作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】名盤! エカテリーナ・デルジャヴィナの変奏曲と小品(ハイドン)

3
0
引き続き新着アルバムです。

Derzhavina2.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

エカテリーナ・デルジャヴィナ(Ekaterina Derzhavina)のピアノによる、ハイドンの変奏曲と小品13曲を収めた2枚組のアルバム。収録は2016年11月29日、30日、ドイツ、ザールブリュッケンにあるザールランド放送のスタジオでのセッション録音。レーベルは独Profil。

デルジャヴィナは2013年にハイドンのピアノソナタ全集をリリースしているので、当ブログの読者ならご存知の方も多いはず。当ブログでもリリース直後に取り上げています。

2013/05/24 : ハイドン–ピアノソナタ : 【新着】エカテリーナ・デルジャヴィナのピアノソナタ全集

この全集、1993年から2008年という長期間にわたって録音されたもので、必然的に録音年代によって演奏も微妙にニュアンスが異なるものでした。記事にした前後に聴いた時の記憶では初期のシンプルなソナタの明快な表現や、独特のニュアンスが漂う緩徐楽章の表現にこの人の個性があると思った一方、力感の表現が少々硬い感じがしたというのが正直なところ。

今回の変奏曲集は全集の収録から10年近く経っての録音ということで、この辺のニュアンスがどう変わってきたかというのがポイントでしょう。また収録も2日間で集中的に行われたものの、最近リリースされるアルバムにしては珍しく3年近くかけて仕上げてきたものということで、その仕上がり具合が期待されますね。

Hob.XVII:1 Capriccio "Acht Sauschneider müssen sein" 「豚の去勢にゃ8人がかり」 [G] (1765)
コミカルなテーマが展開していく曲。全集の時よりも明らかにピアノの響きが明晰になっているのは録音技術の進歩でしょう。そしてデルジャヴィナのタッチの明快さも一段アップしているよう。そしてフレーズごとの表現もこのコミカルさを踏まえてデリケートになっています。前録音からの進化が感じられます。落ち着き払ってコミカルな面白さを浮き彫りにするなかなかの演奏から入ります。

Hob.XVII:2 Arietta con 20 variazioni [A] (before 1767)
ハイドンの変奏曲の面白さは、変奏ごとの表情の切り替えにあるということをしっかりと踏まえて、変奏ごとに鮮やかに表情を変えていきます。そして速いパッセージのタッチも鮮やか。20もの変奏を飽きさせずに展開させる語り口の巧みさ。緩急自在かつ大胆なテンポの変化。デルジャヴィナ、演奏を存分に楽しんでいるように聴こえます。この曲がこれほど表情豊かな曲だったと気付かさせられました。

Hob.XVII:3 Arietta con 12 variazioni [E flat] (early 1770's)
落ち着いてテーマを語ったあと、無邪気に変奏に入るところのなんたる楽しさ。メロディーをくっきり浮かび上がらせたかと思うと、しっとりと柔らかな響きで聴かせる見事な展開。この曲ではテンポやメロディーまで、より崩しを大きくして即興性を加えてまるで変奏と戯れるよう。これぞ変奏曲の楽しみ方と言わんばかり。

Hob.XVII:4 Fantasia (Capriccio) op.58 [C] (1789)
CD1の最後の曲。ここまで一回り表現の大きくなったデルジャヴィナの演奏に引き込まれっぱなし。ソナタなどの構成の面白さで聴かせる曲とは異なり、純粋にメロディーの演出の面白さと、トリッキーな変化という音楽的快感に直接触れるこれらの曲は、デルジャヴィナの新境地でしょう。この曲でもタッチの鮮やかさとともに語り口の雄弁さが圧倒的。意外な修飾音が散りばめられてスリリング。いやいや素晴らしい!

Hob.XVII:5 Tema con 6 variazioni "Faciles et agreables" 「やさしく快適」 [C] (1790)
実にチャーミングな入り。宝石のように磨き抜かれた音で奏でられるメロディー。この曲ではキレばかりではなくゆったりとした部分の美しさで聴かせます。メロディーの癒しも陰りも深みがあります。終盤はやはりタッチの鮮やかさで締めくくります。

Hob.XVII:6 Andante con Variazioni op.83 [f] (1793)
このアルバムの聴きどころ。この有名曲をどう攻めてくるでしょうか。聴き慣れた曲、しかも名演ひしめく曲だけにどう入ってくるか耳を峙てます。入りは意外にも軽めに提示。やはり変奏に入るとはっきりと表情を変えて、さりげなくこれから始まる展開の面白さを予感させます。進むにつれて、ゆったりと、リリカルに、輝かしくと様々な表情を見せていきながら、この曲の一貫した流れも保つ制御力を見せます。重くなりがちな曲想を右手のきらめくようにクリアなタッチで引き締めます。変奏のクライマックスでも冷静に響きをコントロールする余裕があり、冴えた流れの魅力を振りまきます。いやいや見事。

Hob.XVII:7 Variazioni [D] (1766)
コミカルな曲想はもはやデルジャヴィナの十八番。音符と戯れ踊るような実に楽しげな演奏。この曲がこれほど面白いとは! これはハイドンに聴かせたいですね。自分の書いた音符をこれほどに楽しんでもらえると想像したでしょうか?

Hob.XV:22 Piano Trio (Nr.36/op.71-2) [E flat] (before 1795)
ピアノトリオのアダージョから編曲。手元の所有盤リストでも、トリオでの演奏と同数くらいのピアノでの演奏が並び、ピアノで演奏されることも多い曲。変奏に戯れるのとは違って、ゆったりと落ち着いた演奏を挟みます。

Hob.I:63 Symphony No.63 "La Roxelane" 「ラ・ロクスラーヌ」 [C] (before 1781)
交響曲63番「ラ・ロクスラーヌ」の2楽章からの編曲。こちらは手元にあるアルバムではピアノで演奏されたものはおそらくこのアルバムがはじめてで、ピアノでの演奏は珍しいのではないでしょうか。トルコ風の短調のメロディーが印象的な曲。メロディーの提示は直裁なものの、この曲でも変奏により、様々に表情を変えていく面白さは健在。

残りの曲は一言ずつ。

Hob.XVII:10 Allegretto [G]
2分弱の短い曲。後半のリズムの面白さを浮かび上がらせるセンスはなかなか。

Hob.XVII:9 Adagio [F] (before 1792)
美しいメロディーをリボンで飾るような装飾音が効いています。

Hob.III:77 String Quartet Op.76 No.3 "Kaiserquartetett" 「皇帝」 [C] (1797)
この有名曲でも変奏の面白さにスポットライトを当てます。輝くような高音の魅力が効いていますね。

Hob.IX:12 12 Deutschen Tänze (1792)
最後はドイツ舞曲。曲ごとの変幻自在の表情の描き分けが際立ちます。



ソナタ集の時にはそれほどでもないと思ったエカテリーナ・デルジャヴィナ。時が経ち演奏も熟成され、この変奏曲と小品のアルバムは抜群の出来と言っていいでしょう。これまでにも何人かのピアニストがハイドンのソナタ全集を録音し、そして変奏曲や小品についても網羅的に録音したピアニストもいますが、どうもソナタ集の補完やおまけ的ニュアンスがありました。このデルジャヴィナ版は、この変奏曲や商品の面白さを際立たせるという点で画期的な録音だと思います。特にHob.XVII:7の自在の境地はハイドンのピアノ曲の人知れぬ頂点の一つだと思います。これは名盤ですね。ピアノ曲が好きな方は必聴です! 評価は全曲[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

3 Comments

There are no comments yet.

Haydn2009

No title

Daisyさん こんばんわ。

デルジャヴィナによるピアノソナタ全集は、かつてのDaisyさんのレビューでは、
それほどでもない(?)という印象があって、全く聴いた事がないのですが、
このピアノ小品集は、その後円熟さが出たのか、こちらのレビューを読んで、
聴きたくなってきました。

ラ・ロクスラーヌの2楽章のピアノ編曲版も興味あります。

P.S.
その後、まだ運動はしてませんが、体調はかなりよくなってきているので、
オフ会をおこなう時は、またお誘いくださいませ。9月以後がいいですね。

  • 2019/08/13 (Tue) 21:46
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

Haydn2009さん、コメント返信遅くなりすみません。

体調の方、だいぶ良くなられてきたようで安堵しております。デルジャヴィナの変奏曲集ですが、全集よりも明らかに熟成が進んで、ハイドンのツボにビシッとはまるようになってきました。今後来日の機会があれば、是非コンサートで聴いてみたいですね。

さてさて、オフ会ですが、Haydn2009さんの回復待ち的(本当はこちらがドタバタしているだけ)に時間が経ってしまってますが、9月以降で日程調整に入りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

  • 2019/08/26 (Mon) 11:33
  • REPLY

Haydn2009

No title

Daisyさん

お忙しい中を、返信ありがとうございました。
Youtubeで、本CDから、XVII : 1 と、XVII : 6 があがっていたので聴いてみました。
Youtubeの音声のせい(?)か、演奏しているピアノ(?)のせいか、はたまた録音
技術(?)のせいか、私にはちょっと音が固めに聴こえましたが、両曲共、楽しく
聴かせていただきました。Youtubeでは、ソナタ全集も聴けるので、聴き比べて
みましたが、Daisyさんの意に反するかもしれませんが、ソナタも十分にいい演奏を
していると思います。ソナタの方が音がやわらかめで、音としてはソナタの方がいいと
思いました。

話は変わりますが、本日は、検査の日でした。
自覚では、もう大丈夫と思っていたのですが、検査結果を見て薬を一錠増やされて
しまいました。それでも、軽い運動OK。ゴルフOK(ただ、少し涼しくなってから脱水状態に
ならないことが条件)。海外出張OK(ただし、飛行機で3時間程度の乗機時間までなら)。
と、制限が緩和されましたので、お疲れ様です。オフ会を楽しみにしています。
なお、アナログオーディオにも精通しているDaisyさんに、ある幻のMCカートリッジ
(1980年前後の品物。web上にも見つからず、オークションでも出てこない)を、
手に入れましたので、オフ会の時に持参しますので、是非レビューをしていただきたく
思います。







  • 2019/08/27 (Tue) 20:33
  • REPLY