シューリヒトの「ロンドン」(DISQUES REFRAIN)

今日は至宝、シューリヒトのロンドンを取り上げます。

SchurichitDR.jpg

手元にはシューリヒトのロンドンは3組のアルバムがあります。

・Schuricht, Suttgart Radio Symphony Orchestra (10 September 1952) [7'23/6'45/4'52/5'06] DISQUES REFRAIN DR 920027
・Schuricht, Orchestre National de L'ORTF (September 1955/Live) [11'02/11'27/8'04/7'14] MEMORIES REVERTENCE MR 2020/21
・Schuricht, Orchestre National de France (September 1955) [8'04/7'14/4'50/4'49] VIRTUOSO 94012

1番目はシュトゥットガルト放送交響楽団との1952年の録音ですが、2番目の3番目はおそらく同じオケではないかとおもわれるものの、ジャケットに表記されたタイミングがあまりに異なります。この3種の出来を集中的に聴いて違いを探ろうと言う企画。今日はこの中から、今日は1番目のDISQUES REFRAIN盤を取り上げます。一番最初に入手したので一番聴き込んだアルバム。

シューリヒトのハイドンは以前に一度、軽く取り上げています。

ハイドン音盤倉庫:枯淡、シューリヒトのハイドン

シューリヒトは1880年、ドイツのダンツィヒ生まれの指揮者。アンセルメの要請で、1944年、スイスロマンド管弦楽団に客演した際、スイスに亡命。その後、ウィーンフィル、ベルリンフィルなど世界的なオケに客演し、名声を博すに至ります。シューリヒトは高齢になってからその世界的名声を手に入れることとなった人。晩年はリウマチに悩まされたとのことで、亡くなったのは1967年です。

このアルバムのシューリヒトのロンドン、出来映えはどうでしょうか。

1楽章は岩のようにゴロついたオケが奏でる序奏から入ります。音はモノラルながら鮮明なもの。シューリヒトらしく整理された響きで序奏のメリハリを表現。ティンパニがアクセントを強めに表現。主題に入るところは微風のような弦の入り。テーマの表現は意外と溜をたっぷりとってメリハリを十分つけます。灰汁の強いアクセントをつけながら、侘び寂びも感じる枯淡の表現と言ったら良いでしょうか。非常にクッキリしたメリハリをつけているにも関わらず枯れているのがシューリヒト流。1楽章の最後はゆったりとしたテンポに移りますが、テンションは高いまま。不思議なテンションでが、味わい深さは絶品。
2楽章は中庸なテンポで進めます。メリハリは抑え気味ながら素朴な遅さで進めます。途中の展開部で突如テンポを上げる部分がありますが、さらっとした変化で意外性はなし。このへんの独特の表情付けがシューリヒトならではという雰囲気を醸し出しているんでしょう。ときおりレガートを利かせたり、テンポに変化をつけたりと、ワルター等にも見られる変化をつけますが、この変化の付け方がファンを引き込むポイントかも知れません。非常に落ち着いたアンダンテですね。
3楽章のメヌエット。最も変化の少ない楽章です。最初から一定のテンポであまり大きく表情づけをすることなく淡々と進めます。
フィナーレは出だしのフレーズの枯れた表情が印象的。次々と重なる楽器が枯れた表情のなか厚みを増していきます。古い演奏らしく、ヴァイオリンのキレにはそうとう気を使っていることが窺われます。ヴァイオリンの音階のキレは抜群。途中のザクザク進む部分のアクセントとオケの巻き込み方は流石というレベル。終盤のメロディーラインは慌てるそぶりも見せず、落ち着き払ったフィナーレ。流石シューリヒトと言うべきでしょう。

この演奏の評価は[++++]。実は好きな演奏だっただけにもう一超えといきたかったんですが、最近触れる様々な演奏の素晴らしさとの関係もあり、控え目にしました。1番のポイントは生気というかキレの部分。これがシューリヒトのスタイルと言われればその通りなんですが、あともう一キレする余地もありそうですね。曲がロンドンだけに、その感はなおさらです。
もちろんシューリヒトの良さを知る音楽ファンの方にはおすすめできる良い演奏です。シューリヒトの演奏と言えば滋味溢れる演奏というのが衆目の一致するところ。このアルバムには他にハイドンの交響曲86番、95番が含まれており、昔はシューリヒトのハイドンの代表的なアルバムとの位置づけでした。

明日は上のリストの2番目、3番目の演奏を取り上げ、演奏と録音の違いを詳らかにしたいと思います。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ロンドン ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計悲しみ古楽器弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64天地創造ヴォルフレスピーギリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウスタリス軍隊交響曲10番モーツァルトピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52ベートーヴェン交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズバッハナッセンウェーベルンベンジャミングリゼーシェルシメシアンヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲61番交響曲73番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノ三重奏曲第九太鼓連打ヒストリカルオックスフォード交響曲99番ボッケリーニシューベルトロンドン交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーチェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド無人島アルミーダチマローザ変わらぬまこと英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲3番交響曲79番ラメンタチオーネアレルヤ驚愕チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンモテットドイツ国歌オフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
5位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ