作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

鈴木優人/神奈川フィルの「天地創造」(横浜みなとみらい)

0
0
ちょっと間があきました。7月13日土曜日はお目当のコンサートに行ってきました。

Kanagawa350.jpg
神奈川フィルハーモニー管弦楽団:みなとみらいシリーズ第350回

バッハ・コレギウム・ジャパンで活躍している鈴木優人が神奈川フィルで天地創造を振るということでチケットを取ってあったもの。

天地創造の実演はアーノンクール/ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスラ・フォル・ジュルネでのダニエル・ロイス/ワルシャワ・シンフォニア鈴木秀美/新日本フィル高関健/東京シティフィルに続いて5回目です。これまで聴いた中では、意外と言っては失礼ですが、高関健の振る東京シティフィルの演奏が、天地創造の美しいアリアの素晴らしさを素直に楽しめるという点で心に残る演奏でした。

神奈川フィルのコンサートはオッコ・カムのシベリウスプログラムに続いて2度目です。

鈴木優人はバッハ・コレギウム・ジャパンのコンサートの奏者としては何度か聴いていますが指揮者としてのコンサートは初めてです。昨年9月よりご本家バッハ・コレギウム・ジャパンでも首席指揮者に就任しているということで、今や楽壇で大活躍の人。ということで、天地創造の貴重な実演の機会というだけではなく、これはおさえておかなくてはならぬとのことでチケットを取った次第。

歌手などは以下の通り。

ガブリエル、エヴァ:澤江衣里(ソプラノ)
ウリエル:櫻田亮(テノール)
ラファエル、アダム:ドミニク・ヴェルナー(バリトン)
合唱:バッハ・コレギウム・ジャパン

歌手はバッハ・コレギウム・ジャパンではおなじみの人が揃い、合唱もバッハ・コレギウム・ジャパンが担当。コンサート前の鈴木優人さんのプレトークでは、バッハ・コレギウム・ジャパンの合唱団が日本のオケと共演するのはこの日が初めてのことということでした。

この日の席は2階のオケの右背後のRA。歌手の声は後ろから聞くことになりますが、オケを俯瞰して、何より指揮者の指示が克明にわかるお気に入りの位置。この日は車で来ましたので、比較的早めにホールに着いてプレトークも最初から聞くことができました。

IMG_6488.jpg

天気はあいにくの曇天。このホールのホワイエは天気がいいと実にいい眺めなんですが、こればかりは致し方ありません。お客さんの入りは8割強ぐらいでしたでしょうか。



さて、定刻になり、オケが入場し、チューニングを終えてからコーラスが入場。そして歌手と鈴木優人さんが登場して第1部が始まります。

入りの混沌の場面は予想に反して、遅めのテンポでかなり丹念な描写。鈴木優人の指揮はテンポとデュナーミクを克明に指示するかなり細かいもの。弦は予想通りノン・ヴィブラート気味で透明感ある響き。神奈川フィルのメンバーはリズムもデュナーミクも指揮に忠実に危なげない演奏で序盤の難しい部分をこなします。ラファエルの第1声は声量こそほどほどながら、こちらも安定した歌唱で、天地創造の肝となる役にふさわしい安定感。ウリエルの櫻田さんは何度か実演を聴いていますが、いつもながら見事な歌唱。そしてガブリエルの澤江さんはふくよかな響きを伴う美しい声で第1部のガブリエルのアリアを熱唱。非常に美しい声ですね。第4日から第1部の終結部にかけての盛り上げ方も見事で、迫力十分のクライマックス。そのまま第2部に入ると思いきや、拍手で一旦歌手と指揮者が下手に下がってオケはチューニング。第二部は美しいアリアの宝庫なんですが、前半は第1部同様迫力の演出が見事でしたが、特に美しいアリアが多い後半は歌の良さを引き出すには少々オケが強めに感じました。鈴木優人の指示も非常に細かく、もう少し力を抜くと歌手はともかく奏者の自然な音楽を引き出せるように感じた次第。歌手の安定感は変わらず素晴らしいものがありました。

休憩を挟んで第3部。オケがリラックスしたのか、演奏も自然さが増して、アダムとエヴァの2つの美しいデュエットも惚れ惚れするような歌唱。1輪の赤い花を使った演出や、終曲で歌手がコーラス席に下がるところなど視覚的な面白さもあって最後は荘重なクライマックス。終曲に加わる4人目のソロが男性だったのがちょっとびっくりでしたが、カウンターテナーなんでしょうか。

鈴木優人さん、チェンバロを弾きながらにも関わらず緻密で手堅い指揮は流石で、この大曲を見事にまとめ上げました。オーケストラのコントロール能力は非常に高く、迫力の演出も見事。そしてコーラスのハーモニーの素晴らしさはバッハ・コレギウム・ジャパンならでは。そして歌手も皆素晴らしい出来で、お客さんからは嵐のような拍手が送られました。神奈川フィルも最後まで緊張感を保つ力演。

神奈川フィルのコンサートは終演後にオケのメンバーがロビーに出てお客さんを見送るんですね。お客さんの表情を見れば、この日の演奏がお客さんの心に届いたかわかりますね。そしてそのような姿勢もお客さんがまた聴きに来ようと思うことにしっかり繋がると思います。また聴きに来なければなりませんね。

いいコンサートでした!
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.