作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

カラヤン/ベルリンフィルのロンドン旧録

0
0
今日はメジャーどころです。twitterでカラヤンのロンドンがちょっと話題になっていたのを見て、カラヤンのロンドンで取り上げていないEMI盤を取り上げようと思った次第。

KarajanEMIold2.jpg

こちらが手元のアルバム。EMIの初期のCDの廉価盤シリーズ。このデザインのCDはもう見なくなりましたね。

KarajanEMIcurrent.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

こちらは現行盤。現行盤は国内盤でHi Quality CDのようですので、手持ちのアルバムより音質面ですぐれているかもしれません。手持ちのものも音が悪いと言うレベルではありません。

ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)指揮のベルリンフィルの演奏でハイドンの交響曲83番「雌鶏」、101番「時計」、104番「ロンドン」を収めたアルバム。今日は時間の関係で恐縮ですが、このなかからロンドンのみ取り上げます。後年のDeutsche Grammophoneの録音と同様ベルリンフィルの演奏ですが、こちらは1975年1月、12月にベルリン・フィルハーモニーでのセッション録音。

カラヤン自体はきらいではないため、これまで交響曲の演奏についていろいろ取り上げてきています。

2010/02/10 : ハイドン–交響曲 : カラヤンのハイドン再考
2010/12/16 : ハイドン–交響曲 : カラヤン/ウィーフィルの太鼓連打
2011/01/18 : ハイドン–交響曲 : カラヤン/ウィーフィルのロンドン

カラヤンのハイドンの名演はと聞かれれば、Deutsche Grammophoneの天地創造の素晴らしい録音について触れない訳にはいきません。天地創造もいろいろ取り上げました。

2010/05/22 : ハイドン–オラトリオ : カラヤンの天地創造比較1
2010/05/22 : ハイドン–オラトリオ : カラヤンの天地創造比較2
2010/05/22 : ハイドン–オラトリオ : カラヤンの天地創造比較3

これらの演奏から見えてきているのは、カラヤンの演奏は晩年になるほど、カラヤンの磨き抜かれた人工的な感触が強くなってくるというもの。今回取り上げる75年の演奏は、時期としては既に晩年のレガートを効かせたスタイルの萌芽がみられる演奏ですが、晩年の行き過ぎたカラヤンスタイルの弱点を感じる寸前の演奏といって良いでしょう。

1楽章の入りはベルリンフィルの分厚い音響が印象的。これ以上堂々とした演奏が難しいほどに覇気にあふれた響き。序奏は壮大さに溢れてます。主題に入ると巨大な音塊が転がり出すような迫力ある展開。抑えた部分のデリケートさと音塊の噴出の繰り返しのような1楽章。ただ、リズムのキレが若干重く最近多く見られる鮮烈なキレをみせる演奏と比べると若干スタイルに古さを感じさせるのも正直なところ。
2楽章はカラヤンの演出の巧さを素直に味わえる楽章。曲全体を構造的にとらえ、楽章間の対比を巧みに表すところはカラヤンの真骨頂。穏やかなアンダンテの優しい表情の中、盛り上がる部分の堂々としたダンディズムは流石。レガートを効かせた分厚いベルリンフィルの弦セクションがゆったりと安定したテンポで描くメロディーは大きな視点でのメリハリが見事。
3楽章は2楽章がゆったり目のテンポに感じたのに対し、少し速めに感じるテンポ設定でスピード感で聴かせるメヌエット。颯爽としたメヌエットと言った趣。
4楽章はベルリンフィルの音響の迫力を味わえる楽章。精度はほどほどながら特に低音弦の唸るような迫力ある音響はカラヤン時代のベルリンフィルの魅力のひとつ。ハイドンの交響曲をこれほどまでに堂々とした大理石の彫像のように仕上げるあたりは、カラヤンだから出来ることでしょう。ただの迫力とは異なり、帝王の余裕と美学を感じさせるところは他の指揮者と一線を画すところですね。

1975年とカラヤンが名声を欲しいままにしていた時代のロンドン。帝王として君臨していたベルリンフィルを自身の美学に合わせて磨き込んだスタイルを徐々にみせていっているように感じます。交響曲を自身の美学に合わせて素晴らしい迫力で聴かせるという部分については、素直に素晴らしいと思います。ただ、この後の同じベルリンフィルとのDeutsche Grammophoneとの録音ではカラヤンのスタイルの弱点も感じさせてしまうところもあるだけに、この演奏はベルリンフィルとのハイドンという意味では、カラヤンの覇気を感じさせる貴重な録音ということができるでしょう。あらためて聴き直して、評価は[+++++]と以前と同様の評価としました。以前とりあげたウィーンフィルとの1959年の演奏に次いでおすすめといったところでしょうか。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.