ラトル/ベルリンフィルの交響曲集-1

今日はサイモン・ラトルがベルリンフィルと入れた交響曲集。2枚組で全部をレビューできそうもありませんので、その1です。

RattleBPO88.jpg
HMV ONLINEicon

今をときめくラトルとベルリンフィルのハイドン。世界最高峰の組み合わせであることは論を俟たないでしょう。
この世界最高峰の組み合わせによるハイドンの交響曲。しかもドイツ国歌の作曲者であるハイドンの交響曲です。レコード会社としては山口百恵のいい日旅立ちくらいの力が入ることは想像に難くありません(笑)

ラトルはベルリンフィルの音楽監督に就任以前にその主席指揮者・音楽監督であったバーミンガム市交響楽団とハイドンの交響曲を録音していましたが、ハイドンの曲に対するスタンスが非常に明確で、その諧謔性というかユーモラスな側面にスポットライトを当てるべく、テンポの設定やフレーズごとの演出のうまさが印象に残っています。

私がラトルの演奏でラトルがどんな音楽を生み出すのかを最も感じられたのは、何を隠そうハイドンの交響曲です。逆に、ハイドン以外の演奏でラトルの真価を感じられるような演奏に出会ったかというと、実はちょっととらえどころがないという印象も否定できません。あえて挙げればだいぶ前に放送された現代音楽のシリーズでしょうか。自身の解説付きでつくられた番組でしたが、現代音楽を指揮する立場、同時代の音楽を語る視点にラトルの狙いを感じたのが新鮮でもありました。

同じくベルリンフィルを率いる立場であったカラヤンは強烈すぎるぐらい自身の音楽の鮮明なスタイルを追求し、幅い広いレパートリーのすべてにカラヤンのスタイルで録音を残してきました。後を継いだアバドについてもこれまでの垢をすっかり削ぎ落とした純粋な世界、純音楽的な歌と緻密な壮大さへの憧憬といった狙いは演奏の基底に色濃く感じさせ、こちらも幅広いレパートリーの録音を残し続けています。アイーダといえばカラヤン、リヒャルト・シュトラウスといえばカラヤン、そして天地創造といえば真っ先にカラヤンです。そしてマーラーといえばアバド(私は)、夢のようなメンデルスゾーンと言えばアバドな訳です。

ラトルについては、もともと八方美人というか器用さが先に立って、音楽の狙いがいまいち見えにくいところがありますが、あえて挙げれば純粋な響きの変化による音響の快楽といったようなところが核にあるように見受けられます。ただ、この曲と言えばまずラトルという鮮明な印象は実はあまりありません。

まさにこの点がラトルのハイドンの演奏の特徴を浮き彫りにしていると言えなくもありません。このアルバムの演奏も最高のオケによるハイドンの交響曲の響きの変化を楽しむというのが消去法的に浮かぶテーマでしょう。

収録曲目はハイドンの交響曲88番から92番までの5曲と協奏交響曲の6曲。録音は2007年の2月のベルリンフィルハーモニーでのコンサートのライヴ。ラトルのベルリンフィルの音楽監督への就任は2002年ですから、就任5年目の演奏ということになります。

冒頭の88番V字は昨日、セルの演奏を取り上げたばかりで、セルの剛演が耳に残っている状態でのレビュー。
セルの鮮明なスタイルと比較するとラトルはオケの各楽器の巧さ、合奏精度の見事さは流石ですが、音楽づくりという意味ではオーソドックスなものといえるでしょう。あえてあげればやはりハイドンの機知を啓蒙的に紹介して音楽を楽しんでもらおうといったところでしょうか。

演奏はゆっくり目なテンポで、フレーズの構造をわかりやすく噛み砕いていくようなスタイル。ベルリンフィルハーモニーでの多くの録音と同様、デッド気味な実体感のある弦楽器の音響が印象的な録音。各楽章の演奏スタイルは対比で聴かせるというよりは全楽章一貫した流れ。終楽章はところどころレガートを象徴的に織り込み、個性的なフレーズをちりばめていますが、響きの面白さを引き立てることを目的とした小技という印象。
一流オケで直球を投げるというよりは、一流オケなのに遊び心をちりばめた8分の力での演奏といところでしょう。

つづく89番は、勝手に「証城寺」という名前をつけています。冒頭のメロディーが「しょ、しょ、しょじょじ」と聴こえるからです(笑)
歴代の名演がひしめく88番とくらべて気軽に聴ける分、こちらの曲のほうがラトルの演奏を素直に楽しめます。こういった素朴な曲の演奏のほうがラトルの魅力が伝わるような気がします。この曲は力が抜けていい演奏。

ということで、今日はここまでで時間切れです。
評価は88番は[+++]、89番は[++++]といったところでしょうか。この続きは明日。90番はコンサートのでのユニークな演出付きバージョンも含まれています。
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲88番 交響曲89番 ライヴ録音 ベルリンフィル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギタリスリゲティヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスモーツァルト交響曲10番軍隊ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサバリトン三重奏曲ピアノソナタXVI:52ベートーヴェン交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズベンジャミンバッハウェーベルンナッセンヴァレーズメシアンシェルシグリゼー弦楽四重奏曲Op.20交響曲65番交響曲67番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76狩り交響曲73番交響曲39番交響曲61番リームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:21ピアノ三重奏曲第九オックスフォードヒストリカル太鼓連打交響曲99番時計ボッケリーニシューベルトロンドン交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーチェロ協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74変わらぬまこと無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ騎士オルランドアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1交響曲3番交響曲79番ラメンタチオーネ古楽器アレルヤチェロ協奏曲1番驚愕交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールショスタコーヴィチドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲90番告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ニコライミサ小オルガンミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲80番交響曲81番交響曲21番マリア・テレジア豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲4番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティロッシーニライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナアレグリモンテヴェルディバード美人奏者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウム弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
88位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ