作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

所有盤リストのメンテナンスとサイト移行

3
0
昨年4月にGoogle1強時代の流れに迫られてブログをSSL化(http:からhttps:に変更)した際、ブログの方はなんとか無事に変更できたのですが、所有盤リストの方が手付かずで放置したままになっていました。

実ばこのブログを2009年に始める前に、1997年ごろからJoseph Haydn CD ArchiveというサイトをSo-netに公開し、その時に所有盤リストを作り始めました。10年前にブログという形で再開した時も最初はSo-netブログだったので、所有盤リストもSo-netのまま再公開したものをメンテし続けてきました。つまり所有盤リスト1997年からずっと継ぎ足しし続けてきたので、なんだかソースコードはごちゃごちゃ。SSL化する前に、まずはちょっと掃除というか、かなり手を入れる必要があったので、なかなか手がつけられなかったという次第。

今月、重い腰を上げて所有盤リストの大規模修繕に乗り出しました(笑) 見た目はあまり変わりませんが、コードはxhtmlをhtml5に書き直し、構造も大幅に見直しCSSも掃除。So-netでは機能に制限があったので、ついでにブログと同じfc2に移行し、ようやくSSL化も完了しました。所有盤リストの各曲にはブログから多量のリンクを張っていましたが、それもちゃんと曲ごとにリダイレクトするようにJava Scriptで対応済みです。

所有盤リストURL https://haydnrecarchive.web.fc2.com/
所有盤リストURL http://www015.upp.so-net.ne.jp/haydn/

所有盤リストの旧URLにアクセスしても新URLにリダイレクトされますのでお気に入りなどに登録していても修正の必要はありませんが、念のためお知らせしておきます。

昔は仕事で、DBのプログラミングもhtmlもVBAもバリバリだったんですが、Java Scriptもhtml5もCSSも不慣れでダメですね。しばらくあちこちいじって落ち着かないかもしれませんが、お許しください。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
関連記事

3 Comments

There are no comments yet.

sifare

更に素敵なサイトになっていて(゜ロ゜)!

Daisyさん、こんばんは~
サイト変更、改良手続き大変お疲れ様です~
私もエッジから今クロームで見るようにしたのですが、速度も心なしか速くて、綺麗な様相に
楽しく拝見しています。
今後も楽しみにしています~

Daisy

Daisy

Re: 更に素敵なサイトになっていて(゜ロ゜)!

sifareさん、コメント3連発ありがとうございます〜!

普段から色々やっておけばいいものを、ようやく重い腰を上げて色々試しております。幸いfc2には素晴らしいテンプレートがたくさんあって、選ぶのに悩んでいましたが、タイル型の方がアルバムを選びやすいかなと思い、このテンプレートにした次第。これからちょっと調整しようと思ってますが、何か見にくいところなどあればなんなりとおっしゃってください。よろしくお願いします!

  • 2020/02/04 (Tue) 21:47
  • REPLY
Daisy

Daisy

所有盤の管理方法について

拍手コメントに匿名で下記のメッセージをいただきましたので転載の上、回答させていただきます。

「多くのCDを中心としたデータベースの管理は参考になります。私も少しずつCDを増やしていますが、増えてくるに従い重複して購入する懸念があります。所有盤のリストを作成していく上で、データーベースソフトなどに入力をし、重複防止をされているのでしょうか。興味があるので質問してみました。」

図星です(笑) 私のそもそもの所有盤リストの作成目的は重複購入の回避です、というより、回避以前に重複購入が無視できなくなるほど繰り返してしまったことにあります(苦笑) 1990年代当時はしょっちゅう六本木WAVEや新宿・渋谷のTOWERの店頭などをうろついていましたが、売り場で見て興味を持ったアルバムが手元にあるかどうかを記憶を頼って判断することに限界に来たわけですね(笑) ということで、一念発起して所有盤を登録し始めました。ご指摘のようにDBに入力する案も色々考えましたが、多様なパターンを正規化する設計が難しいと判断し、DB化はしておらず、htmlテキストデータで管理しています。新規にアルバムを購入するときは、家にいるときは奏者名でテキストデータ全23ページ分を串刺し検索して、出先では所有盤リストをiPhoneのSafariで検索して、ダブってないか確認して購入するようにはしていますが、ジャケットに見覚えがないとこの作業サボってしまい、今でもたまにダブります(嫁さんには内緒です、、、) ということで所有盤リストが当初の目的の役割をちゃんと果たしているかというと、そうでもありません(笑) これで回答になっていますでしょうか?

ちなみに1997年は、世の中の会社がホームページを立ち上げ始めた頃。かくいう私が当時勤めていた会社もホームページを作ることになり、顧客サービス部門にいた私がその担当になったんですが、金融機関にもかかわらず担当は私1人。仕方なく、まずは知識習得のため仕事とは別にプライベートで趣味のページを作ろうということで参考書を色々買い集めて記事に挙げたサイトと所有盤サイトも作った次第。ちなみに会社のサイトも会社案内の印刷物を元に私が一人で立ち上げました。当時はそうゆうノリでしたね。
もう一つついでに2009年は転職後の会社のウェブリニューアルプロジェクトを拝命。しばらくウェブから離れており、世の中には「ブログ」なるものが流行っていました。ブログも知らずにプロジェクトを進めるわけにいかず、またも仕事とは別にプライベートでハイドンのブログを始めたのが始まりです。
つまり、ハイドンの没後200年のアニヴァーサリーイヤーの2009年を機にブログ立ち上げを思い立ったのではなく、仕事上の必要に迫られて、たまたま2009年に立ち上げたんですね。初カミングアウトです。余計な情報失礼いたしました(笑)

  • 2020/02/07 (Fri) 23:24
  • REPLY