作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

Haydn Disk of the Month - April 2019

4
0
本日は、世の中的には平成最後の日ということで、時代の変わる節目の日。テレビでは平成を振り返る番組や皇居の中継などお祭り気分。もちろん、昨日嫁さんのお父さんの葬儀を終えたばかりの当家はあまりお祭り気分にはなれませんが、自分的には本日は私の誕生日でありまして、57歳になりました。いよいよ前期高齢者も目の前(笑)。ということでいろいろあった4月を振り返ってひと段落しております。

IMG_5722.jpg

本日もいろいろと片付けをして、最近ちょっと間が空いていたスポーツクラブに行って泳いで体はスッキリ。スポーツクラブには大抵嫁さんと一緒に行くのですが、風呂から上がるのが早い私が買い物をしておくのがしきたり。本日は誕生日なので、嫁さんからはいい食材を買って、いいワインを開けようとのありがたいお導きがありましたので、プチ贅沢。ということで、ステーキ肉もいつもはモモ肉なのをヒレ肉にグレードアップ。そして明太子があったので明太子スパゲティにしましたが、上にイクラを乗せるといういつになくラグジュアリーな仕様にして楽しみました(笑)

IMG_5680.jpg

自分で買った誕生日プレゼントはツチノコの貯金箱。なかなかリアルな姿でしょう?



前置きはこのくらいにして、4月にレビューしたアルバムからベスト盤を選ぶ月末恒例の企画。今月はこのアルバムです。

YukoInoue46.jpg
2019/04/16 : ハイドン–ピアノソナタ : 【新着】井上裕子のフォルテピアノによるXVI:46(ハイドン)

全く未知だった井上裕子という人のデビュー盤。フォルテピアノでハイドンの初期の傑作ソナタであるHob.XVI:46を弾いています。詳しくは記事を参照して欲しいのですが、このアルバム、演奏の素晴らしさはもちろん、アルバムの企画、楽器の選定、調律から、解説に到るまで非常に丁寧につくられたもので、デビュー盤にしてすでに抜群の存在感を発揮しております。千変万化する曲調のC.P.E.バッハを得意とするだけに、ハイドンの演奏も非常に彫りの深い演奏で、この名曲の美しさを際立たせるもの。この演奏の真価は当ブログの影のご意見番、Skunjpさんのお墨付きです。未聴の方は是非聴いてみてください。

今月は井上裕子さんとマクスウェル四重奏団のどちらにしようか迷いましたが、マクスウェル四重奏団のアルバムもデビュー盤。この演奏、一聴してさりげないものなんですが、聴き込むと類い稀な音楽性を感じる素晴らしいもの。曲間に置かれたスコットランドの曲も非常に興味深いもので、こちらもデビュー盤らしからぬ完成度です。また、シレーネサクソフォン四重奏団のサクソフォンによる弦楽四重奏曲の演奏も一聴の価値ありです。イタリア四重奏団はすでに名盤の誉れ高いということで選外としていますが、これまた見事なものです。

2019/04/13 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : イタリア四重奏団の皇帝、日の出(ハイドン)
2019/04/07 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : 【新着】マクスウェル四重奏団のOp.71(ハイドン)
2019/04/05 : ハイドン–交響曲 : ローター・ツァグロゼク/ベルリン・コンツェルトハウス管の88番(ハイドン)
2019/04/01 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : シレーネ・サクソフォン四重奏団によるOp.20のNo.1(ハイドン)

さて、明日から令和。平穏な時代が続くことを祈ります。

2019年4月のデータ(2019年4月30日)
登録曲数:1,365曲(前月比±0曲) 登録演奏数:11,552(前月比+23演奏)



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

通りがかりのハイドン

No title

初めまして。いつも拝読させていただいております。
ビーチャムのハイドンに惹かれる者ですが、
こんなリリースが近々あるようです。

「ビーチャム卿のハイドン第97番初出ステレオ!
EMI最初期ステレオ録音が名人芸のリマスターで鮮烈に蘇る!」
カタログNo : FHR59

本当に楽しみです。

  • 2019/05/02 (Thu) 02:11
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

コメントありがとうございます。

私もビーチャムのハイドンは好きです。EMIのCDを愛聴しておりましたが、先日手に入れたLPは録音が良くCDよりもお気に入りです。ビーチャムのザロモンセットなステレオへの移行期の録音でしたので、前半はモノラルでリリースされましたが、作曲年代順だと前半最後の97番あたりからステレオ録音に入っていたのでしょうね。この97番も名演の誉高いものですので、ステレオ音源には興味あります。ちなみに、1曲めに入っているハリー・ブレックのサルヴェ・レジーナも未聴音源なので非常に気になります。

貴重な情報ありがとうございました!

  • 2019/05/02 (Thu) 10:12
  • REPLY

sifare

経る時

Daisyさんこんばんは~
遅ればせながらで申し訳ありません。

奥様のお父様がお亡くなりになったとの記事を読ませて頂いていたのですが、哀しみが続いていらっしゃることにこちらもとても哀しくて言葉がありませんでした。
心からのお悔やみを申し上げます。

そうこうしていると5月の末に夏風邪を引いてしまい、結構長く治るのにかかってしまいました。

体調を整え、大好きなハイドンを聴きながら気持ちをブラッシュアップ、新たな年号、季節の変化を楽しんでいきたいと思います。

Daisyさんもお身体くれぐれもお気を付けてくださいね~

Daisy

Daisy

Re: 経る時

sifareさん、お気遣いありがとうございます。

なんだか色々重なるものですね。だだうちの母親も嫁さんのお父さんも80過ぎまで人生を楽しんでのことゆえ、幸せな終わり方だったと思えるようになったことで、少し落ち着いてきました。

ここのところは庭の梅の老木になった梅の実とりを楽しんでいます。今年も豊作。実も綺麗で大きく育ちツヤツヤ! 家の中が仕込み前の梅のいい香りで満ちています。

夏風邪、意外に長引くものですよね。これから暑い季節になりますのでsifareさんも引き続きご自愛ください!

  • 2019/06/16 (Sun) 11:06
  • REPLY