ハンス・スワロフスキー/ウィーン響の「悲しみ」(ハイドン)

11月も月末が近くなってまいりましたが、旅行記にかまけて、肝心のハイドンのレビューが停滞しておりました。本記事より正常化いたしますが、ネタはちょっと訳ありのLPです。

IMG_1017.jpeg

ハンス・スワロフスキー(Hans Swarowsky)指揮のウィーン交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲44番「悲しみ」などを収めたLP。収録に関する情報は記載されておらず、LPのレーベルにPマークが1974年とあるのみ。レーベルはニューヨークのOLYMPIC RECORDS。

スワロフスキーのハイドンはなかなかいい演奏があり、そのスワロフスキーが「悲しみ」振ったものということで、最近オークションで手に入れたLPですが、ちょっと怪しげなLPです。LPに書かれた収録内容は以下の通り。

HAYDN:
・Symphony No.44 (Funeral)
・Italian Overture
・Trumpet Concerto
HANS SWAROWSKY conducting The Vienna Symphony Orchestra

音盤を入手すると、まずはざっと聴いて所有盤リストに登録するのですが、トランペット協奏曲にソリストの表記がありません。ちょっと調べてみたところトランペット協奏曲は手元にあるTUXEDOのCDと同じ演奏。演奏時間もほぼ同一です。TUXEDO盤はソリストがウィーンフィルのアドルフ・ホラー(Adolf Holler)でオケはウィーン響ではなくウィーン国立歌劇場管弦楽団。ついでにItarian Overtureと書かれた方も同盤の序曲(Hob.Ia:4)と同演奏。Discogsを調べるとこの演奏が色々なレーベルからリリースされていますので、このLPの表記はおそらくウィーン国立歌劇場管弦楽団の間違いでしょう。

LPのB面に収められた曲の表記がちょっと間違っているというのは、まあありそうなこと。問題は、冒頭に置かれたアルバムのメインになる「悲しみ」です。まず驚いたのが、交響曲44番と書かれていますが、収録されているのは交響曲44番とヴァイオリンとピアノのための協奏曲(Hob.XVIII:6)の2曲なんですね。レーベル面の表記は交響曲44番のPart1が交響曲全曲、Part.2が協奏曲の1楽章、盤をひっくり返してPart.3が協奏曲の2、3楽章なんですね。

このようにこのアルバムの表記は相当適当です。このLPのOLYMPIC RECORDSというレーベルの信頼性にも関わる適当さ。そこで、Discogsでこのレーベルがリリースしているアルバムを調べてみると、クラシック以外も色々あり、クラシックはThe Classical Collection、The Opera Collectionというシリーズが1973年から75年くらいまでにかなりの枚数がリリースされています。このアルバム自体は掲載されていません。それ以上のことはあまりよくわかりません。

そこで今度はスワロフスキーのディスコグラフィーを探すと、ありました。しかも由緒正しいものです。

Hans Swarowsky

ハンス・スワロフスキーアカデミーのウェブサイトです。

ご存知の通り、ハンス・スワロフスキーは指揮者としても有名ですが、指導者としての方が有名ですね。師事した指揮者はアバド、メータ、ヤンソンス、ワイルなど楽壇のトップクラスがずらり。このアカデミーのプレジデントはなんと、マンフレート・フス。そして名誉総裁はついこの間、ベルリンフィルと来日したズビン・メータです。このサイトは、スワロフスキーの偉業を称える情報が盛り沢山。ディスコグラフィー、コンサート記録、コンサートプログラム、写真、手紙などが全て整理されて掲載されています。

肝心のディスコグラフィーで作曲家別のハイドンのページにはこのアルバムが掲載されていました。しかも、トランペット協奏曲などもウィーン交響楽団とのアルバムの表記のまま掲載されています。また「悲しみ」の方も同様。オフィシャルサイトが掲載していますが、ヴァイオリンとピアノ協奏曲には触れていませんので、中身を検証しての掲載ではないでしょう。

ということで、このアルバムの「悲しみ」について、確たる情報は見つかりませんでした。果たして、スワロフスキーがウィーン交響楽団を振ったものなのでしょうか。録音があるということはコンサートでも取り上げているケースも多いと思い、コンサート記録を探してみることにしました。

そこで、ウィーン交響楽団のウェブサイトをみると、なんと、1900年以降の全てのコンサートの記録が検索できるではありませんか! そこで"Swarowsky Haydn"で検索すると36件の記録があります。残念ながら「悲しみ」やヴァイオリンとピアノのための協奏曲が演奏された記録はありませんでしたが、スイトナーがピアノを弾いた協奏曲(Hob.XVIII:11)や86番の演奏があるなど今から思うと夢のようなプログラムがならび、しばしうっとり(笑)

トランペット協奏曲と同様、ウィーンフィル(ウィーン国立歌劇場管弦楽団)の演奏である可能性も捨てきれないということで、ウィーンフィルのウェブサイトで同様の検索をすると、2件の記録があり、こちらも「ロンドン」と「雌鳥」のみでした。

色々調べた割には裏は取れず仕舞い。

私の想像というか仮説は、「悲しみ」はウィーン交響楽団のとの演奏で、穴埋めに既出のウィーン国立歌劇場管とのトランペット協奏曲を差し込み、あんまり詳しい情報を載せず、ウィーン交響楽団とだけ記載したとの説。隠し球のヴァイオリンとピアノのための協奏曲もウィーン交響楽団との録音で、担当者が曲名が分からなかったので苦肉の策で、交響曲の一部と誤魔化して収録したというものです。上司からシリーズの拡大を急かされた担当者のやっつけ仕事説です。

色々調べても確たることはわからずですが、色々想像して調べることは楽しいです(笑) どなたかこの演奏について情報がある方がいらっしゃいましたら、是非お知らせいただきたいものです。

ということで肝心の演奏です。ここまで調べてわざわざ取り上げたのは、もちろん演奏が素晴らしいからに他なりません。

Hob.I:44 Symphony No.44 "Trauer" 「悲しみ」 [e] (before 1772)
針を落とすとそれなりに鮮明でみずみずしい音が聴こえてきますが、若干ピークがびりつき気味。これはアルバムのコンディションの問題でしょう。演奏は非常に彫刻的なフォルムの美しい演奏。1楽章の入りのテンポは心地よい速さ。この端正なバランスの良いフォルムはスワロフスキーが振っているのではと思わせます。この時期のハイドンの曲に特有の憂いを帯びた響きが素晴らしいですね。
メヌエットは端正そのもの。どこにも隙なく揺るぎないながら、響きには素朴さが漂い、完璧な演奏。それによって中間部でのしなやかさが際立つ見事な演奏。
素晴らしいのは3楽章のアダージョ。なんという癒しに満ちたフレージング。ゆったりと刻まれる音楽ですが、おおらかな起伏が実に心地よい。時に光が射し、時に陰り、琴線に触れられる美しすぎる音楽が流れます。最後にさらにゆったりとテンポを落として終わりったかと思うと、実に自然に険しい響きのフィナーレに移ります。現代の機能的なオケとは異なり、アンサンブルがキレキレな訳ではありませんが、音楽としての堅固さと、やはり彫刻的なフォルムの端正さから生み出される味わい深い迫力が見事。いやいや、これは絶品です。

Hob.XVIII:6 Concerto per violino, cembalo e orchestra [F] (1766)
続く、ヴァイオリンとピアノのための協奏曲もフォルムの端正さは変わらず。ヴァイオリンとハープシコードのソロはかなりの腕前。特にヴァイオリンの艶やかで存在感のある音色は印象的。音だけで奏者を当てられられるほどの耳と知見は持ち合わせておりませんので、想像の余地があることを楽しみながら聴くことにしました。こちらも2楽章が素晴らしいんですね。ヴァイオリンの美音にもう、夢見心地。古き良き時代の素晴らしい音楽に酔いしれます。ハープシコードは控えめなんですが、それがなんとも奥ゆかしい。

レビューでしっかりと聴き込んでみると、私の仮説通りに違いないとの確信を得ました。が、これは私が思っているだけで、全く違う奏者の演奏である可能性も捨てきれません。ただしハンス・スワロフスキーアカデミーのサイトにも掲載された演奏ということで、多少の説得力はあるかもしれませんね。もちろんこの2曲の演奏は[+++++]といたします。所有盤リストには録音年不明で掲載しました。

(参考)
2017/05/05 : ハイドン–交響曲 : ハンス・スワロフスキーの交響曲集(ハイドン)



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 悲しみ トランペット協奏曲 ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6

コメントの投稿

非公開コメント

スワロフスキーのハイドンの哀しみ、これはそもそもスワロフスキーの録音なのか、怪しそうな気配が漂っていますねぇ。

海賊盤レーベルを漁っていると、スワロフスキーの名前はよく見かけるのですが、オーケストラが実在しないものが多く、実際はスロバキアやスロヴェニア辺りの放送録音だったりして(個人的にはその方が大当たりなんですが)、実在する幽霊指揮者みたいな存在。

ピルツ系の海賊盤にもハイドンの哀しみがありますが、あれとは違う演奏そうでしょうか?

その辺、とても気になりました(笑)

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、コメントありがとうございます。

この辺りの曰くありげな演奏、小鳥遊さんの縄張りでしたね(笑) 私の手元に怪しげな「悲しみ」はありませんので、直接比べることはできませんが、このアルバムの演奏が一級品であることは間違いありません。

次回、「あれ」を聞かせてください(笑)


プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ