【新着】ジョヴァンニ・アントニーニの交響曲全集第7巻(ハイドン)

これは取り上げないわけには参りません。

Antonini7.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

ジョヴァンニ・アントニーニ(Giovanni Antonini)指揮のバーゼル室内管弦楽団(Kammerorchester Basel)の演奏で、ハイドンの交響曲67番、65番、9番、モーツァルトの劇付随音楽「エジプトの王タモス」(K.345/336A)から管弦楽のための5つの楽章の合わせて4曲を収めたCD。このアルバムはアントニーニによるハイドンの交響曲全集の第7巻。収録は2017年10月2日から6日にかけて、前巻と同じスイスのバーゼル近郊のリーエンという街にあるランドガストホフ・リーエン(Landgasthof Riehen)でのセッション録音。レーベルはレーベルはouthereグループのALPHA-CLASSICS。

毎巻リリースを楽しみにしているこのシリーズ。中でも今回は待ち遠しかった! というのも、昨年10月にアントニーニが読響に客演したコンサートを2つとも聴いて、アントニーニの真価に打たれてしまったからに他なりません。

2018/10/21 : コンサートレポート : アントニーニ/読響による「軍隊」など(東京芸術劇場)
2018/10/18 : コンサートレポート : アントニーニ/ムローヴァ/読響によるハイドン・ベートーヴェン(サントリーホール)

コンサートの模様は記事をご覧ください。特にサントリーホールでの初日の最初の歌劇「無人島」序曲でアントニーニの繰り出す音楽に圧倒されました。読響から聴いたこともないようなタイトな響きを引き出すあたり、やはり響きに対する鋭敏な感性は並ではありませんでした。これまでリリースされている全集の中でも、間違いなくドラティを超えてくる完成度を誇り、こちらもこれまでリリースされた全ての巻を取り上げ、皆勤賞で迎えております。

2018/07/07 : ハイドン–交響曲 : 【新着】ジョヴァンニ・アントニーニの交響曲全集第6巻(ハイドン)
2017/11/22 : ハイドン–交響曲 : 【新着】ジョヴァンニ・アントニーニの交響曲全集第5巻(ハイドン)
2017/04/18 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第4巻(ハイドン)
2016/10/09 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第3巻(ハイドン)
2015/06/08 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第2巻(ハイドン)
2014/11/08 : ハイドン–交響曲 : 【新着】イル・ジャルディーノ・アルモニコの交響曲全集第1巻(ハイドン)

毎巻テーマを設定して選曲されていますが、今巻は"Gli Impresari"。これは直訳すると「管理者たち」で、販促文を見ると「劇場監督たち」とあります。モーツァルトの曲も含めて、この巻に収められた曲はいずれも当初交響曲ではなくオペラなどの曲として書かれた経緯があるとのことです。どの曲も録音が少ない曲ということで、この演奏も貴重なもの。いつも通りキレキレ極上の演奏で味わえるということで貴重なものと言えるでしょう。

Hob.I:67 Symphony No.67 [F] (before 1779)
コミカルなメロディーが心地よく鳴ったかと思うといきなりフルスロットルでタイトな響きが畳み掛けてきます。入りからアントニーニの才気が炸裂! グイグイ畳み掛けてくるエネルギーをコミカルなメロディーで鎮めるハイドンの才気を完全に汲み取っての演奏に圧倒されます。シュトルム・ウント・ドラング期以降パリセットまでの間の曲は今ひとつ目立たぬ存在ながら、この演奏を聴くとはち切れんばかりの才気が仕込まれていることがわかります。1楽章の終わりのホルンの割れた響きを際立たせるところも見事。
続くアダージョは音量を落としてはいるのですが、耳をそばだてて聴くようにくっきりとコントラストをつけて、ちょっと音量が上がるとハーモニーの美しさや木管の響きの美しさに聴き惚れるように仕立てます。ゾクゾクするような気配に包まれながら響きに聴き入る至福の境地。
静けさを断ち切るように速めのテンポでのメヌエットに入りますが、トリオの部分はオケからグラスハーモニカのような不思議な音色を引き出します。これはコル・レーニョ・デラルコ奏法と言って、弓の背の部分で弾いているとのこと。
そしてフィナーレはギャラントな響きを引き出してオケの響きの美しさを際立たせますが、この楽章でも中間部の聴かせどころを丹念に描いて、ハイドンが仕込んだ展開の面白さこそこの楽章の真髄と言わんばかりに音楽のフォルムをデフォルメを効かせて描きます。67番がこれほど創意にあふれた曲だと改めて気づかされる驚異の名演奏と言っていいでしょう。

Hob.I:65 Symphony No.65 [A] (before 1778)
番号は前曲に近いですが、作曲年代は1772年ごろと告別交響曲と同じくシュトルム・ウント・ドラング期の最盛期のもの。曲想を汲んでか、入りからしなやか流麗な演奏。弦楽器のハーモニーの美しさで聴かせます。しなやかに聴こえるものの、くっきりとデュナーミクをコントロールして、しなやかな音楽の流れもしっかりとしたコントロールによって造られていることがわかります。
続くアンダンテはいつもながらハイドンのアイデアの豊富さに驚く曲。鳥のさえずりのように自在に駆け回るメロディー。どのようにしてこのようなメロディーを思いつくのか、そしてアントニーニもこの不思議な曲を、まるでハイドン自身が振るような説得力で描きます。ホールに漂うオケの響きの余韻の美しさも鳥肌もの。
メヌエットは短いものですが、リズムの面白さに趣向を凝らし、トリオでさっと雰囲気を変える見事な展開に驚きます。全く手抜きなし。
そしてフィナーレではホルンの鮮やかな号砲がアクセントとなって始まり、低音弦のダイナミックな動きとホルンが掛け合ううちにクライマックスを迎えます。

Hob.I:9 Symphony No.9 [C] (1762?)
最後に初期の曲を持ってきました。メロディーラインは面白いものの、前2曲と比べると明らかに構成は単純。アントニーニも曲に合わせて力を抜いて流すようにリラックスした演奏。これが功を奏して気楽に楽しめるようまとまります。
聴きどころは2楽章のアンダンテ。シンプルながら独特の雰囲気のメロディーと木管の音色が相まって実に趣深い音楽が流れます。単調だからこそメロディーがくっきりと引き立つわけですね。そのあたりを見極めたアントニーニのさっぱりとしたコントロールセンスが光ります。
3楽章のメヌエットも一貫して速めのテンポでさっぱりと仕上げます。力の抜き方にも巧みさが垣間見えます。

第7巻までこぎつけたジョヴァンニ・アントニーニのハイドンの交響曲全集。全く隙のない完璧な仕上がり。いつも通りプロダクションも丁寧で、アーティスティックな写真と充実した解説がつけられ、毎巻手に入れる楽しみもあります。録音も古楽器オケの響きの厚みをしっかりと感じられる素晴らしいもの。このシリーズ、完結すればおそらく史上最高のハイドンの交響曲全集となることでしょう。もちろん評価は全曲[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲67番 交響曲65番 交響曲9番

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お世話になります。
アントニーニの本領発揮ですね。
ハイドンの劇場作品の音楽は素晴らしいのに、台本がその価値を台無しににしているとよく言われますが、言葉のないこれらの劇場的作品は、ハイドンのドラマ性をよく表していて、アントニーニの演奏はそれを見事に音にしているという感じです。

実は2時間程前までオペラシティのコンサートホールで、D.ハーディングとマーラー・チェンバー・オーケストラの演奏でモーツァルトの最後の交響曲3曲を聴いていました。
オーケストラのメンバーが登壇すると、39番では出番のないオーボエ奏者がいるではありませんか!これはもしかして…。
39番のフィナーレが終わっても、ハーディングは腕を降ろそうとせず、次に突き進もうとしています。残念ながら聴衆の半分程が拍手をしてしまったため、彼はすぐに40番の第1楽章には入れませんでしたが、これはまさにアーノンクール御大の手法と同じではありませんか!そう思うと心なしか、アーティキレーションやパウゼもアーノンクールのそれと似ているような気がしました。
アーノンクールは「3つの交響曲は声楽のないひとつの宗教作品で、39番と40番は続けて演奏されるべき。39番の終結部のあの中途半端さはそれを裏付けている」と独自の解釈を披瀝していました。ハーディングが同じ哲学を持っているかどうか定かではありませんが、少なくとも2曲は連続して演奏されるべきと思っていることは確かです。
アーノンクールの音楽は「ドラマ」という言葉で言い表すことができますが、ハーディングの今夜の演奏はまさに「ドラマ」でした。
特に最初の2曲のフィナーレを前3つを早いテンポで演奏するのと対照的にゆっくりと少し足を重たく引きずるように演奏することによって、「怖さ=畏敬の念」を表しているように聴こえました。
ツァグロゼクのブル7をあっさり抜き去り今年の暫定1位に躍り出ました。

「ドラマ」、まさにアントニーニの新作に通じる音楽の躍動と深化でした。

追伸
39番と40番を続けて演奏するのだったら、事前にアナウンスやプログラムでお知らせしておいた方が良かったかもしれません。最近はブルックナーの交響曲が最後の1音を轟かせた後、指揮者がタクトを降ろすまで時間が止まったような静寂の後に大歓声、といった光景が当たり前になって、この国のマナーも高くなっていることを実感しますが、流石にアーノンクール式を予測出来た人は少なかったのでしょう。

Re: No title

katsudonさん、いつもコメントありがとうございます。

いくコンサート、結構ダブってますね(笑)
記事にした通り、私もハーディングのモーツァルトには行きました。書いた通り、ちょっとリズムが重いのと繰り返しの表現の変化が少なかったので長さを感じさせたのがモーツァルトとしてはどうだろうというのが私の感想。帰って記事を書くために2002年録音のカプソンとのハイドンのチェロ協奏曲を聴き直してみましたが、リズムの重さはモーツァルトのみならずハーディングの特徴というかこだわりかもしれませんね。アイデアと迫力、揺るぎない構築感は流石なところですが、やはりモーツァルトには軽やかさ、流麗さを求めてしまうという好みの問題でしょう。
指揮姿はスタイリッシュで明快、繰り出す音楽は独創的、斬新な解釈も各所に散りばめ、観客の拍手に応えるステージマナーもダンディということで人気も納得。今後の熟成で音楽に深みが加わるかどうかを見守って行きたいと思います。

No title

お世話になります。
「長さ」と「重さ」を感じさせるモーツァルト、私はどちらかと言えば大好きです!
と言っても巨匠的演奏が好きなわけでなく、「現代に演奏する意義を考えさせられるような、見出せるような演奏」が好きです。
アーノンクールまで行くと流石にどうかとも思いますが、ハーディングはのそれは、直球ど真ん中で心をえぐられるようなものでした。
それをおっしゃる通りのジェントルマンぶりでやってしまうところは、もう脱帽です。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ