作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

H. R. A. Award 2018

6
0
さてさて、平成最後の大晦日。来年は穏やかな一年になるよう祈願しつつ、今年聴いたアルバムからベスト盤を選ぶ企画。本企画も思いつきで始めたにも関わらず7年目になります。

基本的には私がその年にレビューしたハイドンの曲のアルバムから、某メジャー音楽出版社のアカデミックな賞をパクって分野別のベスト盤を選ぼうというもの。新譜も旧譜もCDもLPもごちゃ混ぜですが、すでに世評の高いアルバムをここで表彰しても大勢に影響はありませんので、当ブログが取り上げないと誰も取り上げないような、真に素晴らしい演奏を収めたアルバムにスポットライトを当てようというのが真の意図であります。

ということで、2018年の分野別ベスト盤を開陳いたしましょう。



【交響曲部門】

Ormandy96_101_2.jpg
2018/01/09 : ハイドン–交響曲 : オーマンディ/フィラデルフィア管の奇跡、時計(ハイドン)

ハイドンの交響曲ではジョヴァンニ・アントニーニや飯森範親による全集を見据えた企画が進行中で、どちらもいい演奏がリリースされ続けています。また古い演奏ではハンス・ロスバウトによる放送録音がまとまってリリースされるなど注目すべきアルバムがリリースされています。そんな中、古い録音のLPをいろいろ聴いた中で最も驚いたのが、このオーマンディ盤。もちろんオーマンディといえば大御所ですし、膨大な録音が残されていますが、個人的にはいまひとつハイドンの交響曲を振る人とのイメージを持っていませんでした。このアルバムを聴いて目から鱗が落ちた次第。全盛期のセルやライナーにも引けを取らない素晴らしい演奏に本当に驚いた次第。今更ながらフィラデルフィアサウンドの魅力に開眼いたしました。正攻法で仕上げられた豪華絢爛なハイドンの交響曲の魅力が炸裂します!


【管弦楽協奏曲部門】

Kmenikova.jpg
2018/08/08 : ハイドン–協奏曲 : ヴァレンティナ・カメニコヴァのピアノ協奏曲集(ハイドン)

ハイドンの協奏曲は好きな分野なので、いろいろ聴いていますが、このカメニコヴァのピアノ協奏曲集、協奏曲なのにソロが実に控え目という超珍しい演奏。控え目というだけでなく、実に慎ましやかで繊細なニュアンスに富んだピアノで、こうしたアプローチがあり得るとは全く思いもつかなかったものですが、この静かな響きがしっかりと心に刺さる実に見事な演奏なんですね。このところ協奏曲のアルバムは新譜もいろいろリリースされていますが、キレのいい演奏はいろいろありますが、現代風のキレのいい演奏という枠からあと一歩踏み出してこないものがほとんど。先日リリースされたアルゲリッチとマイスキーのライヴはそうした意味で一歩も二歩も踏み出した爆演でしたが、ハイドンの演奏としてこれでいいのかという点もあり、カメニコヴァ盤を選んだ次第です。


【弦楽四重奏曲部門】

NewHelsinkiQ.jpg
2018/09/29 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : ニュー・ヘルシンキ四重奏団による「日の出」(ハイドン)

今年は東京クヮルテットもグリラーもオルランドもケッケルトもタネーエフも聴いていますが、選んだのはおそらく誰も知らないと思われるニュー・ヘルシンキ四重奏団による日の出。もちろん、演奏は日の出のファーストチョイスとしてふさわしい、素晴らしい演奏だから選んだわけです。東京クヮルテット、グリラー、オルランド、ケッケルトはそれぞれハイドンの演奏としては評価の確立しているものであり、ハイドンの良い演奏をしそうだとの想像力も働く団体ゆえ、ハイドンの弦楽四重奏曲の愛好家の皆さんに敢えて当ブログが今推すべきものとは思っておりません。今回、最終的にタネーエフとこのアルバムで逡巡しましたが、最終的にはこのニュー・ヘルシンキ四重奏団というマイナーな団体の偉業を称えるということが最も重要であるということで選んだ次第。均整のとれた素晴らしい演奏ですので、再生環境がある方は是非手に入れていただきたいと思います。


【室内楽部門】

TrioWandere2018.jpg
2018/06/06 : ハイドン–室内楽曲 : 【新着】絶品! トリオ・ヴァンダラーのピアノ三重奏曲集第2弾(ハイドン)

トリオ・ヴァンダラーが16年ぶりにハイドンのピアノトリオの録音をリリースしたもの。記事本編に書いたように、トリオ・ヴァンダラーのピアノトリオの第1弾は私がハイドンのピアノトリオに目覚めるきっかけとなった思い出のアルバム。その後ピアノトリオといえば当ブログではトリオ・ヴィヴェンテがメガトン級の衝撃で話題をさらいましたが、演奏はそのヴィヴェンテに勝るとも劣らぬ精緻かつ愉悦感溢れるもの。弦楽四重奏以上にアンサンブルの面白さを堪能でき、ピアノが加わることでスリリングさも加わります。最近twitterでコメントをいただき聴き直した奥村和雄のヴァイオリンとヴィオラのためのデュエットや、トリオ・ディ・トリエステのジプシーロンドも素晴らしかったですが、ヴァンダラーの完成度が勝りました!


【ピアノ曲部門】

ToddCrow.jpg
2018/05/02 : ハイドン–ピアノソナタ : トッド・クロウのピアノソナタ集(ハイドン)

今年1番の掘り出し物はこのアルバムでしょう。ジャケットを見てこのアルバムからはいい演奏のアルバムに共通する霊気のようなものを感じるのは私だけでしょうか。私自身全く未知のピアニストでしたが、このアルバムに収められたハイドンのソナタを聴くと、あまりにも見事な語り口に惹きつけられます。これはハイドンのピアノソナタを愛するすべての人に聴いてほしい名盤でしょう。騙されたと思って是非聴いてみてください。近年ハイドンの演奏に精力を傾けるポール・スミスや、若手のギョーム・ベロンの演奏も良かったんですが、やはりトッド・クロウの奏でる音楽の深さがそれに勝りました。


【声楽曲部門】

IMG_3370.jpg
2018/10/15 : ハイドン–オペラ : ステファニア・ヴォイトヴィチの挿入アリア(ハイドン)

このアルバムも知る人ぞ知るものでしょう。ハイドンの曲は挿入アリア1曲のみですが、それでもこのステファニア・ヴォイトヴィチという名ソプラノの素晴らしい声の異次元の美しさは伝わります。そして伴奏を担当するクルト・マズアも最高。ジャケットの品のいいデザインも含めて宝物となりました。


【映像部門】

EquilbeyCreation.jpg
2018/12/05 : ハイドン–オラトリオ : 【新着】エキルベイの天地創造Blu-ray(ハイドン)
2018/12/31 : Haydn Disk of the Month : Haydn Disk of the Month - December 2018

こちらは前記事で12月のベスト盤に取り上げたばかりのアルバムということで、詳しくはそちらをご覧ください。



昨年はここまででしたが、本年は部門を2つ新設です。ブログを確認してみると、2018年は随分とコンサートに出かけており、書いた記事も21件にもなります。やはり実演でしか味わえない音楽の魅力もあり、今後も時間が許せばできるだけコンサートには顔を出したいと思っています。ちなみにコンサートについてはハイドン以外のプログラム聴いており、表彰もハイドンものとそうでないものを分けて選ぼうかと思っております。


【コンサート部門(ハイドン)】

Antonini20181016.jpg
2018/10/18 : コンサートレポート : アントニーニ/ムローヴァ/読響によるハイドン・ベートーヴェン(サントリーホール)

HAYDN2032と題したシリーズでハイドンの交響曲全集を録音中のジョヴァンニ・アントニーニが初来日し、読響を振るということで出かけたコンサート。ハイドンはなんと「無人島」序曲1曲だけだったんですが、この「無人島」序曲がすごかった! 低く腰を落として全身全霊で指揮をするアントニーニの指示により、読響から聴いたこともない鋭い響きが繰り出され、まさに迫力満点。この1曲でノックアウトされました。今年聴いた最高のハイドンでした。そのあとのムローヴァとのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲と交響曲2番もアントニーニならではの前衛的な演奏で絶品でした。その日のアントニーニはもう一つ別の日に軍隊を聴きましたが、そちらは少しテンションが下がって想定内。次点はマルクス・シュテンツによる「哲学者」。こちらも生で初めて聴く哲学者でしたが、左右の掛け合いやユーモラスな展開を実に見事に描いた素晴らしい演奏でした。


【コンサート部門(ハイドン以外)】

Muza21081125.jpg
2018/11/27 : コンサートレポート : ズービン・メータ渾身の春の祭典(ミューザ川崎)

コンサートはハイドンに関わらずいろいろ行きましたが、今年一番感銘を受けたのはメータの春の祭典です。ヤンソンスの代役として登壇したメータでしたが、メータ自身も病み上がりで歩くのもおぼつかない体調。十分な演奏は期待できないかなと思いきや、シューベルトも春の祭典も、往時の重量級のメータサウンド炸裂。シューベルトの分厚い響き、春の祭典は横綱相撲、アンコールのチャイコフスキーの白鳥の湖は夢見心地。今年一番暖かい拍手が会場を包む感動的なコンサートでした。演奏内容だけでいえば、ロト/レ・シエクルの春の祭典などが素晴らしかったんですが、メータはもう聴くことができないかもしれない体調だけに、心に響きました。



以上、2018年のベスト盤でした。

なんだか書いているうちに長くなり、気づいたら日をまたいでしまっていました。喪中ゆえおめでたい挨拶はできませんが、2019年も細々とブログを更新していきたいと思いますので、今年もよろしくお願いいたします。

2019年が皆様にとって良い年になりますように。





にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

6 Comments

There are no comments yet.

katsudon

No title

あけましておめでとうございます。
本年もブログを拝読するのを楽しみにしております。

オーマンディ、私も愛聴しております。
日本では守備範囲が広すぎて「可もなく不可もなし」と片付けられる人ですね。ところがどっこい、その華麗なフィラデルフィア・サウンドに覆われて見落としがちですが、実は音楽の様式をしっかりと押さえて曲の本質を引き出す力に長けている人だと思っています。
そう感じたのは一時期、彼の1950年代のモノラル録音を集中して聴いた時だったのですが、音場状況が悪いのが逆に幸いして、彼の音楽の本質が聴けたような気がしました。中でもシベリウスの4番と5番の交響曲(米COLUMBIA ML5045)は彼の残したレコードの中でも白眉だと思います。

私の2018年のハイドン周りの音源で集中して集め、聴いたのは、米MUSICAL HERITAGE SOCIETYのエルンスト・メルツェンドルファー/ウィーン室内管弦楽団の交響曲全集です。
ハイドンの交響曲全集は、ドラティ、フィッシャー、デイヴィスの3つとずっと言われ続けていますが、メルツェンドルファーもLP49枚にわたり協奏交響曲と交響曲AとBを含め、1960年代に初めて全集を完成していることが、全く話題にならないでいたのは何故でしょうか?
メルツェンドルファーを初めて知ったのは、今から30年ほど前、彼が1950年代の中頃にモーツァルテウム管とDGに録音したモーツァルトのファゴット協奏曲(LPM18297 独奏はルドルフ・クレパック)だったのですが、素朴なでありながらも、楽興に溢れた暖かな音楽に魅せられました。
2年ほど前、そんな彼がハイドンの全集を残していると知り、手を尽くしてコツコツとレコードを集め始めて、現時点で42枚入手し、残りは7枚となりました。手に入れていない7枚のうち、0が4つ付くような値段のものもあり、42枚のほとんどを1枚700円程度で購入してきた身としては、そんな大金を叩いてまで手にするものではないと思っているので、気長に攻めて行こうと思っていた矢先、HMVのサイトにScribendumから33枚組CDで復刻され、10,000円弱で今月発売される旨掲載されており、「おやおや…」と思った次第です。まぁ、演奏は巧いとは決して言いませんが、彼の手堅さと温もりを感じるハイドンが、手にし易くなるというのは良いことだと思っております。

コンサートに目を移しますと、センチュリー響のハイドン・マラソンを置いておけば、ハイドン関係では6月のアルトシュテットとハイドン・フィルの演奏が強烈に印象に残っています。見た目も作る音楽も躍動感溢れるアルンシュテットに魅了されました。コンサートの視覚的要素の重要性を改めて感じた次第です。
ハイドン以外だと12月に紀尾井ホールで行われた、来日中のバイエルン放響のメンバーと紀尾井室内管のメンバーによるブルックナーの7番の室内楽版が秀逸でした。20世紀初頭にタイムスリップしたかのような浮遊感に包まれたちょっと得難い感覚を味わいました。
また、9月にウィーン赴いた際にシュターツオパーで観た「ナクソス島のアリアドネ」が心踊る素敵な公演でした。

というわけで今年も貴兄のブログに刺激を受けながら、ハイドン道を邁進したいと思います。
よろしくお願いいたします。

  • 2019/01/01 (Tue) 10:25
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

katsudonさん、今年もよろしくお願いいたします。

オーマンディの奇跡と時計、2018年の発掘の目玉でした。オーマンディは日本ではいまひとつ人気が出ませんでしたが、最近はその真価が再評価されつつあるようですね。私もこのアルバムで目から鱗。シベリウスの4番、5番がいいとのことで、Apple Musicを探したらNAXOSで復刻されていましので聴きながら書いています。金管のキレはまさにフィラデルフィアと思って聴いていると、弦の深い響きがさらに素晴らしいですね。状態の良いLPならなおさら素晴らしいでしょう。

メルツェンドルファーは楽しみですね。おっしゃるようにハイドンの交響曲全集はドラティが最初のものと見なされていましたが、それはドラティ盤の完成度があまりに高かったということで他が霞んでしまったのだと思います。全集には至りませんでしたがごバーマンの録音もつい最近までLPやHaydn Houseの復刻などで細々と知られていたのみであったのと状況は似ているのではないかと想像しています。いずれにせよ、メルツェンドルファー盤は手に入れて自分の耳でその出来を聴いてみたいと思います。

アルト・シュテットとハイドン・フィルのコンサートは私も聴き、素晴らしいコンサートでしたが、アントニーニの無人島序曲のインパクト、マルクス・シュテンツの見事なコントロールはそれ以上でした。

今年もまだまだ掘り起こすべき名盤が眠っているかと思いますので、発掘に精進したいと思います。引き続きよろしくお願いいたします。

  • 2019/01/01 (Tue) 12:43
  • REPLY

Skunjp

トリオ・ヴァンダラーが素晴らしいですね!

Daisyさん、ちょっと遅いですが、明けましておめでとうございます。今年もハイドンの記事、大いに楽しませていただきます。

さて、良いですね。トリオ・ヴァンダラー!

旧盤も大好きで、今日は3回も聴きました。はちきれるような健康的な若々しさ。ぴちぴちした若い少女のようで、それはジャケット写真の給仕する素敵な女の子のイメージとぴったりです。

新盤も良いですが、テンポが現代的に早くなり、ノンヴィヴラートも取り入れるなど、変化が見られますね。とてもしなやかではあります。


トッド・クロウも名演ですね。
あわてず騒がず、淡々としているようで、とても味わいが深く、スケールが大きいです。この人の持ち味は、リズムの切れを尖がらせないこと。甘くはないのですが、神経質ではなく、大人の音楽。その意味で、どこかバックハウスを思わせます。これからも楽しみに聴きこんでいきたいです。

いつも名盤をご紹介いただき有難うございます。これからも期待しています!(^O^)

  • 2019/01/04 (Fri) 23:08
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: トリオ・ヴァンダラーが素晴らしいですね!

Skunjpさん、いつもながら的確なコメントありがとうございます。励みになります!

ハイドンのピアノトリオといえば、当ブログでは一時、ヴィヴェンテ三重奏団旋風が吹き荒れたのが懐かしいですが、このトリオ・ヴァンダラーも素晴らしいですね。コメントをいただき再び旧盤を取り出して聴いていますが、鮮烈に千変万化する響きの魅力は現在でもトップクラスの名演です。これほど繊細な引き分けができるのが本当に羨ましいですね。ジャケットの絵の真意を見抜くあたりは、Skunjpさんも相変わらず流石の洞察力です(笑)

昨年はピアノもいいアルバムが色々リリースされましたが、私の一押し、トッド・クロウ、なかなかいいでしょう? ちょっと女性ファンが手に取りにくいアルバムかもしれませんが(笑)、特に緩徐楽章の表情の豊かさなど、一流どころに引けを取るどころか、このアルバム以上にセンス良く雄弁に語る演奏はなかなかありませんね。この響きからは確かにバックハウスを思わせます。

お返事遅くなりすみません!

  • 2019/01/06 (Sun) 21:42
  • REPLY

Skunjp

いやはや絶品でした!

こんにちは、Daisyさん

いやはや絶品でした!トリオ・ヴァンダラーの新盤!

今朝はじっくりスコアを見ながら聴くと、本当にこれはよく耳の肥えた人にだけ分る絶品の演奏でした。

「しなやか、軽妙洒脱に自在なリズムで遊びまわるように弾き進むピアノ」

Daisyさんのおっしゃる通りでしたね。ピアノの成長が著しいです。神韻渺茫というか、そんな境地?この人はピアノソナタを録音して欲しいです。

16年の歳月はピチピチで健康的な乙女をここまで変えました。妖艶なレディとなった彼女は決して多くを語らず、すっと去っていくのですが、その残り香で彼女が何と多くのことを語っていたかに気付く、そんな演奏?

深い…実に奥深い!

Daisyさんの耳には今回も脱帽です。

  • 2019/01/08 (Tue) 12:00
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: いやはや絶品でした!

Skunjpさん、いつもコメントありがとうございます。

トリオ・ヴァンダラーの新盤、神韻縹渺の境地と見抜かれましたか。
とりわけヴァンサン・コックの落ち着き払っているのに絶妙なるスリリングさを醸し出しているあたりの、静かな凄みの深さを見ぬかれましたな(笑) 聴けば聴くほど深い演奏だと感嘆する次第。いつもながら記事より深掘りしたコメント恐れ入ります。

こう言われてしまうと、さらなる名盤の掘り起こしに対するモチベーションが湧いてくるわけです。引き続きハイドン巡礼の旅を続けます(笑)

  • 2019/01/08 (Tue) 20:58
  • REPLY