作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

カンブルラン/読売日響の朝、昼、晩(ハイドン)

0
0
本日は夕方からサントリーホールに読売日響のコンサートに。今日はのんびり出かけたので、開演前のアンデルセンでビールを飲む時間の余裕がありませんでした(笑)
仕方なく、広場をうろうろして、すぐにホール内に。

IMG_0909.jpg

開場直後のサントリーホール前の広場(アーク・カラヤン広場)

IMG_0910.jpg

ブルーのライティングで雰囲気を盛り上げます。

今日は以前、同じくカンブルランと読売日響のジュピターと春の祭典などを聴いた時に座って気に入った、2階席のオケ裏、指揮者から見て右手の席です。この席だと回り込みにくいヴァイオリンの音色がダイレクトに届き、またオケを俯瞰できるので、指揮者のコントロールが手に取るようにわかります。

IMG_0912.jpg

開演前に密かにパチリ。今日の席からの眺め。

席を確かめたうえで、2階のラウンジで赤ワインをたのんで、開演前のざわめきを肴に喉を潤します。ちょっと注文はサントリーがやってるホールなのに赤ワインが冷蔵庫温度なこと。もうすこし温度を上げて赤の余韻を楽しみたいところですね。

コンサートの情報は先日紹介しましたが、もう一度貼っておきましょう。

読売日響:第532回名曲シリーズ

前半はハイドンの交響曲6番「朝」、7番「昼」、8番「晩」。オケの人数はやはり多めヴァイオリンだけで20人以上でしたね。ホルンは2本。

すでにツィッターなどでもレビューが上がってますが、カンブルランのハイドンは良かったですね。キビキビした速いテンポで、生き生きとした演奏。後半がストラヴィンスキーの火の鳥ということで、プログラム的にはまさに前座なんですが、演奏の濃さは負けてませんでした。

オケを俯瞰しながら聴く「朝」、「昼」、「晩」は面白いですね。ハイドンの楽譜の妙がよくわかります。ヴァイオリン、チェロ、フルート、オーボエ、コントラバスとかわるがわるソロを担当し、掛け合いがあったりとこの3部作の魅力がよくわかりました。今日のコンサートマスターはデヴィッド・ノーランさん。ヴァイオリンは音が揺れる感じの鳴くヴァイオリンと言う風情。先日のセント・ルークス室内アンサンブルのヴァイオリンソロの凛々しい感じとは全く違うヴァイオリン。これはこれで有りですね。ソロの中ではフルートが絶品。コントラバス、チェロも良かったですね。

驚いたのは2曲目の「昼」の1楽章。速さもさることながら、素晴しい力感で1楽章から渾身のテンション。ここにフォーカスをあわせた演奏ははじめて。これも楽譜の読みなんでしょうね。期待の「晩」の2楽章は、予習しすぎて期待が膨らみすぎました(笑)。ちょっと浮き足立った感じが最後まで残り、究極のリラックスとは行きませんでした。良かったのが終楽章。3部作のフィナーレ的な位置づけで、盛り上がりも十分。会場からブラヴォーの嵐でしたね。

ハイドンを十分楽しんで休憩に。

IMG_0913.jpg

さきほどワインで喉を潤したので、今度はプレミアムモルツを。休憩中に一杯飲んで、ざわめきを楽しむのはいいものですね。手酌でちょびちょびやりながら、後半のストラヴィンスキーの開始を待ちます。

ホールに戻ると、オケ席外のオルガン下にも譜面台があります。団員の入場がはじまり、さきほどの席にも団員が計7人。センター、左中間、右中間に計3人のトランペットソロ、そしてセンター左脇に、何と言う楽器でしょう、姿はチューバですが、大きさはトランペットよりちょっと大きな楽器が4本並びます。

客席に楽器が入るコンサートはこれで4回目。最初は小澤征爾と新日本フィルのマーラーの8番。天上からトランペットの号砲が降り注ぎビックリしました。つづいて声ですが、タリス・スコラーズのコンサートで客席奥から素晴しい声がしてビックリ、そしてアダム・フィッシャーの昨年のサントリーホルでのコンサート「報いられた誠意」序曲でホルンが客席奥から鳴らされるアンコールの演出。客席に楽器が入ると何となくそわそわしますね。

火の鳥は冒頭からカンブルランの緻密なコントロールとフランス人ならではの色気のある音色が素晴しい演奏。ハイドンで響きの純度と規律の楽しみを味わった後、フル編成のオケの大迫力に撃たれました。先日の春の祭典の原始の炸裂も素晴しかったんですが、火の鳥の方はフルオーケストラのそれぞれのパートが次から次へとメロディーをつなぎながらクライマックスにいたる長大なメロディーのような構成で、カンブルランの長所が春の祭典よりも出ているようでした。打楽器陣も完璧な仕事ぶりで、ティンパニも登場回数は多くないものの、完璧。
フィナーレはホールが吹き飛びそうになるような大音響で盛り上がりも最高。こちらもブラヴォーの嵐で、楽しめましたね。今までストラヴィンスキーといえば、春の祭典とペトルーシュカで、火の鳥はちょっと格下と見ていましたが、実演に接してなるほど、良い曲と見直した次第です。

今日の入りは8割ほどでしたでしょうか。日曜なので6時始まりで8時過ぎには終わるので後が楽で良いですね。

コンサートを存分に楽しんだあと、今日はコンサート前に腹ごしらえをしなかったので、お腹がすいてきました。そこでサントリーホールの目の前、アンデルセンの並びのAUX BACCHANALES(オー・バッカナル)赤坂店へ。オー・バッカナルは以前は職場が赤坂見附だったので、ホテルニュー・オータニの1階にある紀尾井町店にはよく寄ってました。いつもギネスにつまみを頼んで遅くまで飲んでいたものです。一度小澤征爾さんが隣の席で飲んでいたこともありましたね。機転の利くギャルソンさんと美味しい料理のカジュアルなフレンチのお店です。

AUX BACCHANALES

すぐに赤ワインを注文。ホールのワインとは違いいい温度(笑)

IMG_0917.jpg

ハウスワインですが、そこそこいい余韻。

IMG_0914.jpg

トイレに入ったら、アールデコ調の雰囲気の良い照明が。

IMG_0920.jpg

頼んだのは2500円のディナーメニュー。前菜とメインを一品ずつ指定できます。今日の前菜はスープと温製サラダをセレクト。

IMG_0922.jpg

メインのポークカツレツとサーモンのソテーをセレクト。お腹がすいていたので多めのポーションでもちょうど良かったです。どちらもはっきりとした味付けで美味しかったですね。

コンサートの余韻を楽しみながらしばしゆったりして、さきほど帰宅しました。コンサートでいつももらうチラシでも眺めながら次に行くコンサートでも考えましょうか。もう一杯飲んで寝ます。
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.