セント・ルークス室内アンサンブルの朝、昼、晩

先週金曜日に今日のカンブルランのコンサートの予習としてピノックの「朝」、「昼」、「晩」を取り上げたんですが、今日は現代楽器のお気に入り盤を紹介しましょう。リストを整理していたら、このアルバムを紹介しなくてはとメラメラと思い始めたという次第。

StLukes678.jpg
HMV ONLINEicon

2001年宇宙の旅を思わせるような意欲的な造りのジャケットがこのアルバムのただならぬ迫力を感じさせます。演奏は、セント・ルークス室内アンサンブル(St. Luke's Chamber Ensemble)によるハイドンの交響曲6番「朝」、7番「昼」、8番「晩」とディヴェルティメントの断片(II:24)の4曲。録音は2000年6月12日~18日にニューヨークの米国芸術文学アカデミーでのセッション録音。

この3部作が作曲された1761年は、ハイドンがエステルハーザに副楽長として赴任した年。当時のハイドンの雇い主であったパウル・アントン・エステルハージ候より副楽長就任一日の時刻を題材とするようというにというお題が与えられたとのことですので、それを踏まえてハイドンが渾身の力を込めて作曲したものと言うことができるでしょう。

オケは日本風には聖路加室内アンサンブルとでも言ったら良いでしょうか。ニューヨークを拠点に活動する1974年設立の楽団。現代楽器で指揮者はなしです。オルフェウス室内管弦楽団と同じような構成ということでしょう。

この演奏は、ハイドンの初期の交響曲を現代楽器の小編成アンサンブルでプレーンに演奏したもの。指揮者なしのオケらしく、踏み込んだ解釈はないんですがきっちりしたアンサンブルの美しさを感じさせ、個々の楽器のキレも良い演奏。個性的な演奏もいいのですが、こうしたオーソドックスながら良い演奏というのもまた良いものです。ライナーノーツのオケのメンバー表から各楽器の人数を書き出すと、次のようになります。

フルート(2)
オーボエ/イングリッシュホルン(2)
バスーン(2)
ホルン(2)
ハープシコード(1)
ヴァイオリン(4)
ヴィオラ(1)
チェロ(1)
ベース(1)

総勢でも16名ですから旋律がクリアに聴こえるわけですね。おそらくハイドンが着任した頃のエステルハーザの楽団もこの程度の人数だったことでしょう。

そもそもこの3部作自体、交響曲とは呼ばれていますが、独奏楽器を多用する書法はコンチェルト・グロッソ、特に管楽器を独奏楽器として愛用するオーケストレーションや楽章構成はディヴェルティメントに近いということです。この演奏は、これらの曲の特徴を鮮明に表現するというコンセプトにもとづくものと推察されます。

1曲目の「朝」。1楽章の出だしは朝もやがはれるようないつもの開始ですが、速めのテンポで始まり、小編成のオケらしく、線は細いものの書く音符の動きが鮮明にわかるようなクリアな演奏。各楽器のきっちりしたテンポ感とフレーズを入れ替わり担当する掛け合いの面白さが聴き所ですね。各楽器が生き生きとして演奏しているんですが、模範的な演奏ともいえる折り目正しさもあります。
2楽章は、テンポを落として編成の割に大きなうねりを感じさせる表情豊かなな演奏。1楽章と対比が効果的。個々の楽器の巧さを感じさせる緊密なアンサンブルですね。
3楽章のメヌエットはやはり丁寧な表情付けがいいですね。特に中間部に入りテンポを落として訥々としたフレーズを重ねるあたりの詩情は見事ですね。両端の舞曲はフルートをはじめとした木管楽器の音色の美しさで聴かせます。
フィナーレは期待どおりの快速テンポ。編成が小さいだけにホルンや木管各楽器の音色の美しさが印象ですが、この楽章は特にヴァイオリンが目立っていい響き。

つづく「昼」と「晩」もムラのない良い仕上がり。「朝」と同様なソロの美しさを満喫できます。ピノック盤でも良かった「晩」の2楽章は、さらに良いですね。極上の響き、長い休符の恍惚、ハイドンの神髄が凝縮した8分間。やはりハイドンは天才ですね。この曲のすばらしさが、パウル・アントン・エステルハージ候にも伝わったことでしょうね。この恐るべき才能を同時代、現場で聴いていた人の衝撃はいかばかりのものだったでしょうか。

最後に加えられたディヴェルティメント(II:24)の断片楽章ですが、コンサートであればアンコールに取り上げ他と言う感じで加えられたものでしょうか。作曲年は3部作と同様1761年頃とされています。小編成オケのための曲で、メヌエットと5つの変奏曲で成り立っていますが、メヌエット自体は消失してしまったとのこと。8分少々の曲ですがソロがかわるがわる出現し、最後はホルンとコントラバスの掛け合いがあるなどユーモラスな曲調がいいですね。この部分のホルンの響きは絶品。

評価はディヴェルティメントを含む全曲を[+++++]としました。以前より評価を上げました。このアルバムをリストに加えたときには個性と言うか、踏み込みの部分でもう一歩のものがあるという印象だったんですが、こちらが大人になったんでしょう、踏み込まないところが良いと思うよう場数を踏みました(笑)

HMV ONLINEのカタログには残っていますが、レーベルであるARABESQUE RECORDINGSのウェブサイトでは現役盤とはなっていないので入手可能かどうかはわかりません。見かけたら即ゲットをお薦めします。

さて、ちょっとのんびりしたら、今晩はサントリーホールでカンブルランの「朝」、「昼」、「晩」。流石にこのアルバムほど人数は絞り込んではこないと思いますが、生で聴くハイドンの傑作3部作はどう聴こえるでしょうか。レポートは帰ってから記事にしたいと思います。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : おすすめ盤 ハイドン入門者向け

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ