ヴンダーリヒの四季

今日はフリッツ・ヴンダーリヒの歌うハイドンのオラトリオ「四季」。

Wunderlich.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

このアルバムは最近手に入れたもの。2010年7月発売のものです。
指揮はハンス・ミュラー=クライ、オケは南ドイツ放送交響楽団(シュトゥットガルト放送交響楽団)、合唱はヘッセン州立放送合唱団。録音は1959年5月24日。今から51年以上前の録音ですね。
ソロは、ルーカスがフリッツ・ヴンダーリヒ、ハンネがアグネス・ギーベル、シモンがキース・エンゲン。もちろんアルバムのジャケットがヴンダーリヒであるように、このアルバムはヴンダーリヒを聴くべきアルバムでしょう。

ヴンダーリヒについて調べると、いくつかサイトがありました。

Wikipedia:フリッツ・ヴンダーリヒ
Fritz Wunderlich - The Great German Tenor(ファンサイト英文)

後者のディスコグラフィを調べると、ヴンダーリヒのハイドンは、四季については本アルバムの演奏のみ。天地創造は以前取り上げたカラヤンとの2組のアルバムの他に、58年にハイティンクとも演奏した記録があるようで、こちらはリリースされたことがない模様。他にテレジアミサ、戦時のミサなども同様演奏記録があるようですね。

ヴンダーリヒといえば、もちろんカラヤン/ベルリン・フィルとの天地創造ですが、私が一番聴き込んで来たのはクレンペラー、ルートヴィッヒとのマーラーの大地の歌。最初は代々木のジュピターレコードで購入した、仏パテ盤のLP。素晴らしくクリアな美音で、そしてヴンダーリヒの絶唱で大地の歌の神髄を堪能しました。このアルバムは特別音が良く、今でも手放せませんね。

さて、本アルバムの演奏ですが、放送用の録音とのことで、ミュラー=クライの四季は非常に安定したオーソドックスなもの。奇を衒ったところは微塵もなく、安定感重視の演奏。録音はモノラルで、少々眠い感じもありますが、音楽を楽しむのには支障はありません。

ヴンダーリヒ目当てでしたが、またもソプラノのギーベル、バスのエンゲンともにいいですね。ヴンダーリヒの夢のような美声、ギーベルの透明感溢れる可憐なソプラノ、エンゲンのバスは高域の伸びが非常に美しく、歌手は粒ぞろいですね。ギーベルは好きなタイプの声ですね。
トラック5のシモンのアリア(驚愕の2楽章がモチーフとなっている曲)、バスのソロながら非常に華があっていいですね。つづくトラック6のレシタティーヴォでヴンダーリヒの更なる美声に切り替わり、トラック7の3人の合唱に入り、ハンネが加わるまでの流れ、まさに美声の競演の趣。
トラック10の春のクライマックス、特徴的な低音弦のメロディーを迫力で聴かせるというより、バランス重視のまとまりのよいクライマックス。そういった意味ではミュラー=クライのコントロールはよく利いていることになりますね。

もしかしたら、ハイドンが天地創造で頂点を極めた後の,力を抜いて農民の日常の悦びを描いた四季の本質をついた表現なのかも知れませんね。

夏以降も基本的に同様の進行。評価は[++++]としました。歌なら文句なく[+++++]なんですが、オケと指揮の一段の覇気が欲しいところと少々古めの録音であることで、少々割り引きです。
タグにはおすすめ盤をつけました。ヒストリカルな演奏が好きな方にはおすすめです。


今日は仕事は所用にて午後半休。実家の用事をすませて、地元府中のなじみの韓国料理「陽だまり」へ。

食べログ:韓酔房 陽だまり

IMG_0513.jpg
実家でビールを飲んできたので、最初は柚子サワーから。

IMG_0514.jpg
手羽先。韓国風に辛いタレがからめてあり、美味。

IMG_0515.jpg
チャプチェ。味がしみていい感じ。

IMG_0516.jpg
カンジャのチヂミ。豚とジャガイモ。ここのチヂミはほくほく感があって絶品。

IMG_0517.jpg
少し飲み足りなかったので、生姜酒をオーダー。赤いふたの大瓶が生姜酒。大量の生姜を漬け込んだお酒。お湯割りをすすめられたので、素直にお湯割りに。飲む前から生姜の香りがすごい。暑い日にこうゆうのもいいものです。飲んだ後体中ぽかぽか。

ぽかぽかな余韻の中、四季の名演奏を聴きブログ執筆。
明日一日働けばまた土日ですね。お盆にお勤めのサラリーマンの皆様は、ハイドンの時代で言えば立場は農民。働く悦びを感じながら、お盆もともに働きましょう(笑)
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 四季 ヒストリカル おすすめ盤 ジュピターレコード

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ