ヘルマン・バウマンのホルン協奏曲集

昨日はほんとはスクロヴァチェフスキ/読売日響のブルックナーを池袋に聴きにいくはずだったんですが、仕事が入ってしまい、知人にチケットを譲っちゃいました。スクロヴァ爺がまた爆演だったんでしょうね。行かれた方のレビューでも読んで余韻を楽しみたいと思います。

レビューの方は前記事に引き続きPHILIPSレーベルの古いアルバムつながりで下記の盤を取り上げました。

BaumannHorn.jpg

ヘルマン・バウマン(Hermann Baumann)のホルンによる、ハイドンのホルン協奏曲集。ホルン協奏曲1番VIId:3、ホルン協奏曲2番VIId:4、2つのホルンのための協奏曲VIId:2、ハイドンと同時代の作曲家ポコーニー(Pokorny)のホルン協奏曲の4曲を集めたもの。演奏はアイオナ・ブラウン(Iona Brown)指揮のアカデミー室内管弦楽団(Academy of St. Martin-in-the-Fields)で、1988年2月のセッション録音。

バウマンのホルン協奏曲2曲は、他のハイドンの協奏曲と合わせた廉価盤で持っていたんですが、オリジナルのアルバムには珍しい2つのホルンのための協奏曲VIId:2が含まれているため、最近入手したものです。廉価盤の方がちょっと味気ないジャケットだったんですが、こちらの方は暗闇からバウマンの思慮深く彫りも深い意味ありげな姿が浮かび上がるなかなか迫力あるジャケットデザインで、コレクションに加えるべきとの判断から入手しました。

Wikipediaなどで調べたところハイドン作曲のホルン協奏曲(可能性のある曲も含む)は、知られているだけで5曲あります。

VIId:1 コルノ・ダ・カッチャ協奏曲 ニ長調(1765)紛失
VIId:2 2つのホルンのための協奏曲 変ホ長調(作曲年不明)偽作?
VIId:3 ホルン協奏曲第1番 ニ長調(1762)
VIId:4 ホルン協奏曲第2番 ニ長調(1781以前)偽作?
2つのホルンのための協奏曲 変ホ長調(1784以前?)偽作の可能性高い

一番有名というか演奏されることが多いのがホルン協奏曲第1番。作曲が1762年ですのでハイドンがアイゼンシュタットのエステルハージ家の副楽長に就任してすぐで、パウル・アントン・エステルハージ侯爵が亡くなった年のもの。2番は3楽章の類似性から弟ミヒャエル・ハイドンの作の可能性があるなど指摘があります。私の所有している録音も以前赤いジャケットの怪しいアルバムとして取り上げたクレヴェンジャー盤とこのバウマン盤のみ。2つのホルンのための協奏曲は1959年に筆写譜が発見されてハイドン作と思われたが認められなかったもの。こちらもパイヤールの指揮したERATO盤とバウマン盤のみ。

ということで、ハイドン作と確実に判明しているのはホルン協奏曲1番のみなんですね。

さて、第1番から。オケはロストロポーヴィチのチェロ協奏曲の名サポートで記憶にのこるアイオナ・ブラウン指揮のアカデミー室内管弦楽団。非常に軽やかかなリズムによるすがすがしい始まり。オケの鮮度が高く非常にキレがいい感じ。バウマンのホルンはそのオケに乗って、こちらも軽々と吹いていきます。よく聴くとバウマンのホルンはリズムが非常に正確で、重くなく、響きがよくコントロールされた模範的な演奏。こうした演奏は相当な技術がないと難しいのでしょう。オケのキレに合わせてホルンが軽々と進む痛快さ。1楽章のカデンツァは腕試し的にさらりとこなします。
2楽章はブラウンがギアチェンジ。非常に繊細にオケをコントロール。始まったとたんから素晴しい緊張感。バウマンのホルンは音量のコントロール、フレージングともに絶妙の極み。特に弱音のコントロールは見事の一言です。この曲の特徴であるホルンの低音部の魅力的なメロディーは、先日取り上げたデニス・ブレインが図太い低音の迫力で聴かせたのとは異なり、絶妙の音量コントロールで聴かせます。素晴しいテクニックですね。録音が鮮明な分純粋に響きの美しさも堪能できます。2楽章のカデンツァはバウマンの絶妙なテクニックによるホルン素晴しい響きを楽しめます。
3楽章はオーケストラの色彩感が際立ちます。美しい弦楽器の合奏と推進力。ホルンは再び軽々とメロディーをトレースしてハイドン特有の3楽章の複雑な構成をクリアに描いていきます。速いパッセージも滑かにこなしていきます。ホルンとオケが一体となった素晴しいフィナーレですね。最後のカデンツァはバウマンのテクニックが存分に発揮された素晴しい仕上がりです。

続いて第2番。演奏は1番の素晴しい質を保ってますが、やはり曲想が少々単調に感じられます。ハイドンの作曲かどうかの真贋を見定める能力も知識も立場もありませんが、耳に入る音楽の要素にはいつものハイドンの閃きのつみ重ねというよりは、単純なメロディーの組み合わせに聴こえてしまいます。演奏はバウマンの素晴しいホルンのメロディーを純粋に楽しめます。
2楽章はバウマン自身による本アルバムの解説に「宝石のよう」と書かれているように、短調の切々としたメロディーが美しい曲。打って変わって3楽章明るメロディーの曲。朗々たるホルンの響きを楽しめます。最後のカデンツァはホルンの音色の魅力のショーピースのような仕上がり。

最後は2つのホルンのための協奏曲。第2ホルンはティモシー・ブラウン(Timothy Brown)が担当。この曲は発見当時はハイドンの曲ということで話題となったようですが、その後の研究でハイドン作曲とまでは認められなかったようですね。ロビンス・ランドンの研究ではロセッティかエッティンゲン=ワーランシュタイン家の音楽家の一人の作品と推測されているとのことです。
曲は2本のホルンの掛け合いというか、響きの重なりを楽しむ曲。序奏はモーツァルトの曲といったら疑いようのないような流麗なもの。美しい序奏にホルンが乗ってきますが、2本のホルンによる響きは絶妙な調和で非常に美しいですね。ホルンという楽器の音色は1本でも美しいですが複数のホルンの音の重なりもまた違った美しさを感じさせますね。
2楽章はこの曲も短調のうら悲しいメロディーが美しい曲。3楽章は冒頭のタラタッタッタッターというメロディーが楽章全体の基調となる展開。オケとホルンがタラタッタッタッターの応酬。
全体の曲調もハイドンの曲とはちょっと異なる印象に聴こえます。

評価はホルン協奏曲1番が[+++++]、その他が[++++]としました。
この頃のPHILIPSのプロダクションは素晴しいものが多いですね。音楽産業全盛期の栄華が感じられます。1枚1枚の素晴しい完成度と、PHILIPSの自然な録音の素晴しさが堪能できます。このオリジナルアルバムが現在廃盤なのは残念なところ。中古で見つけられた際には見逃すべきではありませんね。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン協奏曲 おすすめ盤 2つのホルンのための協奏曲 偽作

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計悲しみ古楽器弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64天地創造ヴォルフレスピーギリヒャルト・シュトラウスリゲティヨハン・シュトラウスタリス軍隊交響曲10番モーツァルトピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52ベートーヴェン交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズバッハナッセンウェーベルンベンジャミングリゼーシェルシメシアンヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲61番交響曲73番狩りリームピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノ三重奏曲第九太鼓連打ヒストリカルオックスフォード交響曲99番ボッケリーニシューベルトロンドン交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーチェロ協奏曲ライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランド無人島アルミーダチマローザ変わらぬまこと英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲3番交響曲79番ラメンタチオーネアレルヤ驚愕チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかりBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲4番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ライヒャドニぜッティロッシーニ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26パレストリーナモンテヴェルディアレグリバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンモテットドイツ国歌オフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
5位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ