コロリオフのピアノソナタ集-2

今日は昨日のつづきでコロリオフのピアノソナタ集。

Koroliov1.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

昨日の記事はこちら。

ハイドン音盤倉庫:コロリオフのピアノソナタ集

エフゲニー・コロリオフ(Evgeni Koroliov)のピアノによるハイドンのピアノソナタ集。収録曲目はアンダンテと変奏曲(XVII:6)、ピアノソナタ(XVI:11)、ピアノソナタ(XVI:23)、ピアノソナタ(XVI:50)、ピアノソナタ(XVI:20)の5曲。2004年7月12日~14日、10月6日~7日の録音。録音サイトは記載されていません。レーベルはProfil。

昨日はアンダンテと変奏曲のレビューで終わってましたので、今日はピアノソナタ(XVI:11)から。

XVI:11は1950年代とハイドン20歳代の頃の曲。全体で9分弱の小曲。昨日取り上げたアンダンテと変奏の壮大な構成とは異なり、ハイドン初期のシンプルな曲。コロリオフのある意味下心のない虚心坦懐なアプローチによって、曲そのものの魅力が浮かび上がってきます。とくに2楽章のアンダンテは朴訥な歩みをコロリオフのピアノがそのまま表現して、滋味溢れる音楽。3楽章のメヌエットはシンプルながら鮮明な音響によって、面白いメロディーを浮き彫りにしています。

つづくXVI:23はぐっと年代が下って1773年とハイドン41歳の頃の作品。曲想がだいぶ豊かになり、ハイドンらしい機知と響きの変化が感じられるように成熟しています。コロリオフの演奏スタイルは終始一貫して、楽譜をあっさりと、しかし慈しみ深く、ほどほどの力感で、さりげなく弾いていくというもの。曲想が豊かになった分、コロリオフの演奏スタイルがより活きているように感じます。ハイドンのソナタがまさに癒しの音楽として響きます。

そして、このアルバムのハイライトであるXVI:50。こちらは1794年から95年にかけて作曲とハイドン60歳代の作品。構成もダイナミクスも機知も前曲より格段の進化を遂げ、ハイドンのピアノソナタのほぼ最終的な構成にいたったもの。コロリオフのピアノの特徴が少し後退し、力がだいぶ入ってきた感じ。前曲までの諦観というかさとりきった様な演奏から一転、力がだいぶ入って、一般的な演奏に近くなり、1楽章は充実の響き。2楽章のアダージョは、きらめく右手の魅力と、コロリオフのさりげない間が相俟って素晴らしい音楽を奏でます。3楽章はすこし変化の幅を大きくして、遊びの要素が加わったような演奏。

最後はXVI:20、1771年とXVI:23の2年前の作曲。1楽章はこれまでで最も大きなテンポの変化。早めに切り抜けるところと休符の対比を聴かせようという意図が明確に感じられます。相変わらず地味な演奏ですが、そのなかでもキラメキ感をしっかり出そうとしているように聴こえます。私の好きな2楽章は、また枯れた演奏に戻ります。この曲の美しさを十全に表現しているといいたいところですが、すこし枯れすぎてしまって、メロディーラインの美しさを表現しきれていないもどかしさも感じさせてしまっているのが正直なところ。素朴なメロディーの美しさが際立つ演奏もあるんですが、三途の川の彼岸の美しさのような風情。フィナーレはコロリオフスタンダードな演奏。

曲によって、聴かせどころを意識して、メリハリを少し付けているんでしょうか。演奏のムラとも思いにくいのは、曲想にあわせた意図が感じられるため。私が一番気に入ったのは、XVI:23。いちばん何もしていないというか、いちばん無欲に感じる演奏。こちらは[+++++]を進呈。つづいてXVI:50ですが、1楽章のちょっとした力みが惜しいところ。こちらは[++++]、XVI:11とXVI20も[++++]としました。

昨日から聴いてきたコロリオフ、yoshimiさんからもコメントをいただいたとおり、まさにピアノ音楽を聴きこなしてきた方にはデリケートな演奏の妙味を楽しめるアルバムだと思います。

今日は久しぶりに21時頃に帰宅。嫁さんがツブ貝の刺身を買ってきていたので、それをつまみながら日本酒を呑みながらのんびりとブログ執筆。今日は珍しく神奈川の若水純米吟醸。

IMG_1201.jpg

やはり、のんびりできるのは良いですね(笑)
明日は何をとりあげましょうか、、、

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:11 ピアノソナタXVI:23 ピアノソナタXVI:50 ピアノソナタXVI:20

コメントの投稿

非公開コメント

コロリオフのハイドン、面白く聴けました

コロリオフのハイドンは、以前少し聴いたことがあるのですが、すっかり忘れてました。
聴き直すといろいろ感じるものがあって面白いですね。
たぶんハイドンを聴くための回路が、頭の中にできてきたんでしょう。
記事を拝見したおかげで、思い出せて良かったです。どうもありがとうございました。

私が好きな曲のXVI:50とVI:20は、構築性が強く、メリハリも強くて好きなタイプの演奏です。
コロリオフは線に強い人なので、旋律や和声が入り組んだ曲の方が、コロリオフらしい演奏になるようです。XVI:50が良い例でしょうか。肩に力が入っているというよりは、急速系楽章ではこういう弾き方をする人です。
シンプルな曲では、曲想の違いもあるのでしょうが、その弾き方があまり活かせないので、結果的に淡々とした弾き方になっているのかなという気もします。

逆に緩徐楽章になると、時としてかなり深淵な世界に入ってしまうのはバッハと同じ。
”三途の川の彼岸の美しさのような風情”には思わず笑ってしまいましたが、平均律第1巻第4番などの短調のフーガなどはとてもゆったりとしたテンポで、静かに佇む彼岸の世界を垣間見ているようです。

コロリオフはハイドンのソナタ集の第2巻も出してますが、メリハリと躍動感が強くなり(曲にもよりますが)、澄んだ音は輝きが増して、響きと色彩感も多彩になっている感じがします。
こちらは、XVI:34、XVI:52が好きな曲ですが、テンポが速めで、明確な旋律線と強弱のメリハリがあり、ほどよい叙情感と明晰でシャープな感じがして、私の好みのタイプの演奏です。
XVI:44も良い曲ですね。どちらかというと、ハイドンの曲は短調の方が好きかもしれません。
異聴盤もいろいろ聴けば、また印象が変わるかも知れませんが。

コロリオフのバッハはいろいろ出てますが、特に評価が高いと思われるのは「フーガの技法」と「平均律曲集」です。
「フーガの技法」は聴いていないので何とも言えませんが、平均律はコロリオフのバッハがどういうものか、わかりやすいです。
「フーガの技法」の方は、作曲家のリゲティが”もし無人島に何かひとつだけ携えていくことが許されるなら、私はコロリオフのバッハを選ぶ。飢えや渇きによる死を忘れ去るために、私はそれを最後の瞬間まで聴いているだろう。”と絶賛した録音です。
特にお好みの曲がなければ、コロリオフのバッハをお聴きになる場合は、この2つが良いのではないかと思います。

Re: コロリオフのハイドン、面白く聴けました

yoshimiさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

コロリオフのハイドン、ピアノを聴く楽しみを存分に味わえる、良いアルバムですね。
わたしは、最初のアンダンテと変奏曲を聴いて、コロリオフの淡々と弾く慈しみ深い演奏のスタイルを感じ取ったので、逆にそうゆう演奏を期待してしまっている耳になっちゃったということでしょう。XVI:50、特に1楽章はそれよりも、いわゆる普通の演奏に近いんだと思います。力が入っているというのは相対的なものでしょうね。XVI:20の2楽章はブレンデルやアックスなどのお気に入りの演奏の響きの記憶との比較が記事に影響しています。ある意味、私のこれまでの曲に対する印象や、期待との距離が記事に大きく影響しています。当たり前のこととは思いますが、皆さんそれぞれいろいろな経験や趣向を持っていますので、人の感想や記事はとてもためになります。というか気になります(笑) yoshimiさんの文章を読むと、いろいろ勉強になります。三途の川、渡らないよう気をつけます(笑)

さて、コロリオフのバッハ、平均率から聴いてみようと思います。コロリオフの演奏を聴いてしまうと、やはりバッハを聴きたくなってしまいますね。
コロリオフの演奏を聴いて、思い出したのはレイグラフとピアッツィーニ。レイグラフのハイドンは私のブログのレビュー第1号ですので、なんとなく思い出深くもあります。機会があったら聴いてみてください。

レイグラフ:http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-2.html
ピアッツィーニ:http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-23.html
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ