作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

Haydn Disc of the Month - February 2011

0
0
Haydn Disc of the Month - February 2011

今月ももう月末。季節が変わるのが早いですね。今月の1枚はこのアルバムです。

TrioWandererLarge.jpg
2011/02/12 : ハイドン–室内楽曲 : トリオ・ヴァンダラーのピアノ三重奏曲集

今月も良いアルバムが多く、どのアルバムを選ぼうか悩みましたが、今まで室内楽の受賞がなかったことが決め手となり、トリオ・ヴァンダラーによるハイドンのピアノ三重奏曲集を選びました。現代楽器による演奏ですが、噴出する素晴らしいエネルギーと火花が散るようなアンサンブル。ハイドンの室内楽の活き活きとした魅力をつたえる素晴らしい録音です。

今月の候補は以下のとおり。すべてレビューで[+++++]の評価をした、何れも素晴らしいアルバム。賞の主旨から既に名盤と評価されているカラヤンとベルリンフィルのロンドン、シューリヒトのロンドンなどはリストアップしていません。

2011/02/27 : ハイドン–オラトリオ : フィッシャー=ディースカウフル登場、マリナー/ASMFの天地創造-2
2011/02/27 : ハイドン–オラトリオ : フィッシャー=ディースカウフル登場、マリナー/ASMFの天地創造
2011/02/20 : ハイドン–協奏曲 : アルテュール・グリュミオーのヴァイオリン協奏曲
2011/02/20 : ハイドン–オラトリオ : マルケヴィチ/ベルリンフィルの天地創造、ゼーフリート絶唱
2011/02/19 : ハイドン–室内楽曲 : モンドロシキェヴィツ/パウル・グルダのヴァイオリンソナタ
2011/02/16 : ハイドン–声楽曲 : ホルツマイア/トリオ・ヴァンダラーのスコットランド歌曲
2011/02/13 : ハイドン–室内楽曲 : アンタイ/クヴェール/ヴェルツィアーによるピアノ三重奏曲集
2011/02/07 : ハイドン–交響曲 : クリスチャン・ヤルヴィの86番
2011/02/06 : ハイドン–ピアノソナタ : アンヌ・ケフェレックのピアノソナタ集
2011/02/02 : ハイドン–交響曲 : トスカニーニのホルン信号1938年ライヴ

中でも、最後まで選考対象となったのは、同じくピアノ三重奏曲を古楽器で演奏したアンタイ/クヴェール/ヴェルツィアーのアルバム、クリスチャン・ヤルヴィの交響曲86番、マルケヴィチの天地創造、そして昨日取り上げたマリナー/ASMFによる天地創造の4組。

アンタイ/クヴェール/ヴェルツィアーのピアノ三重奏曲は古楽器による演奏ですが、受賞盤のトリオ・ヴァンダラーと遜色ないすばらしいキレが聴ける、こちらも室内楽の悦びに溢れた演奏。クリスチャン・ヤルヴィのパリセットは最近リリースされたパリセットでは一押しの名演奏。パリセットの過去の演奏の慣習を一切感じさせない斬新かつセンスの良い演奏としておすすめです。マルケヴィチの天地創造はゼーフリートの信じられないような美声とマルケヴィチの緻密なコントロール、そしてマリナーの天地創造はフィッシャー=ディースカウの圧倒的な存在感と意外ながらマリナーのメリハリに富んだオーケストラコントロールが素晴らしい演奏。どのアルバムをHaydn Disc of the Monthとして選んでも問題ない素晴らしい出来です。

今月は仕事の都合でレビュー点数は少なかったものの、室内楽を中心にいいアルバムに出会えました。手元には未登録盤の山もありますので、少しずつ聴きながらこつこつレビューを続けていこうと思います。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.