作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

クルト・マズア/ベルリン放送響の交響曲5番、61番(ハイドン)

2
0
覇気みなぎる素晴らしい演奏!

IMG_3939.jpg

クルト・マズア(Kurt Masur)指揮のベルリン放送交響楽団(Berliner Rundfunk-Sinfonie-Orchester)による、ハイドンの交響曲5番、61番を収めたLP。収録情報は記載されていませんが、おそらく1971年のリリース。レーベルは旧東独ETERNA。

クルト・マズアはハイドンを振る印象はあんまりないのですが、いくつか録音があります。

2018/10/15 : ハイドン–オペラ : ステファニア・ヴォイトヴィチの挿入アリア(ハイドン)
2012/12/16 : ハイドン–交響曲 : クルト・マズア/イスラエル・フィルの88番ライヴ

だいぶ前に取り上げた88番のライヴは2008年の録音で、それほど踏み込んだ演奏ではなかったものの、最近取り上げた、ステファニア・ヴォイトヴィチのアリア集の伴奏は1970年代の録音で、とろけるような響きの美しい見事な演奏にハッとさせられたもの。この演奏の記事を書いたときに今日取り上げるアルバムの存在を知り、同じく70年代始めの演奏ということで探していたところほどなく見つかったという次第。マズアの略歴などについては88番の方の記事をご参照ください。

Hob.I:5 Symphony No.5 [A] (before 1762)
広い空間に広がる柔らかいオーケストラの響き。力みなく演奏を単純に楽しんでいるような無邪気ささえ感じさせるリラックス度合い。ハイドンの初期の交響曲は屈託のないメロディーを楽しむ曲。その本質を見抜くようにマズアはオケにほとんどを任せるようにニュートラルなスタンスで臨みます。ヴォイトヴィチ盤での素晴らしい演奏が思い起こされます。録音は若干の古さを感じさせなくはないですが、低音は厚めで迫力は十分。1楽章の拍子がずれる所での手慣れたリズムの処理も見事。
続くアダージョは滋味あふれる音楽。ゆったりと美しいメローディーを置いていきますが、とりわけ素晴らしいのがホルンのまろやかな音色。ホルンが重なることでオケ全体にまろやかさが加わり、これ以上しなやかなハーモニーはありえないほど。マズアは大きな起伏をしっかり出しながらも、小細工は一切なく、音楽を微塵の淀みなく流します。
ハイドンの交響曲の白眉、メヌエット。おおらかなリズムとざっくりとした表情が構えの大きい音楽を生み出します。トリオに入るとオケを抑えて柔らかなコントラストをつけます。
そして短いフィナーレも磐石のテンポで落ち着き払った演奏。完全にマズアの音楽に成りきっています。堂々として屈託のないハイドンの面白さ満点。

Hob.I:61 Symphony No.61 [D] (1776)
全くもって渋い選曲です。誰が5番と61番でアルバムを作りましょうか。しかもマズアの自然な感興が活きる選曲ということで、もしかしてマズア、ハイドンの交響曲を相当研究していたのかもしれません。そうでないとこの選曲はあり得ないでしょう。この曲でも冒頭から穏やかなマズアの覇気がはち切れてます。ホールに響き渡る力漲る響きに耳を奪われますが、どこにも力みはなく誠に自然な響きに痺れます。ドラティに一杯飲ませて酔わせたような演奏。ドラティのタイトさをリラックスさせていい具合にこなれさせた感じ。かといって緩いわけでもなく、完璧にリラックスさせたという意味でのこと。1楽章はハイドンの交響曲の面白さが全て詰まった見事な完成度。湧き出すエネルギーと推進力。晴朗なメロディーにオーケストラが気持ちよく響く見事な構成。この曲でも録音は見事。ETERNA恐るべしですね。
続くアダージョでは1楽章の興奮を冷ますように短調のほのかな陰りの深さを垣間見せたかと思うと、さっと光が差し込むように雰囲気が変わり、また陰るというようなデリケートな場面転換を繰り返しながらじっくりと深みを表現していきます。
そしてメヌエットは堂々とした演奏。陽光に輝く神殿のごときアルカイックなもの。完璧なバランスとピラミッドのような安定感。これ以上の演奏があろうかという出来に驚きます。そしてフィナーレも落ち着いて柔らかな響きでまとめてきます。オケが気持ちよく響き渡る快感に包まれます。それだけでなく中間の弱音部の丁寧な扱いも見事で、しっかりと起伏がつき、この曲の面白さを再発見した気分。

IMG_3941.jpg

いやいや絶品です。クルト・マズアという人、他の演奏はほとんど聴いていませんが、ヴォイトヴィチ盤や本盤など70年代のハイドンの録音は本当に素晴らしい。なんとなく強面の外見で損をしているようですが、この2枚で聴かれるハイドンは他に真似のできない自然さと慈しみ深さが表現されています。私自身もマズアがこのような演奏する人という認識はありませんでしたが、2枚揃ってしまうと、疑いなく実力でしょう。2015年に亡くなってしまいましたが、これから再評価されるのではないかと思います。LPの再生環境がある人は探して聞く価値のあるアルバムです。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

katsudon

No title

お世話になります。
この度は御母堂のご逝去、心よりお悔やみ申し上げます。私も4年前に5年ほどの介護の後に母を亡くしていますが、そんな中、音楽に心を支えてもらったという実感があり、音楽を好きでよかったと思ったものです。

さて、マズアのハイドンですが、このレコード、私も所有しております。
元々、マズアの音楽作り、特に一定の形を保ちながらも、そこにちょっとした輝きというか、木漏れ日というか、そういうものを感じさせてくれるところに共感するところがあり、ベートーヴェンの2つの交響曲全集、ブルックナーの全集、そして、シュミットと共演したモーツァルトのピアノ協奏曲全集は愛聴盤です。
このレコードに聴かれる音楽にもマズアの特徴がよく出ていると思います。
マズアのハイドンですが、もう1枚、ドレスデン・フィルと入れた96番と102番があり、こちらももちろんおススメです。(ETERNA 8 25 894 リリース:1971年) お手に入るようなら是非に。

余談ですが、1979年秋にゲヴァントハウスと来日した時、静岡でも公演があり、中3だった私は、ホール最前列でマズアのの指揮ぶりを、我を忘れて食い入るように見つめていたことを思い出します。マズアは交通事故で右手の指の何本かを切断していて、タクトを持たず指揮していました。
因みにプログラムは、モーツァルトの「皇帝ティータスの慈悲」、コンサートマスターだったかのカール・ズスケを迎えたベートーヴェンのコンチェルト、そして、リムスキー=コルサコフの「シェエラザード」でした。
興奮冷めやらぬ私は終演後楽屋に押しかけ、プログラムにマズアにサインをしてもらい、少し不自由そうな右手で握手をしてもらいました。若気の至りのよい思い出です。



  • 2018/12/05 (Wed) 09:53
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

katsudonさん、お気遣いいただきありがとうございます。

諸手続きに駆けずり回ったり、チケットを取ってあったコンサートに出かけたりしているうちに、時間が過ぎていくものですね。そんな中、音楽を聴くということで気がまぎれるというか、気持ちが楽になるというか、そうゆう感覚もあり、普段の生活に戻りつつあります。

さて、私の方はマズアはヴォイトヴィチの挿入アリア集の伴奏を聴くまではさしてマズアに目をつけていた訳ではありません。このアルバムで聴かれた艶やかな音色は相当な音楽性があってはじめて生み出せるもの。そして今回取り上げたアルバムでも、マズアのそうした美点が存分に聴かれました。

早くからマズアに目をつけられていたとのこと、流石です。70年代のマズアの実演の体験は大変貴重なもの。良い思い出ですね。

さて、マズアの96番と102番、別音源で手元にありますが、96番の方はオケがベルリン放送響です。ちょっと掘り出して聴いてみます。ETERNA盤も捕獲要ですね!

  • 2018/12/11 (Tue) 07:16
  • REPLY