イタリア四重奏団の「皇帝」、Op.33 No.2(ハイドン)

依然、震災関連の特別対応で毎日ドタバタしています。土日も出勤したのでくたくた。今日も休む予定だったんですがいろいろあって出勤でした。仕事が一段落したら帰るつもりでいたんですが、夕刻電力量が不足して計画停電外の大規模停電もあり得るとの情報で状況一変。またどたばたでした。それでも交通機関の乱れを心配して久々に8時過ぎと早く帰ってきました。

そうはいっても寒い中避難所で過ごされている皆さん、捜索や復興支援に走り回る人々の環境とくらべればまだまだ恵まれた環境。贅沢は言ってられませんね。

さて、こうゆうときこそ良い音楽を聴いて、心だけでも豊かでありたいものです。

IMG_1339.jpg

今日はイタリア弦楽四重奏団(Quartetto Italiano)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.76 No.3「皇帝」とOp.33 No.2を収めたアルバム。収録は1965年3月、レーベルは懐かしいフランスのAdes。

イタリア四重奏団は終戦の年、1945年イタリアのカプリ島でデビューしたクァルテット。当時は4人の奏者が20代という若さ。1967年から75年にかけて録音されたベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集が偉業として広く知られたものとのこと。その後もモーツァルト、シューマン、ブラームス、ヴェーベルンなどの弦楽四重奏曲全集を収録してリリースしてます。惜しくも1980年に解散しています。表記はイタリア語だけですが、なんとオフィシャルと思われるサイトがありますのでリンクを張っておきましょう(英語もあるように見えますが、工事中です)

Quartetto Italianoオフィシャルサイト(イタリア語)

この演奏当時のメンバーは以下のとおり。

 ヴァイオリン:パオロ・ボルチャーニ(Paolo Borciani)
 ヴァイオリン:エリサ・ペグレッフィ(Elisa Pegreffi)
 ヴィオラ:ピエロ・ファルッリ(Piero Farulli)
 チェロ:フランコ・ロッシ(Franco Rossi)

ヴィオラとチェロは途中で交代したあとのメンバーです。

私のイタリア四重奏団の印象は流石イタリア人のクァルテットと思わせる流麗さと力感溢れる演奏。モーツァルトの弦楽四重奏曲全集は愛聴盤のひとつです。

1曲目は有名な「皇帝」、この曲の2楽章の変奏の主題に使われたの旋律は「皇帝讃歌」”Gott, erhalte den Kaiser!"(Hob.XXVIa:43)という歌曲。元オーストリア国歌、現ドイツ国歌です。この曲の作曲の経緯は有名ですのでご存知の方も多いと思いますが、いちおういつもの大宮真琴さんの「新版ハイドン」から紹介しておきましょう。
ハイドンは1791年と1794年の2回にわたってロンドンを訪れていますが、イギリス滞在中に英国国歌”Got Save the King”の存在に感銘を受け、母国オーストリアにも国歌があればと考えていたようです。それを知ったヴァン・スヴィーテンが当時のオーストリア首相に話をもちこみ、詩人レオポルド・ハシュカに歌詞をつくらせ、ハイドンが曲を仕上げたのが「皇帝讃歌」。それを皇帝の誕生日である1797年2月12日にオーストリア全土に国歌として発表したもの。ハイドンが国歌を作りたいと思うと、それが本当に国歌になってしまうところが、当時のハイドンの存在の大きさを物語っていますね。

さて、そろそろ演奏のレビューに。まずは「皇帝」から。

1楽章は録音年代が信じられないような鮮明、精緻な弦楽器の力強い響きから入ります。強い部分の鋼のような音色と弱い部分の柔らかい音色の使い分けが見事。フレージングはイタリア四重奏団ならでは流れるようなもの。そしてピタリと息の合ったアンサンブル。録音は若干デッドですが、鮮明さも実体感も十分。スピーカーのまわりに4人の奏者がびしっと並んでいるようなリアルなもの。もちろん時代なりの古さはありますが鮮明さは相当なものです。現代の録音とちがって芯のしっかりした音が逆に迫力を高めているよう。1楽章は挨拶がわりに怒濤の迫力を見せつけます。
2楽章の皇帝讃歌のメロディーは抑えた入り。有名なメロディーをゆったりと抑えて表現。この演奏の白眉はその後の変奏。最初の主題を抑えて入り、変奏はゆったりしたテンポながら自在な弓さばきで変化を楽しみながら表現の幅を広げていくような展開。イタリア四重奏団らしく流麗さも感じさせますが、憂いの表情、ほのかな情感の表現が秀逸。えも言われぬ幸福感。この楽章の最後の音量を思い切り落とした部分に至っては魂だけになったメロディーが自身で曲をすすめていくような不思議な感覚。この楽章は絶品ですね。
3楽章のメヌエットは木質感のつよい弦の音色の美しさが前面に出たもの。たっぷりと溜をとってリラックスした展開。この楽章も流石イタリア四重奏団というべき流麗さにあふれています。旋律が低音域から高音域に音をあげをあげていくところの流れるような見事さは聴き所。
フィナーレは再び1楽章冒頭で聴かれた突き刺さるような鮮明な弦の響きが素晴らしいインパクト。漲る力感、ピタリと息の合ったアンサンブル、すすむにつれてフォーカスがピタリと合い、緊張感に富んだ素晴らしい迫力。最後は空間に楔を打つように鋼のような音で終わります。

いやいや、素晴らしい迫力。生で聴いたら凄いことになっていたでしょう。

つづく2曲目のOp.33 No.2は18年遡って、1781年の作曲。ぐっと素朴な曲調ゆえ、弾く方も力をセーブして弾いているよう。全曲を通してその余裕が演奏の美点と聴きました。こんどは全楽器の緊密なアンサンブルというよりはヴァイオリンの美しいメロディーを中心とした各楽器のサポートというような位置づけで曲が書かれているように聴こえます。2楽章のスケルツォ、3楽章のラルゴ、フィナーレと流れよく進め、各奏者の見事な弓さばきもちりばめられた名演奏者による余裕ある演奏という風情ですね。さいごはさらりと消え入るような演出つきの演奏。

どちらの曲も素晴らしい演奏。もちろん両曲とも[+++++]としました。最近あまり店頭では見かけなくなりました故、見かけたら即ゲットすべき名盤です。ハイドン入門者向けタグも進呈!



帰ってテレビをつけるとやはり震災、原発のニュースが始終ながされてましたね。家族を見つけた方の笑顔と、家族を失い悲しみに暮れる方、やはり家族をうしないながらも見つけてくれたかたに感謝を伝える人と様々な表情。運命によって様々な結果に別れてしまうものなんですね。
今日も茨城などで比較的強い余震が何度かありましたが、いつになったら収束にむかうのでしょうか。早くゆっくり音楽を聴いたり、楽しく飲みにいける普段の生活を取り戻したいものです。

知り合いも含めて被災地の皆さん、がんばってくださいね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76 弦楽四重奏曲Op.33 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ