【新着】ロマン・ラビノヴィチのピアノソナタ全集第1巻(ハイドン)

年末の旅行の記事を書いているうちに1月も20日過ぎになってしまいました。このあたりでちゃんとしたレビューしておかないと当ブログの存在意義が問われかねませんので(笑)、最近入手したアルバムから絶品の演奏を取り上げます。

Rabinovich1.jpg
TOWER RECORDS / amazon

ロマン・ラビノヴィチ(Roman Rabinovich)のピアノによる、ハイドンのピアノソナタ6曲(Hob.XVI:21、44、45、16、39、32)を収めた2枚組のアルバム。収録は2016年10月24日から30日にかけて、ニューヨークのアメリカ文学芸術アカデミーでのセッション録音。レーベルはFirst Hand Records。

このアルバム、ハイドンのピアノソナタ全集の第1巻という触れ込みでリリースされたということでTOWER RECORDSに注文を入れていましたが、在庫切れでなかなか到着せず最近ようやく到着したもの。なお、ほぼ同時期にダニエル・フックスというピアニストもこちらはハイドンのピアノソナタ全集が揃いでリリースされたアルバムも届き、うれしい悲鳴(笑) 一応、両者の収録曲を所有盤リストに登録しながら、いろいろつまみ聴きして品定めをしたところ、演奏はこちらのラビノヴィチが2枚くらい上手。そして録音もピアノの美しい響きをあますところなく伝える録音も見事。ということで、このラビノヴィチ盤を取り上げることにした次第。

ピアニストのロマン・ラビノヴィチは初めて聴く人。1985年ウズベキスタンのタシケント生まれで、両親からピアノを習い、1994年に家族共々でイスラエルに移住。直後の1995年にメータ指揮のイスラエルフィルと10歳で共演しデビュー。その後フィラデルフィアのカーティス音楽院、ニューヨークのジュリアード音楽院で学び、2008年のルービンシュタイン国際ピアノコンクールでは1等なしの2等に選ばれていて、以降世界の著名なホールでコンサートを開くピアニストとして活躍しています。なお、作曲や絵も嗜み、このアルバムのジャケットもラビノヴィチ自身の作です。

このソナタ集、第1巻ということで、選曲は作曲年代順でもなければ、有名曲をちりばめたものでもなく、比較的初期の作品を集めたもの。しかもその演奏は今時の非常に繊細な感性を感じさせながら、1曲1曲の面白さを浮かび上がらせ、その上オルベルツの全集のように、何か一貫した堅固な姿勢を感じさせるという、なかなか素晴らしいもの。少し前に取り上げたポール・ルイスも全集を視野に入れたリリースでしたが、ルイスの透徹した響きの美しさとはまた異なる魅力を放っており、勝るとも劣らぬ素晴らしさ。ということで、CD1枚目の3曲をレビューしておきましょう。

Hob.XVI:21 Piano Sonata No.36 [C] (1773)
アメリカ文学芸術アカデミーはネットで調べると非常に古い建物で広いオーディトリウムがあり、おそらくそこが収録に使われたものと思われます。鮮明ながら広いホールにピアノの残響が非常に美しく漂う名録音。冒頭からピアノの美しい響きに魅了されます。ラビノヴィチの演奏は、先に触れたように、この美しい響きを楽しむように、淡々と演奏していき、まるでオルベルツのような素晴らしい一貫性と堅牢さが魅力。この美しい響きによってハイドンの初期のソナタのシンプルなメロディーが極限まで研ぎ澄まされる感じ。アダージョの語り口もさりげないんですが、深みがあって実に心地良い。耳を澄ますと中音域がしっかりとしているのが堅牢な印象を与えているよう。それでいて詩情が濃く、いきなり夢見心地。この初期のソナタがこれほど美しいとは。フィナーレの軽やかさとキレ味もまろやかな響きに包まれて極上。

Hob.XVI:44 Piano Sonata No.32 [g] (c.1771)
軽妙な前曲の余韻をさらりと流して、短調の物憂げなメロディーを美しく置いていきます。曲の配置のセンスも類い稀なものを持っていそうです。この曲でも一貫した姿勢でさらりと音楽が流れているように感じますが、ディティールは自然に磨き込まれ、アクセントも自然な印象ながらくっきりとつけらています。ハイドンの曲から美しさと、構成の面白さ、そして深みを引き出すバランス感覚をしっかりと身に付けているようです。このバランスというかセンスがハイドンの演奏には最も必要なことはみなさんご存知でしょう。ラビノヴィチ、それほど録音があるわけでもありませんが、いきなりハイドンの全集を目指すというところからも、ハイドンに対する深い理解と嗜好があるのでしょうね。2楽章構成のこの曲、2楽章のアレグレットを聴くと程よい穏やかさを実に自然に表現してきます。

Hob.XVI:45 Piano Sonata No.29 [E flat] (1766)
そして、晴朗快活な曲。ソナタのならびの面白さだけでも十分刺激的。曲が変わる瞬間の面白さは、楽章間とはまた違う緊張感があって好きです。ここでも適度な推進力とキレ、コントラスト。ハイドンの音楽の中のとりわけタッチの面白さがこの曲のポイントと見抜いているのでしょう、シンプルな音楽が演奏によって真の豊かさを持つことができるのだ言われているような演奏。次々と繰り出される起伏に富んだメロディーが脳の聴覚中枢を通してアドレナリンを発散。音色の持つ様々な印象を駆使しての演奏。これをマルチヴァレントいうのでしょう。1楽章から絶品です。続くアンダンテは淡々と仕込まれたメロディーがラビノヴィチのタッチで柔らかな陰影を帯びてゆったりと推移していく景色を眺めるがごとき風情。終楽章は恐ろしいほど速いパッセージがあるんですが、不思議と自然に音楽が流れます。しかもアクロバティックな印象は微塵もありません。むしろ完全に曲を掌握して、楽々と弾いているような余裕すら感じさせます。本質的なテクニックの持ち主ということでしょう。

いやいや、ロマン・ラビノヴィチ、すごい人です。まるでハイドンのソナタを弾くためにピアノを弾いているようにすら聴こえます。ハイドンのソナタの魅力である、ハッとするような構成の面白さ、機知に富んだメロディー、晴朗さも美しさも陰りも織り込まれたそれぞれの曲の魅力をあますところなく伝え、ハイドンのソナタの演奏に完全にフォーカスして完璧な説得力を持っています。このレベルでリリースが続けば、モダンピアノによるソナタ全集の決定盤となるでしょう。もちろん評価は3曲とも[+++++]といたします。ピアノ好きな皆さん、必聴です。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:21 ピアノソナタXVI:44 ピアノソナタXVI:45

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん こんにちは

遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。
今年もハイドンネタ楽しみにしています。

早速ですが、この紹介されたアルバムの話題ではないのですが、記事中にフックスの全集も
購入されたということで、ぜひ、フックス盤の全集の方もレビューをお願いします。
注目しているのが、この全集に初めて収録されて、先日、Youtubeでようやく初めて耳に
することができた、かのボルツァーノ・ソナタ(Hob. XVI : F3)です。
もし、この曲の来歴もご存知でしたら(解説に書かれているか、Daisyさんが既にご存知だったり)
しましたら、是非このソナタの来歴を知りたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

いやいや素晴らしいですねー!

ラビノヴィッチと聞いて、あのアリゲリッチと共演して有名になった人かと勘違いしていたのですが、別人ですね。こちらは、ロマンさんでした(笑)。

あちらのラビノヴィッチ氏も只者じゃなかったですが、こちらの方も、いやいや素晴らしいですねー!

まだ十分に聴きこんではいませんが、ハ長調の第一楽章からハイドンの神髄に触れています。

ハイドンの神髄とは、最近私が感じていることで、彼の音楽の基本は「2声である」ということです。

模倣様式という意味ではないですが、ハイドンの音楽は主旋律と副旋律という単純な枠を超えており、副旋律が主旋律に緊密にからみ合い、時に副旋律が主旋律に鋭い「突っ込み」を入れるというか、両者の活発な対話によって成り立っているという意味での「2声」であり、その意味で音楽がより立体的で、いわば「三次元の音楽」となっています。

その点、モーツァルトは十分、対位法的なものを取り入れようとしつつも、彼の音楽はあくまで「美しいメロディーありき」で、そこに和声が付き、時に対位法がからむ、といった具合に、基本的に「二次元の音楽」だと思います。

これは、どちらが優れているという問題ではなく、音楽のありようの違いなのですが、わたくし的にはハイドンの方が飽きないというか、これは永遠に飽きない音楽だなー(笑)と思います。

そしてラビノヴィッチの演奏は、その副旋律が副旋律の枠を超えて、主旋律に「突っ込み」を入れ音楽にカツを入れるその様が、つまり左手の生命力が抜群なのですね。(グールドみたい?)

そして、第二楽章はタッチの美しさが際立ちます。指を鍵盤の底まで押し込まず、半分くらいの触れるか触れないかの沈み込みで、あたかも湖の上を密やかに歩くようなデリケートな美音を立ち昇らせます。

いやいや、これは楽しみなシリーズが始まったものです。

この演奏はすでにSpotifyに保存し済みでしたが、いつもながらのDaisyさんの的確なレポートを読み聴取欲が刺激されて初めて、その良さに耳が開かれた次第です。
感謝しています。

Re: No title

Haydn2009さん、こちらこそ今年もよろしくお願いいたします。

フックス盤ですが、いきなり全集としてリリースされましたが、残念ながら演奏の方は近年いろいろリリースされている才気溢れる演奏と比べると若干単調な印象で、つまみ聴き以上に踏み込んで聴いていません。また、ボルツァーノソナタですが、こちらもその件に明るいわけではないので、調べてみないとわかりません。ちょっと聴いた感じでは、なんとなくハイドンの真作かどうかも怪しい印象もありますね。もちろん専門家ではありませんので、あくまでも私の個人的な印象の話です。記事や情報が少ないのもこういった印象がつきまとうからではないかと思います。何かわかりましたら、またアップします!

Re: いやいや素晴らしいですねー!

Skunjpさん、いつもながら洞察力キレキレのコメントありがとうございます!

ラビノヴィチ、お気に召したようで何よりです。そしてハイドンの真髄が2声で3次元であると見抜く酔眼。恐れ入りました(笑)
主旋律と副旋律が複雑に絡み合う立体的な音楽を、多彩な音色とタッチで描くラビノヴィチの表現力は並外れたものですね。メロディーの表現だけでも力感だけでも美しい響きだけでもダメで、これらすべてのバランスと深さが揃って初めてハイドンの真髄に触れるということですね。これまで聴いた素晴らしい演奏は、こういう視点で見ると、なるほどと思えてきました。

私も以前に書きましたが、モーツァルトは一度、はっきりと飽きた時期がありましたが、ハイドンは不思議と飽きないため、ブログが続いているんですね。いやいや、深いですね。

名演発掘の旅を続けます!

No title

ごぶさたしております。&遅いコメント失礼いたします。
没後200年以降、というか最近になってハイドン鍵盤音楽の新譜が続々とリリースされている気がして、慶賀の至りです。当盤もVol.1ということで、無事全集として完結することを期待します。(没後200年に合わせて開始され、Vol.3合計6CDまで行ったアムラン盤は現在どうなったか・・・)
ところで、ニューフェイスに対抗?して大御所イェネー・ヤンドー氏が、NAXOSから最近ハイドンの新録を続けて2枚リリースされました。拾遺集的なレパートリーでDisc of the Monthにノミネートされる程では無いかもしれませんが、「おっ、この手があったか!」というような編曲版もありますので、是非レビューをお願いします。

Re: No title

だまてらさん、こちらこそ返信し損ねておりました。

ヤンドーの新盤、こちらもヤンドー久々のハイドンのリリースということで、気になっていたので、もちろん注文して手元にあります。NAXOSとしてはおそらくライバルであるBrilliantのバルト・ファン・オールトのフォルテピアノによる鍵盤楽器のための作品の録音集の網羅度への対抗意識から追加録音したのではないかと邪推しています(笑)

ヤンドーらしい澄み渡った音色と表現を抑えて曲自体に語らせる演奏ですが、2枚のうち10の小品が含まれている方の盤はご指摘通り交響曲やオペラから編曲された聴き覚えのある曲が並び、なかなか楽しい曲集ですね。
ようやくメルツェンドルファー盤を登録し終えたばかりですので、ちょっと余裕がありません。気長にお待ちください(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ