3曲。1曲目は一気にエネルギーが満ちてくるような曲調に変化。そしてテノールとアルト、バスのソロの素晴らしい掛け合いの2曲目。2曲目のメロディーラインの美しさは筆舌に尽くし難いほど。そして最後の3曲目は再びエネルギーの爆発。弾むリズムと推進力。

サンクトゥス
コーラスの響きの美しい導入。テンポを上げてエネルギーを増します。1分ちょっとの短い曲。

ベネディクトゥス
このミサ曲で最も美しい曲。合唱とオケの織りなすほの暗く流麗なメロディーに打たれます。最後は明るく転調し畳み掛けるように終了。

アニュス・デイ
最後はバスのファン・デル・カンプのフィッシャー・ディースカウ張りの声の響きによるアニュス・デイ。終曲もあっさりとすすみながらこれまでの曲の総まとめ的な美しいコーラスの波また波。ティンパニの強打に導かれて曲を閉じます。

インマゼールによる疾風怒濤期の傑作ミサ曲、聖チェチーリアミサ。これまで取り上げたコルボ盤、プレストン盤に迫る演奏でしたが、コルボの天上にモーフィングしそうな透明な上昇感と、プレストンのミサとしての完成度に対して、素朴な音色のじっくり楽しむべき演奏という位置づけ。評価は[++++]としておきます。ライヴの一発性というスリリングな要素はあまりなく、堅実な演奏です。生で聴いていたら心にしみる演奏だったでしょう。

さてさて、ミサ曲はまだまだレビューが足りないんですが、聴くのにはエネルギーが必要。今月は意識してミサ曲を取り上げてみようかと思ってます。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェチーリアミサ 古楽器 ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計悲しみ古楽器弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64天地創造ヴォルフレスピーギリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウスタリス軍隊交響曲10番モーツァルトピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52ベートーヴェン交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズバッハナッセンウェーベルンベンジャミングリゼーシェルシメシアンヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲61番交響曲73番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノ三重奏曲第九太鼓連打ヒストリカルオックスフォード交響曲99番ボッケリーニシューベルトロンドン交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーチェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド無人島アルミーダチマローザ変わらぬまこと英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲3番交響曲79番ラメンタチオーネアレルヤ驚愕チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンモテットドイツ国歌オフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
5位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ