作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

アンヌ・ケフェレックのピアノ協奏曲XVIII:4(ハイドン)

0
0
最近ディスクユニオンで見つけたLPです。香りたつようなケフェレックのピアノが味わえる名演奏。

IMG_1045.jpeg

アンヌ・ケフェレック(Anne Queffélec)のピアノ、アルマン・ジョルダン(Armin Jordan)指揮のローザンヌ室内管弦楽団(Orchestre de Chamble de Lausanne)の演奏で、ハイドンのピアノ協奏曲2曲(Hob.XVIII:11、XVIII:4)を収めたLP。収録は1981年11月、スイス、ローザンヌのカジノ・ド・モンブノン(Casino de Montbenon)でのセッション録音。

ケフェレックはラ・フォル・ジュルネで一度コンサートも聴いていますし、アルバムは過去に2度取り上げています。今日取り上げるアルバムに収録されているXVIII:11の方は取り上げ済みですので、今日のレビュー対象はXVIII:4のみなんですが、これが素晴らしいんですね、はい。

2014/05/06 : コンサートレポート : トリオ・カレニーヌのピアノトリオ(ハイドン)、アンヌ・ケフェレックの「ジュノム」(ラ・フォル・ジュルネ)
2013/04/03 : ハイドン–協奏曲 : アンヌ・ケフェレック/アルマン・ジョルダンのピアノ協奏曲(XVIII:11)
2011/02/06 : ハイドン–ピアノソナタ : アンヌ・ケフェレックのピアノソナタ集(ハイドン)

ケフェレックについてはソナタ集の記事をご参照ください。

Hob.XVIII:4 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (c.1770)
ローザンヌ室内管の室内楽的なタイトな響きの序奏から入ります。ケフェレックは最初タッチがちょっと重いように感じますが、すぐに独特の香りを放ちます。LPらしい実体感のある響きのせいもありますが、実に華麗で輝かしいピアノの高音域の音色が特徴的。この曲独特のピアノとオケのやりとりはケフェレックのタッチでエキセントリックな魅力が強調されます。この楽章でこれだけ豊かなニュアンスが滲むのが素晴らしいところ。アルマン・ジョルダンのコントロールも各パートがクッキリと浮かび上がる精緻なもので、ケフェレックのクリアなピアノと見事な相性。カデンツァはロベール・ヴェイロン=ラクロワのもので、短いながらエスプリの効いたもの。1楽章は落ち着きながら香り高さを印象付けました。
さらに素晴らしいのが続く2楽章。落ち着いてゆったりと紡がれるケフェレックのピアノに独特の詩情が宿ります。この楽章ではオケは完全に脇役に徹します。叙情的なのではなく険しさを伴うような緊張感を保ちながら、輝きに満ちたメロディーを淡々と置いていく感じ。カデンツァに入ると、輝きのニュアンスが微妙に次々と変化ていきます。
そして鮮やかに決めるべきフィナーレは、鮮やかのみならず、堂々とした迫力と、鮮明なタッチを余裕を持って感じさせる見事なもの。途中で音色の硬軟をさらりと変えてくるあたりのタッチの細やかさも印象づけます。オケとの息もピタリと合って精妙なアンサンブルの魅力を披露。終始ケフェレックが引っ張り、ジョルダンが一歩引いて支える構図。

IMG_1050.jpeg

ケフェレックは1948年生まれでなので、この演奏時は33歳くらい。この若さでオケをも凌ぐ存在感は見事。独特の陰影のある芳香を放ち、しかもオケを完全にリードして自分の世界をしっかりと描く類まれな音楽性を持ち合わせていることに驚きます。ハイドンの協奏曲が完全にフランスの香りに包まれてしまいました。そして、ジョルダンも器の大きさで聴かせる見事なサポート。ハイドンの協奏曲の多様な面白さを引き出した名演と言っていいでしょう。この曲はCDとしてリリースされているのは見たことがありませんので、このLP、貴重なものかもしれませんね。評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.