作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

Haydn Disk of the Month - June 2018

2
0
毎月あっという間に月末になる今日この頃(笑) 東京は7月に入る前に梅雨明けを迎え、すでに灼熱の季節に入ってしまいました。仕事や介護でドタバタとしているのは変わらず。なかなかこれという演奏に出会う頻度も落ちて記事数も伸びないのも例月通りとなってしまいました。

IMG_2198.jpg

写真はサブシステムのラック。中段の黒い機器はYAMAHAのT-2というチューナー。先日長年物置にしまってあったものを久しぶりに取り出し、つないで電源スイッチを入れると、何事もなかったように動きました。FM放送からはかなり遠ざかっておりましたが、久々に聴くとなかなかいいもんですね。しかも音もかなりリアル。自然な空間の広がりがよく出るんですね。プリメインはARCAMのFMJ-A32でこちらも現役ですね。何かを選んで聴くというのが続いていますが、放送はながら聴きして、思わぬ発見があるというのが面白いところ。しばらくFM放送も楽しんでみたいと思います。



さて、本題ですが、6月にレビューしたアルバムからベスト盤を選ぶ月末恒例の企画。今月もレビュー数は少ないものの、表彰に値する素晴らしいアルバムには事欠きませんでした!

TrioWandere2018.jpg
2018/06/06 : ハイドン–室内楽曲 : 【新着】絶品! トリオ・ヴァンダラーのピアノ三重奏曲集第2弾(ハイドン)

どうやら6月に全国を来日公演で廻っていたトリオ・ヴァンダラー。その最新盤のハイドンのピアノ三重奏曲集の第2巻。第1巻も素晴らしかったんですが、この第2巻はさらに余裕が出て、天真爛漫な演奏。お互いの音に超敏感に反応して弱音部のデリケートさは筆舌に尽くしがたいほど。これほど面白いアンサンブルはなかなかありませんし、それがハイドンのピアノ三重奏曲の魅力を見事に表現しています。ピアノトリオの入門盤としても絶好のものです。未聴の方は是非!



今月聴いたそのほかのアルバムは以下のとおり。

2018/06/29 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第4巻(ハイドン)
2018/06/27 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : コダーイ四重奏団のOp.1のNo.1からNo.4(ハイドン)
2018/06/23 : ハイドン–ピアノソナタ : ルービンシュタインのアンダンテと変奏曲(ハイドン)

飯森範親のハイドンマラソンシリーズは第4巻となり、内容も巻を追うごとに良くなり、この第4巻は全曲いい出来ですが、特に27番が秀逸。千変万化する響きを巧みな装飾音を散りばめてまとめる華麗な演奏です。コダーイは鉄板。最近弦楽四重奏曲全集のオススメを聴かれるとコダーイを勧めています。そして、遅まきながらルービンシュタインのおそらく唯一のハイドンの録音を通して、この人の凄さを知った次第。それぞれ色々聴いた上でレビュー記事にした名盤ですので、こちらも皆オススメです。



さてさらに追記です。6月30日は以前から計画していた、当ブログの読者の方が集まっての第3回のオフ会を開催。この日にサントリーホールで行われたコンサート(別記します)後の時間に近くのお店に集まって楽しい時間を過ごしました。

IMG_2270.jpg
右からHaydn2009さん、だまてらさん、私、そして今回初登場のkatsudonさん。

昼のコンサート終了後ということで中途半端な時間だったため、インドカレーやさんという集まりのコンセプトとは全く関係ないお店での開催でした。もちろん話題はコンサートのことやハイドンのこと、皆さんのお仕事のことなど、日頃コメントのみのお付き合いのお仲間との交流を楽しみました。もちろんハイドンに関しては折り紙つきのマニアでいらっしゃいますので、一般人に全く理解できないニッチな話題で盛り上がりました。この後、仕事の都合で時間に間に合わなかった小鳥遊さんが合流して京橋で二次会。小鳥遊さん加入で話題はさらにディープに(笑) 意外なオススメの演奏やらオーディオの話など前回、前々回同様楽しい時間となりました。

皆さま、またの機会にもよろしくお願いします!



2018年6月のデータ(2018年6月30日)
登録曲数:1,363曲(前月比±0曲) 登録演奏数:10,870(前月比+20演奏)





にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

だまてら

No title

Daisyさん、30日の土曜日は(勝手参加ではありましたが・・・)コンサートからオフ会、二次会まで大変お世話になりました。
コンサートは、プログラムでは協奏曲のカデンツァが、そしてアンコールで演奏された〇〇番のフィナーレ(作品50-1のフィナーレに似ていると、いつも思います!)が白眉でした。詳細は、この後のコンサートレポート記事でお願いします・・・。
オフ会は、いつもの事ですが「勉強し直して参ります」とばかりにまだ精進が必要なところを痛感しながらも、それが気にならない楽しい語らい。早くも次回の開催時期が気になってしまいます。

  • 2018/07/02 (Mon) 20:46
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

だまてらさん、土曜日はありがとうございました!

アルトシュテットの振るハイドンフィルは素晴らしかったですね。記事の方は後少しでアップできるところまで書きましたのでお待ちください(^_^)
オフ会の方は実質上の発起人はだまてらさんですので、またキュー出しの方、よろしくお願いいたします。一次会の方も二次会の方も前回同様楽しい会となりました。特に若手のホープ小鳥遊さん加入後はマイナー盤情報が乱舞するオフ会ならではの濃さで、いつもながら収集活動の奥行きに舌を巻くばかり。終了後メールにて晩の名盤(秘密!)の存在も確認されたということで、これから狩に入ります!

またの機会もよろしくお願いいたします。

  • 2018/07/03 (Tue) 06:43
  • REPLY