エンゲゴール四重奏団のOp.76のNo.5(ハイドン)

先日、当ブログの影のご意見番たるSkunjpさんから、このアルバムが所有盤リストにないのはブログの沽券に関わるとの愛情あふれるご指摘をいただき発注していたアルバムがようやく入荷。レビュー致しますです(笑)

Engegard2.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

エンゲゴール四重奏団(Engegårdkvartetten)によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.76のNo.5、ライフ・スールベリの弦楽四重奏曲ロ短調、グリーグの弦楽四重奏曲(作品27)の3曲を収めたSACD。収録は2007年10月、ノルウェーのオスロにあるJar Kirkeでのセッション録音。レーベルはノルウェーの2L。

エンゲゴール四重奏団の演奏は、以前に一度取り上げています。

2013/08/08 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : 【新着】エンゲゴール四重奏団のOp.77のNo.1(ハイドン)

この時には今日取り上げるアルバムは手に入らなかったのでそのままにしておりました。演奏も若手のクァルテットと荒っぽいまとめ方をしておりましたが、どっこいこのエンゲゴール四重奏団、第1ヴァイオリンのアルヴィド・エンゲゴールは、名演奏で鳴らしたオルランド四重奏団の第1ヴァイオリン奏者であったということがのちに判明。

2018/10/14 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : オルランド四重奏団のOp.76のNo.1(ハイドン)

それ以来、ちょっと気になる存在になっておりました。それでも何か行動に移したかといえば、そうではなく気になるというだけでしたが、先日Skunjpさんからこのアルバムが当方の所有盤リストになく、行間を想像すると「これを聴かずしてエンゲゴールを語るな」としか聞こえないようなコメントをいただき、ようやく注文して手に入れたという流れ。経緯はともかく、こうしたアルバムは虚心坦懐に奏者の奏でる音楽に打たれるべきとの経験則から、レビューに取り上げた次第。

このアルバム録音時のメンバーは以下の通り。

第1ヴァイオリン:アルヴィド・エンゲゴール(Arvid Engegård)
第2ヴァイオリン:アトレ・スポンベルグ(Alte Sponberg)
ヴィオラ:ジュリエット・ジョプリング(Juliet Jopling)
チェロ:ヤン=エーリク・グスタフソン(Jan-Erik Gustafsson)

以前取り上げたアルバムが2012年の録音。このアルバムは2007年の録音。クァルテットの設立が2006年ということで、こちらの方が古く、設立直後の録音です。奏者も以前取り上げたアルバムとチェロが異なります。クァルテットについては前記事で触れていますのでそちらをご参照ください。

Hob.III:79 String Quartet Op.76 No.5 [D] (1797)
このアルバム、録音は鮮明かつ直接音重視で教会での録音にも関わらずちょっとデッド気味。SACDは5.1チャネル音声も収録されていますが、当家の再生環境はステレオのみなので、5.1サラウンドで聴くとまた印象は異なる可能性があります。入りはハーモニー重視というよりは各パートが独立してメロディーを奏でるのが結果的に縦の線が合ってきているという感じのアンサンブル。各パートが個性を競い合いながらテイストは乱さず、鋭利なアクセントで刺激し合う感じ。それぞれが伸び伸びと弾いているのがわかります。聴き進むうちにだんだん音楽に一体感が生まれてくるから不思議です。それぞれ音階を奏でながらザクザクと切り込んでいきます。1楽章の最後はキレキレ。
続くラルゴはしなやかなハーモニーの美しさで聴かせるクァルテットが多い中、ここでも鋭い響きでストイックな攻め込みを見せます。耳を澄ますとデュナーミクをかなり緻密にコントロールしているのがわかります。この名曲のメロディーに潜む侘び寂びのような心境がエンゲゴールの演奏で強調される感じ。最後は消え入るように静寂に包まれます。
メヌエットは音の迫力ではなくすっきりとした響きのメロディーラインで躍動感を出そうとしています。響きがすっきりしている分、ボウイングも鮮明にわかり、アクセントもこれ以上激しいと嫌味になる寸前でバランスを保っています。
この演奏のクライマックスは終楽章。鮮烈なまでにリアルなヴァイオリン。ここにきてアンサンブルがピタリと合って、メロディーラインは誠に刺激的。若手らしくボウイングが弾み、鋭い音階が切れ込みまくります。この終楽章のキレ方は並ではなく、弦のテンションが他のクァルテットとは異なるのではないかと思わせるほど。4楽章の最後にフォーカスを合わせてキレて終えるという設計でしょう。

エンゲゴール四重奏団のOp.76のNo.5はまさにボウイングキレキレの自由闊達な演奏でした。デッドな録音ということもあり、スリリングかつ鮮明な響きでこのハイドンの傑作の構造が浮かび上がり、そして骨格標本を見るように構造がはっきりとわかります。このクァルテットのデビユーから間も無くで録音されたアルバムということで、クァルテット草創期の息吹が伝わってくるよう。以前取り上げたこの後の録音についてはちょっと荒さも見られるということで、やはり気合の乗った時期の演奏はそれなりの結果をもたらすということでしょう。評価は[+++++]とします。

道場破り対応終了です(笑)



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76

コメントの投稿

非公開コメント

エンゲゴールの産みだす音楽の「鮮度」

Daisyさん、こんにちは。お久しぶりです。

少し忙しくてバタバタしていました。あまり遠ざかると「影のご意見番」の影が薄くなりすぎて、そのうち消えてなくなるかもしれません(笑)

さて、道場破りのつもりではなかったのですが、エンゲゴールSQの当盤をレビューしていただきありがとうございます。これを機会に多くの人に知っていただきたい名盤だと思います。

名盤と言っても各項目の平均点の高い八方美人的な名演ではなく、一方向に突出した演奏だと思います。

その一方向とは、卓越したリーダーであるエンゲゴールの産みだす音楽の「鮮度」です。


聴きなれた曲の演奏ほど「鮮度が大切」と私は思います。

演奏の鮮度とは、「解釈の新鮮」や「録音年が新しい」といった表面的な事ではありません。

演奏者が、「今、この一曲だ!」と思いつめ、感動しつつ、全力投球で演奏するその姿勢です。

エンゲゴールのOp.76の5にはそれがあります。演奏者が「今、惚れている!大好き」なのです(笑)

ですから、当然、Op76の全曲録音とかには発展しないでしょう。残念ながら。

ところが私達にとって、このような演奏こそ、今まで手あか、耳あかのついた有名曲を洗い直す効果があります。

今、できたてのホヤホヤであるかのように目の前に「ハイ」と差し出され、食べたら物凄くおいしくて、その鮮度に驚く、という感じでしょうか。

特に第一楽章は、最後の最後まで手に汗握るクライマックスが延々と続き、最後に皆がルール無視で抜け駆けするように飛び出してゴールインするという目の覚めるような解釈(いつもここで背筋がゾゾーッとします)!

…というか、これは解釈ではなく、曲がそのように出来ているのですね。そのことを発見させてくれる演奏です。

そうすると第二楽章冒頭の沈み込みが生きてきます。しかも沈潜せずに細かくうねるように盛り上がるのはDaisyさんも指摘しておられる所です。

そして、自由闊達な第三楽章を経て、終楽章の丁々発止キレキレの大討論会!

聴き終わって、「ハイドンは何て素晴らしい作曲家なのだろう!」とため息を漏らすことになるのです。

ハイドン万歳!


Daisyさんが、見事に道場破りに対応していただいた、その手腕にも感服いたします!

さて、次なる室内楽あるいはピアノ曲のターゲット、期待しております(笑)

Re: エンゲゴールの産みだす音楽の「鮮度」

Skunjpさん、今回も長文コメントありがとうございます!

勝手に「影のご意見番」というレッテル貼らせていただいてますが、投稿頻度に関わらず終身職ですのでご安心ください(笑)

>聴きなれた曲の演奏ほど「鮮度が大切」と私は思います。

まさにその通りですね。名曲の名演奏もいいものですが、今までの演奏の垢を全く感じさせないような新鮮な解釈によって曲の新しいイメージを描いていき、結果としてそれが曲のより本質的な魅力を浮かび上がらせてくれます。エンゲゴールのこの演奏はまさにその典型でしょう。

コメントをいただいてからまた聴き直しましたが、1楽章の終盤の駆け抜けるようなフィニッシュから、ラルゴに入るあたりの展開は本当にゾクゾクしますね。ラルゴの終わりの静寂、メヌエットのトリオの部分の草書のような筆使い、そしてフィナーレの鮮烈なキレ方といい、まさに鮮度抜群の演奏。この曲からここまで垢をそぎ落としてくるのは酔眼ですね。聴けば聴くほど深い洞察力を感じる素晴らしい演奏です。

結果的にはハイドンの曲自体に仕込まれた音楽がいかに素晴らしいものだったかを思い知るわけです。

色々聴いてはいても、こうした演奏の素晴らしさを見抜くには、こちらの耳も洞察力も必要ですね。道場破りを覚悟する緊張感も持ちながら、修行を続けます。

(追伸)またの道場破り、お待ちしています。確か前回はフランチスカスでしたね!

No title

おや、懐かしい(って程ヒストリカルではありませんが・・・日付的には9年前、東日本大震災より以前のことでした)盤です。道場破りはしませんでしたが、当サイトからリンクが貼ってあるHMV onlineでの唯一のレビューは小生が投稿したものです。五つ星を付けているので、「ラルゴ」を聴いたときのサプライス感がすぐに蘇ってきました。
但し、レビューではカップリングのスールベリを「いわゆるフツーの曲」と抑えめに記述しましたが、ハイドンと比べてしまうと「凡庸な曲!」というのが正直なところです。

Re: No title

だまてらさん、お世話になります。

そういえば、当番はだまてらさん推しのアルバムでしたね。当時青いほうはすぐに手に入りましたが、赤いほうは在庫がなくそのままになっていたのが、今頃手に入ったという流れです。クァルテットの面白さを非常に深いレベルで感じさせてくれた名盤ですね。当時、慌てて黄色い方も入手しようと注文しようとしたんですが、それにはハイドンが入っていなかったのを注文する前に知り、思いとどまることができたのをよく覚えています(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ