【新着】コープマン3度目のオルガン協奏曲

昨夜は新年会ゆえ更新をお休みさせていただきました。今日はコープマンの新着アルバムを。

KoopmanOrgan.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

トン・コープマン(Ton Koopman)の指揮とオルガン、アムステルダム・バロック管弦楽団による、ハイドンのオルガン協奏曲(XVIII:1)、オルガンとヴァイオリンのための協奏曲(XVIII:6)、オルガン協奏曲(XVIII:2)の3曲を収めたアルバム。コンサート・ミストレスとオルガンとヴァイオリンのための協奏曲のヴァイオリンソロはキャサリーン・マンソン(Catherine Manson)。録音は2009年の9月、オランダ、アムステルダム近郊の街ハールレムのルター教会でのセッション録音。

コープマンのオルガン協奏曲は70年代から80年代に録音されたPHILIPSのもの、90年代に録音されたERATOのものに続く3度目の録音。録音が2009年ですのでハイドン没後200年ということで録音されたものかと思いますが、リリースは最近です。レーベルは最近コープマンの録音を出しているChallenge Classics。

以前の録音も非常にいい出来でしたので、今回のアルバムも期待が高まります。

まずはオルガン協奏曲(XVIII:1)から。いつもの中野博詞さんの「ハイドン復活」を紐解くとこの協奏曲は1756年、なんとハイドン24歳の時の作品。70歳近くなったハイドンは若い時に書いたこの曲の自筆譜に1756年と記入したことによって、作曲年代がほぼ確定しているということです。この年の翌年に交響曲1番が作曲されていることを考えると、ハイドンの最初期の作品であることがわかります。

1楽章はオケの序奏の段階から多彩なオルガンの装飾音が入り、以前のコープマンの演奏よりも自由闊達さが増している印象。テンポは比較的ゆっくり目で、オケは以前の色彩感溢れる躍動的な印象からすこし大人しくなり、色彩感はほどほどながら、躍動感というより柔らかな感興を表す感じに変化しています。最新録音らしく、録音は万全の出来。特にコープマンの奏でるリアルなオルガンの音色の美しさはなかなかなもの。オケとオルガンのバランスも悪くなくオルガン協奏曲を存分に楽しむことができます。演奏からはコープマンがオルガンの演奏を存分に楽しんでいることがよく伝わってきます。
2楽章も比較的ゆっくり目。古雅な弦楽器の序奏にのって、コープマンの弾くオルガンがシンプルながら徐々に変化を帯びてくるメロディーを描いていきます。この楽章でもオルガンの装飾音の自在な変化が聴き所。24歳の人間が書いたとはとても思えない、円熟味を感じるシンプルながら深いメロディー。曲の造りの複雑さは求められないにしても、このメロディーの構成は見事という他ないでしょう。
フィナーレはオケの色彩感と躍動感が徐々に上がってきて、オルガンの音色とオケの音色が渾然一体となって魅力的に響きます。オルガンの音色は力が入り、逆にオケのほうは力が巧く抜けてさらっと流すような清涼感を帯びてきます。

2曲目はオルガンとヴァイオリンのための協奏曲(XVIII:6)。この曲は前曲の10年後の1766年の作曲で、本来オルガンのために作曲されたものの、ペダルを使用しないためチェンバロでも演奏可能とのことで、チェンバロで演奏されることも多い曲。

1楽章は前曲同様ゆっくり目に始まります。独奏楽器が2つあるためソロ間の掛け合いもあり、曲想が非常に面白い曲。オルガンとヴァイオリンが合わせたり掛け合ったりする面白さはなかなかのもの。マンソンのヴァイオリンはコープマンの自在なオルガンより個性は弱いですが、うまく寄り添って確実な演奏。コープマンはコープマンならではの愉悦感溢れる演奏。おそらく体を大きく揺らしながらニコニコしていつものコープマンスタイルで弾いているものと想像できます。
2楽章のラルゴ。オケの序奏の後、オルガンの伴奏に乗っていきなりヴァイオリンのソロが始まりますが、そのメロディーラインの美しさが印象的。オルガンに主役をバトンタッチしたり、戻したりしながらソロ主体の構成。協奏曲としてはかなり実験的なスタイルだと思いますが、見事に成功している感じ。
3楽章はソロの美しさが際立ちます。恍惚としたオルガンとヴァイオリンの美しい音色が高次の融合を果たした素晴らしい曲想。楽器の自然体の音色を存分に楽しめる演奏。マンソンのヴァイオリンの音色にうっとり出来る素晴らしい楽章。この曲の美しさを堪能できる素晴らしい演奏。

最後はオルガン協奏曲(XVIII:2)は1767年頃の作曲。だんだん曲想が豊かになり、ハイドンの技法が冴えてくるように感じます。

1楽章はこの曲も、比較的ゆっくり目に入り、古雅な音色の端正なオケに乗ってコープマンのオルガンが遊び回るような自在な演奏。オルガンの音色の美しさは変わらず、オケの中庸を得たサポートも前曲と全く同様。演奏自体の質は非常に高く、コープマン独特のトランス状態に入らんばかりのオルガンの陶酔感がこのアルバムを通した特徴でしょう。
2楽章はアダージョ。このアルバムの中でも一番の聴き所。オルガンが最高の陶酔。コープマンの面目躍如。この曲を同時代で聴いた人はどう思ったでしょうか。オルガンという楽器の音色を生かし尽くした素晴らしいメロディーライン。10分近い長い楽章ですがオルガンの音色に打たれる快感を味わい続けられる楽章。転調の度に訪れる素晴らしい瞬間。
フィナーレはリズムの面白さを際立たせる、これまた聴き応え十分な楽章。この曲は名曲ですね。この楽章のオルガンを聴くだけでハイドンの天才ぶりが際立ちます。激しい感情の突出もなければ、技巧を凝らしたものでもないんですが、音楽としての創意が突き抜けんばかりに溢れかえってます。まさに音を楽しむ快感。昇天です。

先日聴いたコープマンの97番と98番のアルバムが、今ひとつ生気に欠けていたため多少の危惧はあったんですが、得意のオルガン協奏曲だけあって、こちらのアルバムは素晴らしい仕上がり。3度のオルガン協奏曲の録音でコープマンが至った境地は、まさに無為の自然さ、作為を超えた絶対的音楽的快感という素晴らしい高み。まさにコープマンの魅力に溢れた素晴らしいアルバムということができるでしょう。評価はもちろん全曲[+++++]です。最新の録音で楽しめる素晴らしいオルガン協奏曲のアルバムということで、「ハイドン入門者向け」タグも進呈です。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オルガン協奏曲 古楽器 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ロンドンバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23音楽時計曲先生と生徒古楽器ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲80番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲81番悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲ヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番モーツァルトオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルスカルラッティバッハラモーショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギタリスヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズベンジャミンウェーベルンナッセンシェルシメシアングリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲61番交響曲39番狩り交響曲73番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ変わらぬまこと騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3アレルヤ交響曲3番ラメンタチオーネ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲27番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルマーラー交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディバードパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ