作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【ブログ開設10周年記念】リステンパルトのオルガン協奏曲・協奏交響曲等(ハイドン)

4
0
2009年の12月14日に当ブログの最初の記事を投稿してから昨日でちょうど10年経過いたしました。

途中で何度か振り返りましたが、飽きっぽい私にしては超例外的に長続きしております。この間投稿した記事数は本記事を含めて1751本となりました。最近はレビュー記事数もあまり多くはありませんが、無理せず気に入った演奏のみを取り上げておりますので、楽しく記事を書くことができております。これもハイドンの音楽の素晴らしさに加えて、読者の皆様の存在があってのこととあらためて感謝申し上げます。

先のことはわかりませんが、もう少し続けていくことが出来そうな気がしておりますので、今後とも普段通り激励、叱咤、ツッコミのほどよろしくお願いいたします。



さて、10周年ということで、何かいいアルバムがないかと思案の結果、大好きなリステンパルトのアルバムを取り上げることといたしました。

IMG_1085.jpeg

カール・リステンパルト(Karl Ristenpart)指揮のザール室内管弦楽団(Saar Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのオルガン協奏曲(Hob.XVIII:1)、ノットルノ(II:2632)、協奏交響曲(I.105)、ノットルノ(II:30)の4曲を収めたLP。オルガン協奏曲の独奏はエヴァ・ヘルダーリン(Eva Hölderlin)、協奏交響曲の独奏は以下のとおり。

ヴァイオリン:ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(Georg Friedrich Hendel)
チェロ:ベティ・ヒンドリクス(Betty Hindrichs)
オーボエ:ヘルムート・ヴィンシャーマン(Helmut Winschrmann)
バスーン:ジャック・オルティエ(Jacques Haultier)

収録は1962年、レーベルは米the Music Guild。

このアルバム、存在は知っていたものの、最近ようやく見つけて手に入れたもの。リステンパルトのハイドンの演奏は、Les Discophiles Françaisや米Nonesuch等からリリースされており、巷では仏盤の人気が高いようですが、手元のアルバムをいろいろ聴き比べると、米Nonesuch盤が頭抜けて音がいい。そのため、この演奏もNonesuchのステレオ盤を探していたのですが、こちらは米盤でもモノラルです。

これまで取り上げたリステンパルトの演奏は以下のとおり。

2018/02/26 : ハイドン–交響曲 : リステンパルト/ザール室内管の朝、昼、晩(ハイドン)
2017/11/19 : ハイドン–交響曲 : リステンパルト/ザール室内管の交響曲21番、マリア・テレジア(ハイドン)
2015/12/31 : ハイドン–交響曲 : カール・リステンパルト/ザール室内管の81番、王妃(ハイドン)
2013/01/07 : ハイドン–交響曲 : カール・リステンパルトの驚愕、軍隊、時計(ハイドン)
2010/02/04 : ハイドン–交響曲 : 絶品! リステンパルトのホルン信号(ハイドン)

それぞれ、古き良き時代のおおらかなハイドンの演奏の最上級の逸品ばかり。時代を超えて立ち昇る穏やかな色彩感。力みなく、テクニックの誇示なく、ハイドンの音楽に仕込まれた癒しや機知が絶妙のバランスで奏でられる至福の演奏ばかりです。結果から言うと、今日取り上げる演奏も全く同様の素晴らしさ。

Hob.XVIII:1 Concerto per il clavicembalo(l'organo) [C] (1756)
ソロを弾くエヴァ・ヘルダーリンですが、検索しても情報がほとんど出てきません。名前からするとドイツ系の人だと思いますが、Discogsを見るとVOXレーベルなどにバッハからモーツァルトあたりの録音を何枚か残している程度で詳細不明。ただ、リステンパルトのお眼鏡にかなう奏者ということからも、かなりの腕前とみました。
序奏からゆったりとしたリステンパルト独特の癒しに満ちた膨よかなオーケストラの響きに包まれます。落ち着き払ったテンポで進む音楽の心地よさ。ヘルダーリンのオルガンもリステンパルトに合わせて競り合うどころか完全に一体となって弾き進めていきます。オーソドックスながら華やかさと癒しに満ちた素晴らしい演奏。至福です。
ラルゴに入るともう夢見心地。なんと美しい時の流れ。素晴らしいのがヘルダーリンのオルガン。やはりリステンパルトが選ぶだけあって、シンプルな音階にも癒しに満ちた情感を纏う見事な演奏。終楽章は言わずもがな。絶品の演奏です。LPも素晴らしいコンディションで、愛聴盤になりそうです。

Hob.II:32 Notturno No.3 [C] (1790)
ナポリ王フェルナンドIV世から依頼されて作曲された8曲のノットルノの23番。元々王が愛好していたリラ・オルガニザータが使われる曲ですが、管楽器で代わりに演奏されます。こちらも実に趣深い演奏。クリアな現代の演奏では味わえないゆったりとした音楽。叙情的になりすぎないバランス感覚が絶妙なんですね。3楽章構成でやはり2楽章のアダージョが沁みます。意外と言っては失礼ですが、終楽章を聴くと各パートもキレキレでこのザール室内管も名手揃いであることがわかります。

IMG_1087.jpeg

Hob.I:105 Sinfonia Concertante 協奏交響曲 [B] (No.105) (1792)
この曲は4人のソロの語り口のバランスが極めて重要。奏者はザール室内管の首席奏者なんでしょうか、この演奏そう言った意味で極めて高次元の演奏です。完全にリステンパルトの好みというかセンスが行き渡っています。しかもオケに埋もれることなく、なかなかの存在感を感じさせながらのこのバランス、見事です。特にバスーンのリズムのキレがいいので、曲が締まります。
続くアンダンテは、今度はオーボエが非常に冴えていてハッとさせられる場面多数。4人のソロが絡み合って紡ぎ出すメロディーがくっきりと浮かび上がり、この楽章はオケは控え目に徹します。
終楽章はそのオケが気持ちよく吹き上がり、ソロがオケの伴奏に乗って楽しむよう。ヴァイオリンが実に安定して美音を重ねていき、チェロは非常に表情豊か。リステンパルトは完璧なバランスでソロとオケをコントロールして最後のクライマックスへ導きます。最後までゆったりとした余裕を保ってのフィニッシュ。

Hob.II.30 Notturno No.6 (fragment) [G] (1790)
最後は前掲8曲のノットルノの6番。元々3楽章構成だったようですが、第3楽章が失われ、2楽章の曲として残っています。これはもう前掲のノットルノと同様、絶品。物憂げな2楽章のアンダンテが特に素晴らしい演奏です。幸せな気分になります。

ようやく手に入れたリステンパルトの未聴盤。期待に違わず素晴らしい演奏が詰まった宝物でした。オルガン協奏曲も素晴らしい出来なんですが、協奏交響曲は完璧なバランス。この曲は4人のソロのテイストが揃わないといい感じになりません。そう言った意味でこの曲の理想的な演奏と言えるでしょう。そしてノットルノもリステンパルトにしか出せない深い味わいをたたえた演奏。モノラル盤でしたが、モノラルならではの安定した響きを楽しむことが出来ました。これは宝物ですね。評価はもちろん全曲[+++++]といたします。

(2019年12月17日追記)
Twitterでcherubi_no2010さんからご指摘いただき、2曲目は2番(Hob.II:26)ではなく3番(Hob.II:32)でアルバム自体の誤記であることが判明。修正させていただきました。cherubi_no2010さんありがとうございました!



さて、ブログの10周年とは関係なかったんですが、昨夜は先日旅を共にした叔母と友人を招いて自宅で忘年会。そのため1日ずれての10周年記事となりました(笑)

IMG_1080.jpeg

そもそも忘年会の発起は叔母の「おいしいお肉が食べたいわ(ハート)」との一言から。

IMG_1081.jpeg

普段はリーズナブルな米豪アンガス牛が定番の当家に叔母から某高級店の黒毛和牛のヒレ肉が差し入れられました。一切れずつ丁寧に包まれ、個体識別番号付。肉は完璧なので美味しくいただけるかどうかは焼きの腕にかかっています。ということで普段、廉価なお肉で鍛え上げた強火焼、余熱むらし、休息の三段殺法の技を駆使して、高級肉を完璧な火加減で焼き上げ、絶妙なレアに仕上げました(笑)

IMG_1083.jpeg

このお肉を迎え撃つにはワインもそれなりのものをということで、ワインセラーに10年以上眠っていたシャトー・ラフィットのセカンド、カリュアド・ド・ラフィット2002年を開栓。手に入れたときはセットものでリーズナブルだったのですが、寝かせているうちに市場価格がどんどん上がり飲む機会を失っていたもの。開けてしばらくで香りが華やかになり、最初は少しタンニンが勝っていたものから、複雑さが増し、実に深い味に変化。高級肉を迎撃するのに十分な役割りを果たしました。

先日の旅行の話やたわいもない話と美味しいワインと食事で盛り上がった楽しい忘年会でしたが、私1人、ブログを10年続けられた自分へのご褒美とニンマリしながら過ごしたことはこの記事でカミングアウトするまで秘密でした(笑)

みなさま、今後ともよろしくお願いいたします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

だまてら

No title

遅ればせながら、10周年おめでとうございます。
その記念に、昨今流行りのピリオド物ではなく、音楽に対して誠実に向き合うリステンパルト/ザール室内管をセレクトされるのはDaisyさんのお人柄ですね。(いやいや、私もピリオド物の全てがウケ狙いとか、誠実に向き合っていないとか言いたい訳ではありませんが・・・)
当盤は未聴ですが、私が愛聴するバッハのブランデンブルク協奏曲集は同じころの録音と思われます。(ヴァイオリン・ソロのヘンデルも共通ですし・・・)
ところで、音楽の友社「stereo」誌に連載されている、田中伊佐司さん取材による「音の見える部屋」ですが、最新号には当サイトに(たまにですが)コメントされる「穴ロク」さんが掲載されています。その感想は・・・チラ見して頂ければお判りでしょうが・・・圧巻のひと言です。

  • 2019/12/21 (Sat) 23:42
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

だまてらさん、いつもコメントありがとうございます。

あんまり騒ぎ立てるほどのことではありませんでしたが、私としては10年続いたのはなかなかなことでしたので、記事にさせていただきました。リステンパルトは何度聴いてもいいですね。時代を超えて生き残ってきた重みがあります。リステンパルトの一連のハイドンの録音は私にとってはリヒターのマタイやバイロイトの第九以上に神格化されたものです(笑)

さて、Stereo誌はまだ見ていませんので、早速拝見したいと思います。私の方はオーディオ方面もハイレゾ方面もほとんど進化しておりませんので、脳に刺激だけは与えておかないと老化の一方です。

なお、Haydn2009さんのお誘いにより、明日は拝鈍亭に音楽時計曲を聴きに参上する予定です。もし、いかれるようでしたら、会場で、、、

  • 2019/12/22 (Sun) 00:06
  • REPLY

sifare

10周年おめでとうございます!

Daisyさん、こんばんは~
私も遅れてすみません(..;)
ブログ投稿10周年誠におめでとうございます!

ハイドンのたおやかな世界をDaisyさんの濃厚なレビュー記事で楽しませて頂くこの幸せ!これからも楽しみにしております!お身体にはお気を付けてのんびりペースでよろしくお願いします~

素晴らしい食事会忘年会を皆さんで楽しまれたご様子、こちらも堪能しました~スゴすぎる~(^^)

さて少し早いですが、今年も沢山の記事を有難うございました。
来年もいろんな演奏を知りたいと思います!よろしくお願い致します~
良いお年をお迎えください。

Daisy

Daisy

Re: 10周年おめでとうございます!

sifareさん、いつもコメントありがとうございます!

まあ、10年続けてこられたのも、こうして激励いただくことがあってのこと。ハイドンばかりでなく、旅行記にまでいつも激励とツッコミを入れていただき、ありがとうございます。
あんまり無理すると長続きしませんので、今後も今までどおり緩くやらせていただきたいと思いますので、何とぞ変わらず暖かい心で見守っていただきたく、よろしくお願いいたします。

sifareさんも、良い年をお迎えください!

  • 2019/12/29 (Sun) 23:55
  • REPLY