作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第8巻(ハイドン)

2
0
淡々とリリースが続くこのシリーズ、8巻目になりました。このところリリースピッチが上がってきましたね。

IimoriVol8.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

飯森範親(Norichika Iimori)指揮の日本センチュリー交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲60番「迂闊者」、交響曲54番の2曲を収めたSACD。これで8巻目になります。収録は2017年8月11日、大阪のいずみほホールでのライヴ。レーベルは日本のEXTON。

順調に巻を重ねてきているこのシリーズ。当ブログではこれまでリリースされた8巻中、この記事を含めると6巻を記事にしています。過去の記事はリンク先をご覧ください。

2019/02/26 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第6巻(ハイドン)
2018/06/29 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第4巻(ハイドン)
2018/03/26 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第3巻(ハイドン)
2017/07/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第2巻(ハイドン)
2016/11/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第1巻(ハイドン)

このシリーズもライヴながら演奏、録音ともに非常に高い水準を保っていて、安心して曲を楽しむことができます。日本でのハイドンの素晴らしい音楽の知名度アップに大きく貢献しているだけに応援しなければなりません!

今回はシュトルム・ウント・ドラング期後の1774年頃に書かれた2曲を組み合わせた玄人好みの選曲。ハイドンの交響曲分野の前半の頂点は「告別」や「悲しみ」「受難」など踏み込んだ感情表現を持つ数々の名曲を生んだシュトルム・ウント・ドラング期にあることはご承知の通り。その後、交響曲の作風は大きく変わり、親しみやすくより明快な表現に変わっていきます。これは中野博詞さんの「ハイドン交響曲」によると、エステルハージ家や侯爵の好みを反映したことや、この頃からハイドンがオペラをはじめとする劇音楽に関心が移っていったことなどに起因するとされています。今回の2曲はまさにハイドンの交響曲の創作の転換を象徴する選曲になっているということで、実に興味深い選曲です。

Hob.I:60 Symphony No.60 "Il disrratto" 「迂闊者」 [C] (before 1774)
ハイドンは1773年に作曲・上演した歌劇「裏切られた誠実」"L'infedeltà delusa"以降、多くの歌劇を作曲するようになるなか、翌1774年にカール・ヴァール(Karl Wahr)一座がジャン=フランソワ・ルニャール作の喜劇「ぼんやり者」をエステルハーザで上演することになった際、ハイドンがこの劇の付随音楽として序曲・各幕の間の間奏曲4曲と終曲を作曲。これを交響曲の形にまとめたものがこの曲。ハイドンの交響曲では唯一6楽章構成で、交響曲というよりは劇音楽のような構成。
冒頭の序曲に当たるアダージョからホール内に心地よくオーケストラが響き渡ります。このシリーズの初期のリリースでは録音もばらつきがあり、ちょっと人工的なニュアンスもあったんですが、ここ数巻は安定してホール内の響きを非常にうまくまとめていますね。音量を上げて聴くとまさにホールで聴いているよう。主題に入ると快活なメロディーの魅力炸裂。金管を含めたオケの響きが非常によく溶け合い非常に自然。オケもアクセントとリズムがキレキレで血湧き肉躍る痛快な演奏。クッキリとコントラストがついて、特にティンパニのリズム感が尋常ならざるレベル!
続くアンダンテでは弦楽器がこちらもイキイキとしたフレージングで聴かせます。この日のオケはリズムが冴え渡りまくって、音楽が弾みます。時折テンポをぐっと落とすのも効果的。3楽章のメヌエットは流麗な力感と中間部の民謡風のメロディーの対比が見事。そして4楽章はまさに劇中音楽を交響曲のフィナーレにアレンジした感じで目くるめくように展開しますが、ここで終わらないのがこの曲。ちょっと唐突に美しいメロディーのアダージョが続きますが突如軍隊調のファンファーレが挟まります。このあたりの場面展開はまさにオペラのよう。終楽章は有名な音程が乱れた混沌とした響きをチューニングして正す場面がありますが、おそらく飯森さんの咳払いで注意を促すという演出に客席からも笑いが漏れ聞こえます。交響曲としてはおふざけにあふれた珍曲ではありますが、格調高い諧謔的な面白さもあり、ハイドンのユーモアを見事に浮かび上がらせた名演奏でした。このシリーズは拍手はカットされていますが、この曲は拍手があったほうが臨場感があったでしょう。

Hob.I:54 Symphony No.54 [G] (2nd version) (1776)
こちらも同じく1774年に書かれた曲。今まで知りませんでしたが、ザロモンセット以前では最大編成の曲とのこと。4楽章構成ですが、所有盤リストに演奏時間を登録する際に2楽章が19分33秒と異常に長いのに気づきました。この曲の他の演奏で一番長いのがファイの13分弱ということで、ぶっちぎりで最長になります。Wikipediaには「演奏時間も長く、全てのリピートを実行すると20分近くを要する」と記載されていることから、繰り返しを全て実行しているのでしょう。
1楽章は穏やかな曲調の序奏から入り、展開も穏やか平明。シュトルム・ウント・ドラング期のあの深い情感はもうありません。その代わり堅牢な構築感、気高い優雅さなどに満ちています。この急激な変化はやはり侯爵の好みの影響と考えるのが自然な気がします。演奏はこの堅牢さと気高さを十分に反映して、前曲のリズムのキレとは表現を変えてきて堂々たる響きを作って曲に合わせてきました。
続く長大な2楽章はハイドンには珍しいアダージョ・アッサイ。ヴァイオリンとオーボエによるしっとりとしたメロディーがゆったりと流れます。今まで地味な曲に聴こえていたこの楽章も、よく耳を澄ますとハイドンの創意が新たな次元に入った音楽のように聴こえてきました。メロディーに多くを語らせていた音楽から気配の描写のような時代を先取りした音楽を模索しているよう。この楽章、一貫して少ない楽器のハーモニーの美しさを際立たせようとするような繊細な演奏が素晴らしいですね。気配が伝わります。
ハイドンの交響曲の聴きどころはやはりメヌエット。創作の方向が変わったこの曲でもメヌエットの面白さは健在。メロディーと舞曲のリズムが織りなす音楽の面白さはハイドンならでは。中間部は癒しに満ちた音楽で箸休め。オケはメヌエットの面白さを再びキレキレのリズムで見事に表現しています。
フィナーレは1楽章を受けて気高く流麗な音楽。コントラストよりも軽快しなやかに演奏することで晴朗なハイドンの音楽の面白さが際立ちました。ここでもティンパニが効果的。めくるめくようなスリリングな展開でフィニッシュ。

いやいや素晴らしい! このシリーズ、当初は音というか響きを磨き込むような演奏と感じることもあったんですが、ここに至って、音楽をしっかりと彫り込み、ハイドンの創意の真髄に迫らんとする気合いを感じるようになってきました。交響曲の中ではマイナーな2曲ですが、これは見事。この2曲の魅力を再認識いたしました。ということで、評価はもちろん両曲とも[+++++]といたします。オススメです!

(追伸)
Haydn2009さん、ご入院とのこと。お大事に! 快癒されましたらまたオフ会やりましょう!

(追記)
毎日クラシックのcherbinoさんからご指摘いただきましたが、交響曲54番にはバージョンがいくつかあり、この演奏は1楽章に序奏があり、フルート、トランペット、ティンパニが加わっていることから1774年の後1776年に改定された第3版でした。所有盤リストの方はホグウッド盤の順番に合わせて整理してあり、ホグウッド盤では第3版を2nd versionとして記載されているため、リストもそれに合わせて変更しました。cherbinoさん、ありがとうございました!



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

Haydn2009

本日退院しました

Daisyさん

こんにちは、文中、入院の旨記載いただきまして恐縮です。
本日、退院しました。
三途の川の手前で引き返し、無事生還しました。
ハイドンが亡くなった歳までは生きようと思っていたので、
危うく60歳にもならないところであの世行きとなるとなり、
ハドンが聴けなくなるところでした。
ご心配をおかけしました。

このCDは、入院中に自宅に届いており、これから聴いてみます。

  • 2019/06/29 (Sat) 15:20
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: 本日退院しました

Haydn2009さん、まずは退院おめでとうございます。

カテーテル手術で済んで何よりです。しばらく静養されて体調を整え、今後はストレスを溜めないように、健康管理に気をつけてお過ごしください。好きな音楽を聴くことは何よりの薬かと思います。

体調が戻られましたら、是非またオフ会にご参加ください!

  • 2019/06/29 (Sat) 21:44
  • REPLY