オルランド四重奏団のOp.76のNo.1(ハイドン)

秋は夜には室内楽が聴きたくなります。今日のアルバムはこちら。

OrlandQClavigram.jpg

オルランド四重奏団(Orlando Quartet)による、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.76のNo.1、ヴォルフのイタリアセレナーデ、シューベルトの弦楽四重奏曲Op.29(D.804)の3曲を収めたLP。収録は1987年5月、収録場所の記載はありません。レーベルはPHILIPSではなくCLAVIGRAMというオランダのレーベル。

オルランド四重奏団ならびに、その出身者によるパルカニ四重奏団の素晴らしい演奏は、昨年、記事にしています。

2017/09/24 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : パルカニ四重奏団のOp.54(ハイドン)
2017/08/27 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : オルランド四重奏団のOp.54(ハイドン)

オルランド四重奏団は1976年、オランダで設立され、1997年に解散しました。その間第1ヴァイオリンが2回変わっています。

1976–1984 イストヴァン・パルカニ(István Párkányi)
1985–1990 ジョン・ハーディング(John Harding)
1991–1997 アルヴィド・エンゲゴール(Arvid Engegård)

今日取り上げる録音は2代目のジョン・ハーディングが第1ヴァイオリンを務めており、メンバーは下記の通り。

第1ヴァイオリン:ジョン・ハーディング(John Harding)
第2ヴァイオリン:ハインツ・オーベルドルファー(Heinz Oberdorfer)
ヴィオラ:フェルディナント・エルブリヒ(Ferdinand Erblich)
チェロ:シュテファン・メッツ(Stefan Metz)

前に記事にしたOp.54はオルランドのデビュー盤で1980年の録音、そしてCD化されているOp.76のNo.4、No.6が82年のリリースと、双方創設メンバーのイストヴァン・パルカニが第1ヴァイオリンを務めたものであるのに対し、今回は2代目のジョン・ハーディングに変わっています。ということで、第1ヴァイオリンの変更がアンサンブルをどう変えたかということが聴きどころになるでしょう。
初代第1ヴァイオリンのパルカニは1998年に第2ヴァイオリン、ヴィオラメンバーと新たなチェロのメンバー迎えてパルカニ四重奏団を結成した件についてはパルカニ四重奏団の記事に書いた通りです。

前置きが長くなりましたのでレビューに入りましょう。

Hob.III:75 String Quartet Op.76 No.1 [G] (1797)
いつものようにVPIのクリーナーで綺麗にクリーニングしてから針を落とすと、最初の和音がまるでPHILIPSの録音のように鮮明かつ柔らかな響きで鳴り響き安堵させます。録音は万全、LPのコンディションは表面にはかすり傷が見られるものの、ノイズは全くなく非常に良いコンディション。あのオルランド盤の伸びやかかつ素晴らしい響きは変わらず、新たな第1ヴァイオリンのハーディングも端正かつ伸びやかな演奏で、オルランド四重奏団という伝統がしっかりと引き継がれていることがわかります。1楽章から素晴らしい安定感で伸び伸びとした演奏に惹きつけられます。
素晴らしかったのが続くアダージョ・ソステヌート。非常にデリケートなデュナーミクの変化とくっきりとメロディーラインを浮かび上がらせるアンサンブルのバランスは円熟の境地を感じさせます。響きは単調にならずどの音にも豊かな表情が宿る深みがあり、4人の行きもピタリとあって、ことさら弱音部の美しさは見事なもの。ここにきて、ハーディングの濡れたように深みのある高音域の美音がさらに華を添えます。
メヌエットはオーソドックスに小気味好くキレを感じさせるものですが、トリオではぐっとテンポを落としてゆったりとコミカルなメロディをじっくり聴かせ、対比を鮮明に印象付けます。トリオの部分は録音の良さにより響きの美しさが際立ちます。
そしてフィナーレも力みなく弓が滑らかに走ることでキレ味抜群。終楽章ではかなり自在にテンポを動かしてフレーズごとにはっきりと表情をつけていきます。しかも表情の切り替えに余裕があり、もはや至芸。この曲の終楽章では最も印象的な演奏となりました。

IMG_3367_20181014114430a3f.jpg

オルランド四重奏団による、Op.76のNo.1、やはり期待通りの素晴らしい演奏でした。素晴らしい録音であることもあり、ハイドンのクァルテットを一流どころが演奏すると、これほどまでに深い音楽になるのかという見本のような演奏。楽譜に込められたハイドンの創意をしっかりと汲み取って素晴らしい演奏にまとめる類まれな音楽性を持ち合わせているということでしょう。このところコンサートではハイドンの曲が前座になるようなケースが多く、やはりハイドンを演奏することはテクニック上ではなく、音楽として難しいということなんでしょう。オススメ盤です。評価はもちろん[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベートーヴェンベルリオーズバッハウェーベルンナッセンベンジャミングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲モーツァルト交響曲9番交響曲67番交響曲65番弦楽四重奏曲Op.76交響曲39番交響曲61番狩り交響曲73番リームピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:20四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフ弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノ三重奏曲第九オックスフォードヒストリカル太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番時計シューベルトロンドン天地創造交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーピアノソナタXVI:52チェロ協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲軍隊ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:49ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74チマローザ無人島変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェアルミーダ騎士オルランド英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:4弦楽四重奏曲Op.20交響曲3番古楽器交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番驚愕交響曲27番交響曲19番交響曲58番ショスタコーヴィチ紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39マーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃SACDライヴ録音武満徹交響曲81番交響曲80番交響曲21番マリア・テレジア豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲10番交響曲11番交響曲12番交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31パレストリーナモンテヴェルディアレグリバードタリス美人奏者迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオカノンモテットオフェトリウムドイツ国歌弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
66位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
6位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ