【年末企画】リンゼイ四重奏団の弦楽四重奏曲Op.20「太陽四重奏曲」

今日は弦楽四重奏曲の最高傑作、Op.20の名盤を。

Lindsays20_1.jpg

今日は弦楽四重奏曲Op.20から、前半の3曲である、No.2、No.5、No.6を1枚のCDに収めたアルバム。演奏はリンゼイ四重奏団。英語ではThe Lindsaysと書くんですが、日本ではリンゼイ四重奏団と訳されることが多いですね。

年末企画でなぜこのアルバムを取り上げたかというと、私はハイドンの弦楽四重奏曲の中でもとりわけ好きなOp.20のNo.5を聴くと、この暗い響きに漲る生気の中に、第九と同様、なぜか年の瀬を感じてしまうんですね。この頃特有のほの暗いメロディーと起伏の激しい感情表現、ハイドンの膨大な作品の中でも最も充実している作品の一つであることは間違いありません。

年末企画の種を明かすと、最近作曲年代まで含めて曲を調べていくうちに、1766年にハイドンがエステルハージ家の楽長に就任して以降1772年頃までの、いわゆるシュトルム・ウント・ドラング期の深い情感に溢れた曲を集中的に取り上げようと思うに至った次第。昨日は声楽曲でしたので、今日は室内楽の最高傑作を年の瀬に楽しんでいただこうと言う趣向です。

このOp.20は、作曲はシュトルム・ウント・ドラング期の頂点となる1772年の作曲。同じ年に交響曲では45番「告別」が作曲されています。

リンゼイ四重奏団はイギリスの四重奏団で、創立は1965年で惜しくも2005年に解散しています。ヴァイオリンはピーター・クロッパー(Peter Cropper)、ロナルド・バークス(Ronald Birks)、ヴィオラがロビン・アイルランド(Robin Ireland)、チェロがベルナルド・グレゴール=スミス(Bernard Gregor-Smith)の4名。この四重奏団は設立当初は第1ヴァイオリンのクロッパーの名を冠してクロッパー四重奏団と名乗っていたようですが、1967年からイギリス中部のニューカッスル近郊のキール大学の教職につき、1970年にその大学の創設者であるロード・リンゼイ(Load Lindsay)の名をとってリンゼイ四重奏団に改名したとのことです。

リンゼイ四重奏団のハイドンは一時NHKでもDVDの映像が何度か繰り返し放送されていたので、ご覧になった方も多いかもしれません。ドイツの名ゴールキーパー、オリバー・カーンによく似たいかつい顔のピーター・クロッパーが非常にデリケートでかつ力強いヴァイオリンを奏でるのはちょっとミスマッチですが、私はこのクァルテトの演奏が妙に気に入ってしまい愛聴しています。

このアルバムは、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.20のうちNo.5を含む3曲を収めた1枚もの。録音は1998年6月9日~11日、イギリス中部の街,マンチェスター近郊のウェントワースの聖三位一体教会での録音。

まずは、Op.20のNo.2。チェロの明るい音色よって奏でられる晴朗なメロディーラインに次々とヴァイオリンやヴィオラが音を重ねて入るいつ聴いても素晴しい1楽章のはじまり。リンゼイ四重奏団の演奏は非常に素朴な音色が特徴的。メロディーの線をクッキリ出すようなアルバン・ベルクの演奏とは異なり、各楽器の自然なデュナーミクの織りなす人のぬくもりを感じるアンサンブル。好き嫌いはあると思うんですが、私はだいぶ刷り込まれましたので、非常に自然に感じる訳ですね。
2楽章は、非常に印象的で激しい表現を含むメロディー。激しい部分の力強さと、音量を抑えた部分の精妙さが聴き所です。音量差の付け方ががかなり大胆で、それゆえ抑えた部分の美しさがより強調されます。
3楽章のメヌエットは少し細身の表現。繊細な表現のメヌエット。
フィナーレも非常に抑えた音量から入って、かなりのところまで抑えたまま進みます。クァルテットながら最後に爆発してビックリ。

Op.20のNo.5。今日のメインディッュ。1楽章冒頭のこの旋律を何度聴いたことでしょう。アンサンブルが完璧にそろっている訳ではないんですが、不思議と精妙に聴こえます。音楽のツボを押さえたアンサンブルとはこのことでしょう。弦楽四重奏曲を聴く楽しみが凝縮した展開。一人一人の弦の旋律の重なりとハーモニーを堪能。クロッパーをはじめとする各奏者の抑揚が手に取るようにわかる演奏。途中から明らかに荒々しさを増して表現の幅を広げます。1楽章は至福の時間ですね。
この曲は2楽章がメヌエット。メロディーを聴き慣れてしまったので特段の違和感はありません。つづいて3楽章にアダージョがおかれますが、不思議とメヌエットの後のアダージョの入り方は、普通とは異なるイメージを感じます。このアダージョも弦4本とは思えない豊かな曲想。それぞれの弦楽器の表現に耳を傾けながらハイドンの時代に想いを馳せる、これまた至福の時間。今日は至福率高いです(笑)
フィナーレは不思議なメロディーにもとづくフーガ。曲の終わりにおかれたフーガはなにか永い時間の無情さを表すような不思議な詩情を醸し出しますね。この曲も押さえた入りから、最後に振り切れた強奏の余韻が消え入るところを楽しめます。

Op.20のNo.6。前曲とは異なり、少々コミカルな入り。同じ曲集の中の曲ごとの書き分けは見事ですね。1楽章の明る旋律もクァルテットを聴く楽しみの一つ。弾む弦の音色とリズム。
2楽章はハイドン特有のシンプルながら味わい深い旋律。規則正しいリズムにのって奏でられる素朴なメロディー。途中ヴァイオリンの音がジャンプして高い音に移るところはこの曲の最も美しい瞬間でしょう。この曲を傑作と呼ばずにどの曲を傑作と呼べましょうか。室内楽を聴く悦びが凝縮された素晴しい時間。
3楽章のメヌエットは軽いタッチを強調。前楽章からつづく興奮の余韻をさっぱりさましてくれるような小粋なメヌエット。
こちらも最後は抑えて進めるフーガ。前楽章の濃い表情に負けないフーガの構成感。ただし、この曲では抑えたまま静かにおわるという変化球。なかなかやります。

評価はもちろん全曲[+++++]です。おそらく個性的なアプローチの範疇に入るであろうリンゼイ四重奏団の演奏ですが、太陽四重奏曲をしゃぶり尽くすような深い表現意図があることは間違いないです。

ハイドンの弦楽四重奏曲の最高傑作を楽しむには絶好のアルバムです。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20 おすすめ盤

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ロンドンバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23音楽時計曲先生と生徒古楽器ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲80番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲81番悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲ヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番モーツァルトオックスフォード豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルスカルラッティバッハラモーショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギタリスヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズベンジャミンウェーベルンナッセンシェルシメシアングリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲65番交響曲9番交響曲67番交響曲61番交響曲39番狩り交響曲73番リームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ変わらぬまこと騎士オルランド無人島チマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3アレルヤ交響曲3番ラメンタチオーネ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲19番交響曲27番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38スタバト・マーテルマーラー交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディバードパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ