ファイン・アーツ四重奏団のOp.77(ハイドン)

最近めっきり室内楽からはなれていますので、今日は最近手に入れたものを紹介しましょう。

FineArtsQ.jpg
amazon / HMV ONLINEicon

ファイン・アーツ四重奏団(Fine Arts Quartet)の演奏によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.77のNo.1とNo.2の2曲を収めたアルバム。レーベルはLYRINXでジャケット裏面にはharmonia mundi DISTRIBUTIONとの表記があるので傘下の小レーベルでしょうか。手元には何枚かのアルバムがあります。録音は No.1が1998年11月19日、No.2が1999年3月25日、フランスのマルセイユでのセッション録音。かれこれ10年以上前の録音になります。

このアルバムを紹介するのは、純粋に素直な演奏によって曲を楽しめるので。

ファイン・アーツ四重奏団はこのアルバムではじめて聴きます。ライナーノーツを読んでみると1946年シカゴで創設された弦楽四重奏団。半世紀以上も第一線で活躍する数少ない弦楽四重奏団とのこと。1982年以来現在のメンバーで固定。ネットにホームページがありましたのでリンクを張っておきましょう。

Fine Arts Qusartetオフィシャル・ウェブサイト(英文)

ウェブサイトをみるとヴィオラ奏者が2009年に代わっているようですね。この演奏時のメンバーはラルフ・エヴァンス(vl)、エフィム・ボイコ(vl)、ジェリー・オーナー(vla)、ウォルフガング・ラウファー(vc)の4名。

収められた弦楽四重奏曲のOp.77はハイドン67歳の1799年の作曲で、ベートーヴェンのパトロンとしても有名なロプコヴィッツ侯爵の注文に応じて作曲された曲。ハイドンの弦楽四重奏曲はそれまで6曲1セットとして作曲されてきたのに、この曲に至って、2曲のみで中断してまったとのこと。着手時には6曲を作曲中と報じられながら2曲で終わってしまった理由として、いつも紐解く中野博詞さんの「ハイドン復活」には、ロプコヴィッツ侯爵が同時期に注文したベートーヴェンの弦楽四重奏曲も同時期に作曲され、ウィーンの貴族サロンで演奏され、それをハイドン自身も聴いている可能性があるはずで、その出来を知り筆をおいたのではないかとの推論が示されています。

モーツァルトのクラヴィーア協奏曲を聴いたのちに自身のクラヴィーア協奏曲を作曲しなったことを考えるとあながち推論と軽んじることはできないのではないでしょうか。素晴らしい作曲の才能をもつハイドンには、自身を上回る才能を聴き取る鋭敏な感覚と、その才能を認める謙虚さや、大きさをもっていたに違いないと思い込んでしまいます。

この4年後にはハイドン最後の弦楽四重奏曲Op.103を作曲しますが、すでに作曲意欲は衰え2つの中間楽章のみを完成させるのみで、「私のすべての力は去り、私は年老い、おとろえた」という歌詞を添えて出版されるというハイドン創作の終焉を迎えますので、まさに創作の最後の時期の代表作。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の衝撃はハイドンにとっていかばかりのインパクトだったでしょう。長い歴史を経ていまの私たちはそのインパクトをその歴史のパースペクティヴ上で理解することができますが、おそらくハイドンの時代にそのインパクトの大きさを知ることができたのはハイドンを含めて少数の人だけだったのではないかと想像してます。

前置きが長くなりましたので、曲のレビューを。

Hob.III:81 String Quartet Op.77 No.1 [G] (1799)
出だしは落ち着いたテンポで、各楽器が独自にヴィブラートをかけながら、弦の胴鳴りを巧く鳴らしてアンサンブルを組み立てている感じ。やはり第1ヴァイオリンのエヴァンスの高音の美しいヴァイオリンのフレーズの存在感とインパクトで聴かせる感じ。型にはまったというか、表現を統一していこうという感じはあまりせず、各パートが良い意味で自由に弾いている感じが特徴でしょう。各パートともフレージングのメリハリは結構はっきりつける方なので、曲想は結構濃い印象を残します。録音はリアリティが高く、残響は少なめゆえ、部屋の中にクァルテットがやってきたようなリアルな音質で抜群のリアリティを楽しめます。
2楽章のアダージョの冒頭の緊密なアンサンブルは見事。1楽章を終え精度が高まった感じですね。ゆったり目のテンポで各奏者の呼吸が聴こえてくるような息づかい。クァルテットのアダージョは精度の高い豪腕の演奏もいいんですが、このように各奏者の息づかいが聴こえてくるような素朴な表現も聴く楽しみの一つですね。最後の一音の余韻が消えるところの美しさもなかなか。
3楽章のメヌエット。自在なヴァイオリン。このエヴァンスの楽器の高音の伸びは素晴らしい存在感。長年一緒にやってきたクァルテットらしい阿吽の呼吸を感じるアンサンブル。結構フレーズごとにテンポを変えてくるんですがみんなぴたりと入ってくるのが流石ですね。
フィナーレは速いテンポで各パートが徐々に畳み掛けるように火花を散らし始めます。デュナーミクの幅も非常に大きくなり、また高音部の音階のキレも最高潮に。全員乗りに乗っているようすがよくわかります。この四重奏団の最良の演奏の記録といってもいい素晴らしい緊密なアンサンブル。

Hob.III:82 String Quartet Op.77 No.2 [F] (1799)
別の日の録音のため、前曲最後の火傷をしそうな火照りの余韻は感じられません。音質もすこしオフ気味になったせいか、前曲よりも落ち着いた感じの1楽章の入り。もちろんアンサンブルの構成は基本的に同様ですし、各パートが濃いめながら自由に弾く感じも同様。曲調のせいか、各パートのフレーズを次々と引き継いでいく様子をが浮き彫りに。各楽器それぞれの独立したフレージングの面白さを感じます。
この曲は2楽章がメヌエット。前曲より抑え気味なところが功を奏して曲の良さを素直に楽しめます。
この曲の白眉のアンダンテ。やはりハイドンは天才ですね。天国のゆりかごに揺られている時のBGMのようなシンプルながらすばらしく落ち着くメロディー。癒されます。いや、癒しが必要なんですねサラリーマンも(笑)。旋律はヴィオラのものでしょうか。全奏者がうっすら笑顔で弾いているような余裕溢れるフレージング。
フィナーレは正攻法で緊密なアンサンブルが炸裂。前曲とは異なり高音域よりも中音域の曲の充実ぶりを表現しているようで、相変わらずきっちりした各楽器のアクセントによってフレーズの面白さが強調されています。徐々にヴァイオリンが主役に躍り出て曲を引っ張るようになり、複雑なメロディーを徐々に陶酔感まで高めます。この弦どうしの緊密なアンサンブルこそファイン・アーツ四重奏団の真骨頂でしょう。

評価は聴いているうちに両曲とも[+++++]としたくなりました。アンサンブルの精度や知名度などを考えると[++++]という評価もあり得るかとは思いますが、弦楽四重奏を聴く楽しみは私は十分満喫できましたので、最高評価としたいと思います。

いや、室内楽はいいですね。昔はあんまり面白いと思わなかったんですが、この等身大の楽しみは捨て難い。しかもハイドンの素晴らしい音楽と、長年演奏してきたベテランの手による円熟の音楽。贅沢ですね。ほんとはウィスキーでもやりたいところですが、正月風邪にもかかわらず結構アルコール消毒しましたので、今日は控えます(笑)。

さて、明日は何をとりあげましょうか、、、
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.77 おすすめ盤

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ