作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

ウィリアム・バーガーのオペラアリア集(ハイドン)

2
0
声ものが続きます。オペラの賑わいと楽しさが詰まったナイス・プロダクション!

WilliamBerger.jpg
amazon / TOWER RECORDS / HMV&BOOKS online

ウィリアム・バーガー(William Berger)のバリトン、ニコラス・マギーガン(Nicholas McGegan)指揮スコットランド室内管弦楽団(Scottish Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドン、モーツァルト、チマローザのオペラから抜き出したアリアなど16曲を収めたSACD。収録は2012年7月23日から27日にかけて、エジンバラのアッシャーホール(Usher Hall)でのセッション録音。レーベルはLINN。

アルバムタイトルは"HOMMAGE À TROIS"。英語にすると”Tribute to three”。アルバムの内容を踏まえると「3人の偉大な作曲家への賛辞」とでも訳すのでしょうか。そう思ってライナーノーツの英文解説をパラパラと眺めてみると、「ハイドンへの賛辞」、「モーツァルトへの賛辞」、「チマローザへの賛辞」という記述があり、まさにタイトル通りであり、収められている曲もこの古典期の偉大な3人の作曲家による素晴らしいオペラのアリアばかりです。

このアルバムのメインのアーティストはバリトンのウィリアム・バーガー。わたしは初めて聴く人です。南アフリカ生まれで、ロンドンの王立音楽アカデミーで学び、多くのコンクールで表彰されて頭角を表し、現在は世界のオペラハウスで活躍している人。録音の方はヘンデル、モンテヴェルディなどの古楽が多いようです。

指揮のニコラス・マギーガンはハイドン好きな方にはおなじみでしょう。指揮ばかりではなく、フォルテピアノやフラウトトラヴェルソまで嗜む多芸な人。

2016/01/26 : ハイドン–室内楽曲 : ガメリート・コンソートのピアノ三重奏曲など(ハイドン)
2015/05/09 : ハイドン–交響曲 : 絶品、ニコラス・マギーガンの交響曲集第2弾(ハイドン)
2011/09/03 : ハイドン–交響曲 : 【新着】ニコラス・マギーガンのロンドン、88番、時計

マギーガンの交響曲集の第1弾の2008年録音のロンドンなどのアルバムはちょっと硬さがありましたが、2014年録音の第2弾は自在さの際立つ素晴らしい出来。そもそも1982年録音のマギーガンがメンバーであったガメリート・コンソートでの演奏も自在さが印象的な録音でした。

そして、今日取り上げるアルバムは、マギーガンの自在なフレージングオペラの一場面がイキイキと描かれる見事な演奏が詰まった素晴らしいアルバムです。いつものようにハイドンの曲のみ取り上げますが、モーツァルトはフィガロの結婚、ドン・ジョヴァンニ、コジ・ファン・トゥッテ、魔笛からのバリトンの傑作アリアが目白押しです。

ハイドンのオペラは歌詞の日本語対訳が手元にない曲も多いですが、ライナーノーツの英語訳の歌詞を見ながら想像力を駆使してアリアを味わいます(笑) アリアのタイトルもGoogle翻訳などを駆使して訳してみましたが、正しいかどうかはわかりませんことご容赦を(笑)

Hob.XXVIII:9 "L'isola disabitata" 「無人島」 (1779)
第1幕、エンリコ(Enrico)のアリア"Chi nel cammin d'onore"「名誉を得ようとする者」
アルバム冒頭に置かれたハイドンの作品。LINNレーベルのSACDということでオーディオ的に録音も秀逸ですが、曲調を考えるともう少し残響を取り込んでオペラハウスでのライヴのような雰囲気が感じられるとさらによかったかもしれません。ハイドンらしいイキイキとした晴朗な伴奏が痛快。オケの豊かな表情は流石マギーガン。ウィリアム・バーガーのバリトンはかなり高い音域まで伸び伸びとして、コミカルな表情もうまくこなしてます。明るい曲調からの転調の場面の面白さを含む挨拶がわりの1曲。

続いてフィガロの結婚から第3幕アルマヴィーヴァ伯爵とスザンナのデュエット「ひどいやつだ」、その続きのアルマヴィーヴァ伯爵のレチタティーヴヴォ「もうお前の勝ちだと言ったな」の2曲を挟んで、再びハイドン。

Hob.XXVIII:13 "L'anima del filosofo, ossia Orfeo ed Euridice" 「哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ」 (1791)
第1幕、クレオンテ(Creonte)のアリア"Il pensier sta negli oggetti"「我々の考えは我々の愛情の対象に関するもの」
今度はゆったりとした癒しに満ちた序奏に乗って優しげなバリトンによる癒しに満ちた歌唱。モーツァルトほどのメロディーのわかりやすさはないものの、実に慈しみ深い雰囲気に包まれるハイドンの熟達の技。場面の雰囲気を描く描写力の素晴らしさ。バリトンのしっとりとした歌を際立たせる控えめなオーケストレーションが素晴らしいですね。マギーガンもそれを察してゆったりとした場面に徹する見事なコントロール。

Hob.XXVIII:12 "Armida" 「アルミーダ」 (1783)
第2幕、イドレーノ(Idreno)のアリア"Teco lo guida al campo"「彼を陣営に連れて行くがいい」
まさに戦いに連れ出されんばかり人を勇気付ける音楽。ここでも転調をうまく使って心理描写をしているよう。高らかに響き渡る柔らかなバリトンが印象的。行進曲風の触りの部分が戦場を想起させ、すぐに心細さを交錯させ、最後は勇敢さを表すような堂々としたバリトンの歌唱で終わる、またまた見事な構成。いつもながら構成の面白さはハイドンならでは。通好みのポイントです。

Hob.XXVIII:11 "Orlando Paladino" 「騎士オルランド」 (before1782)
第2幕、エウリッラ(Eurilla)とパスクァーレ(Paswuale)のデュエット"Quel tuo visetto amabile"「あなたの愛らしい表情」
このアルバムに何曲か仕込まれたソプラノとのデュエット。ソプラノはキャロリン・サンプソン(Carolyn Sampson)。今度は可憐な曲。天地創造のアダムとエヴァのデュエットを想起させるソプラノとのデュエット。これまでの曲はどの曲もアリアの途中で転調を実に巧みに使って心理描写を行なっていますが、この曲でもバッチリ決まります。途中のコミカルな掛け合いはモーツァルトばり。実に楽しいデュエット。

そのあと聴き慣れたモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」から第1幕レポレッロのアリア「みんなで楽しくお酒を飲んで」、第2幕ドン・ジョヴァンニのカンツォネッタ「おいで窓辺に可愛い娘」と続きます。情景描写の鮮明度は流石モーツァルトですが、メロディー任せのモーツァルトに、音楽の構成をフルに利用するハイドンと音楽の作りの違いを浮かび上がらせます。

Hob.XXVIII:8 "La vera costanza" 「変わらぬまこと」 (before 1779)
第2幕、ヴィロット(Villotto)のアリア"Gia la morte in mante nero"「黒いマントを纏って息絶えて」
またまた癒しに満ちた音楽に包まれます。柔らかなオーケストラの響きに漂うように優しさに満ちたバリトンが重なります。メロディーの美しさとオーケストレイションの巧みさに圧倒されるアリア。マギーガンの自在なフレージングで変化に満ちた曲の面白さが際立ちます。

第1幕、ヴィロット(Villotto)のアリア"Non sparate... mi disdico..."「撃たないで、、、諦めるから」
タイトルからいだくイメージとはちょっと異なる明るい曲。おそらくコミカルさをベースにした場面なんでしょう。千変万化する伴奏の面白さに釘付けです。リズムの変化と表情の変化の巧みさが際立ちます。ハイドンの曲はここまで。

この後コジ・ファン・トゥッテから「彼の苦しみを見て下さい」、魔笛から「恋を知るほどの殿方には」と「パパゲーノ」の2曲が続きますが、特に「パッ、パッ、パッ」から始まるパパゲーノのアリアは名曲ですね。昔よく聴いたショルティ盤のヘルマン・プライを思いだします。だんだん楽しさが増してきました!

そして最後に置かれたのはチマローザの「宮廷楽士長」という登場人物が宮廷楽士長1人の短いオペラから、シンフォニア、"Se mi danno il permesso"「もし、あなたが許してくれたら」 、”Ci sposeremo fra suoni e canti”「私たちは音と歌にかこまれて結婚します」。これが実にコミカルで面白い音楽。ちょっと調べたところ下記のサイトに解説がありました。

高砲おやじの気ままなブログ:チマローザ 「宮廷楽士長」

ハイドンは1890年代にエステルハーザでチマローザのオペラを13曲演奏した記録があるそうで、チマローザの音楽がハイドンの作曲にも影響を与えたものと思います。この砕けた音楽の面白さをマギーガンとバーガーが見事に表現。この曲をアルバムの終わりに持ってきた意図も伝わりました。

ウィリアム・バーガーとニコラス・マギーガンによるハイドン、モーツァルト、チマローザの3人の作曲家の作品を集めたアルバムでしたが、この楽しさは聴いていただかないと伝わらないでしょう。音楽の楽しさが詰まった好企画です。オペラが好きな人は必聴のアルバムでしょう。ハイドンのアリアは全曲[+++++]とします。



にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

sifare

所持CD

Daisyさん、こんばんは~
自分の手持ちのCDについてのDaisyさんの記事を読むのはとても嬉しいです!
このアルバムは企画が楽しく私もお気に入りの一枚です。こういうアイデアを披露してくれるアーティスト達のCDなどを探すのも楽しさの一つ。

9月のクラシカジャパンではサイモン・ラトルの特集をされるようですが、その中で「想像上のオーケストラの旅」ハイドン(ラトル構成)の演奏会を2つ放送予定なのでそれも楽しみにしています。(「四季」も)ハイドンを取り上げてくれるのは嬉しい限りです。

先日はお返事有難うございます!(^^)

Daisy

Re: ウィリアム・バーガーのオペラアリア集(ハイドン)

sifareさん、コメントありがとうございます。

まさに楽しい企画のアルバムですね。1曲づつ録音してるんでしょうが、だんだんと後半に行くに従って盛り上がって来るのが不思議なところ。とりわけチマローザは楽しいですね。このような並びのコンサートがあったらさぞかし盛り上がるでしょう!

9月のクラシカ、面白そうですね。ラトルのアルバムは聴いていますが、映像の方が楽しめそうです。
契約するかな〜(^_^)

  • 2018/08/30 (Thu) 06:56
  • REPLY