ショルンスハイムのソナタ全集から「先生と生徒」(ハイドン)

ショルンスハイムのハイドンのピアノソナタ全集。

Schornsheim.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ハイドンのピアノソナタを時代に応じてクラヴィコード、ハープシコード、フォルテピアノなどを弾き分けて録音したもの。2003~2004年の録音。
初期のもはハープシコードやクラヴィコードで淡々と弾いていき、後期のものはフォルテピアノに。時代とともに響きが変わり、響きと強弱が豊かになっていきます。楽器の変遷を追って多彩な響きが楽しめます。
この全集の聞き所は、2曲はいっている連弾用ソナタで、特にXVIIa:1「先生と生徒」が秀逸。連弾はおそらくショルンスハイムより格上だと思いますがシュタイアーが担当。本来なら、シュタイアーの全集の連弾にショルンスハイムが登場するところでしょう。不思議な企画です。(シュタイアーは別に選集がDeutsche Harmonia Mundiからでています)
おそらくシュタイアーがリードしているんでしょう、他の曲の録音とは次元の違う自由闊達な演奏で、なぜか携帯電話の着信音や声の効果音が入るサービス満点な演出。
このアルバム自体が先生と生徒の合作のような趣です(笑)

あと、意外と良かったのが、皇帝の2楽章の変奏曲。フォルテピアノの弦のびり付きまでリアルにとらえた録音と叙情的な表現が決まってます。

前半のクラヴィコード、ハープシコードでの演奏はハイドンの曲の楽しさを表現しきれていないもどかしさがつきまとうものの、後期のソナタでは明らかに奏法を変え、表現の幅が広がっています。

全集としては作りもしっかり、ライナーノーツも緻密なつくりですが、様々な全集がでている中、ファーストチョイスにはおすすめしにくいです。ピアノソナタを聞き込んだベテラン向けのセットという位置づけでしょう。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタ全集 古楽器 クラヴィコード 皇帝讃歌

コメントの投稿

非公開コメント

チェンバロ奏法(?)のような

こんにちは。ショルンスハイムの全集、HMVと英国amazonのレビューがやたらに良く、絶賛していたブログもあったので、全曲通しではまだ聴いていなかった最後のピアノ・ソナタ(Hob.XVI:52)を聴いてみました。(ついでに好きなXVI:20、32も少し聴きましたが)

世評は高いのでしょうけど、ノンレガート的なクリスピーで威勢の良いタッチと、特に拍子の刻み方とリズム感が私の感覚と合わず、カクカクとひっかりがちで、旋律がスムーズに流れないように感じます。
ピアノ演奏に慣れているせいで、これがかなり気になってしまいます。そういうインテンポでないところが良いと言う人も多いようですが...
ショルンスハイムはチェンバロ奏者ですから、チェンバロ奏法をフォルテピアノの演奏にも使っているような印象を受けました。

フォルテピアノは聴きなれていないのですが、ブラウティハムの演奏の方が、レガートな流れと柔らかく丸みのある響きなので、ピアノを聴いているように自然に耳に馴染みます。
ブラウティハムはピアニストでもあるので、チェンバロ奏者のショルンスハイムと違って、奏法が現代ピアノの方に近いところあるのかもしれません。(実際そうなのかはわかりませんけど)
彼は、ベートーヴェンのピアノ・ソナタもフォルテピアノで録音していますが、ハイドンのソナタの方がフォルテピアノには似合っているように思いました。

Re: チェンバロ奏法(?)のような

Yoshimiさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

私もこの全集はちょっと微妙な評価です。昔のレビューと言うかちゃんと全曲は聴いていないので、XVI:52を取り出して聴き直してみました。後半の曲は響きがピアノに近いような楽器に変わっているとは言え、ショルンスハイムの演奏はご指摘のように良く言えば自在、悪く言えば落ち着かないテンポ設定とかなりダイナミックなタッチが独特の印象を残しますね。フォルテピアノを良く鳴らしきっているという意味で、古楽器奏者の人には評価が高いのではないかと想像しています。
とはいえYoshimiさんのコメントを見てから聴き直した印象は、昔聴いた時よりも落ち着いて聴こえました。ハイドンのソナタはピアノやフォルテピアノ、チェンバロやクラヴィコードなどいろいろな楽器での演奏がそれこそ沢山ありますが、やはり歴史が長い分ピアノによる演奏が落ち着くのが正直なところ。特に後期の作品はピアノによる音響的な迫力があってこそですね。ショルンスハイムの演奏はもしかしたらピアノを弾いている演奏を聴いたほうがしっくり来るかもしれません。フォルテピアノにはもう少しフォルテピアノらしい演奏のほうがしっくり来るのでしょう。

古楽器の演奏では安心して聴けるのはやはりシュタイアーだと思います。自在という意味ではショルンスハイム以上ですが、一枚上の表現力で説得力が違います。

シュタイアーのハイドン

ショルンスハイムは、他の曲を聴いても、リズムと旋律の流れの点で感覚的に合わないものがありましたが、たしかに音はクリアでよく鳴っていますね。
フォルテピアノの録音は、P.ゼルキンとかバドゥラ=スコダなどのベートーヴェンやシューマンを聴いたことがあります。濁っているというか、にじんだようなモコモコした響きでレトロ感はあるのですが、音としては好きではありませんでした。楽器によってもかなり違うのでしょう。

シュタイアーは試聴だけしました。彼のチェンバロ盤バッハはよく聴いているので、奏法はいろいろ違っているのでしょうが、演奏はだいたい想像がつきます。
試聴しただけでも、ディナーミクのコントラストが強く、起伏が大小いろいろあって表情豊かですし、彼の拍子とリズム感は私の感覚に合うようです。シュタイアーのチェンバロ盤バッハは面白いですし、たぶんハイドンも同じだと思います。

シュタイアーのバッハをずっと聴いていると、刺激が多すぎて多少聴き疲れしてきますが、最近は、作曲家にかぎらず、ピアノ演奏を聴くときでもそういう傾向があります。
もしかして、年のせい(?)で感覚が変わってきて、よりシンプルな演奏の方を好むようになってきているのかもしれません。それに夏場で暑いと、食べ物と一緒で、さっぱりした演奏を聴きたくなるのも影響している気はします。

Re: シュタイアーのハイドン

Yoshimiさんのコメントを戴いてから、フォルテピアノによるハイドンのピアノソナタでお気に入りはと聞かれても、これぞというものがなかなか思いつかないことがわかりました。ピアノソナタに限らず、私も表現が濃い演奏よりは素朴で味わいのある演奏を好むようになってきています。これまで聞いた中ではピノックのウィグモアホールライヴなど、なかなか味わい深い演奏でした。

ピアノに比べるとフォルテピアノやチェンバロはダイナミクスや音色の幅など、かなり制限があるのでハイドンのような比較的シンプルながら起伏の表現が大きなウェイトをもつ曲の表現は難しいのではないかと想像しています。ショルンスハイムもシュタイアーもフォルテピアノの表現の枠を取り払おうとするような方向へのベクトルを感じますね。シュタイアーはいつもながらの自在さがテクニックに裏付けられて素晴らしい効果を生んでいますが、ショルンスハイムの方は方向にたいして音楽性がすこしついていってない感じがしました。

そうゆう意味では歴史を経て改良されてきたピアノの音色はただ鳴らしただけでも美しい音色が楽しめる楽器なので、険しい音楽も癒される音楽も表現できるのが素晴らしいところ。まだまだ暑い日ですので、あっさりピアノを弾いた美しいメロディーに癒されたいものです。

No title

語れるレベルでないのですが、ピアノソナタのファーストチョイスで購入しました。コンセプトが好みだったので(・_・;)

参考になります、またゆっくり聴き直します~

Re: No title

sifareさん、いつもコメントありがとうございます。
選択の参考になってなによりです。音楽の嗜好は人によって様々。かく言う私も、昔とはだいぶ聴き方もかわってきています。自分がイメージに合う演奏というのは経験や直感やいろいろなものに左右させます。私もいろいろな視点に耐えるようにレビューしなくてはなりませんね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ