作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】ポール・ルイスのピアノソナタ集(ハイドン)

4
0
なぜかピアノの新譜が続きます。

PaulLewis.jpg
TOWER RECORDS / amazon(mp3)/ HMV&BOOKS onlineicon

ポール・ルイス(Paul Lewis)のピアノによるハイドンのピアノソナタ4曲(Hob.XVI:49、XVI:50、XVI:32、XVI:40)を収めたアルバム。収録は2017年4月15日、8月20日から22日にかけて、ベルリンのテルデクススタジオ(Teldex Studio Berlin)でのセッション録音。レーベルはharmonia mundi。

このアルバムはリリースされたばかりのものですが、先日当ブログのマルクス・ベッカーの記事を取り上げていただいたyoshimiさんのブログの記事のコメントでその存在を知り、注文を入れていたもの。

どうやら巷では話題のポール・ルイスですが、私は存在も含めて初めて聴く人です。調べてみるとこのアルバムがリリースされているharmonia mundiからベートーヴェンのピアノソナタ全集や、イルジー・ビエロフラーヴェクの振るBBC響とのピアノ協奏曲全集、マーク・パドモアとのシューベルトの主要歌曲、主要ピアノソナタ集などを次々とリリースしており、いずれもなかなかの評判ということで、harmonia mundiの看板ピアニストといったところ。ハイドンの未聴盤の発掘に極度に偏ってアルバムを収集している私だけが知らぬ存在だったというのがオチでしょう(笑)

いつものように略歴をさらっておきましょう。1972年英リバプール生まれで、マンチェスターのチェタム音楽学校、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校などで学び、その後はアルフレート・ブレンデルに師事。1994年にロンドン国際ピアノコンクールで2位に入賞したのを皮切りにその後多くのコンクールでの入賞を経て欧米のコンサートや音楽祭で活躍するようになります。2005年から2007年にかけて欧米のコンサートでベートーヴェンのピアノソナタ全曲を演奏するのと並行し、harmonia mundiに全ソナタを収録し、それぞれのアルバムがGramphone誌のEditor's Choiceに選定された上、第4巻は同誌の最優秀器楽賞と2008年の年間ベストアルバムに選定されており、このことがポール・ルイスの名を世界に轟かせたのでしょう。以後の活躍、アルバムのリリースは先に触れたとおりです。

さてさて、なんとなくアルバムが届いてから記事にしようとしているうちに、yoshimiさんのブログで取り上げられました。レコード芸術の5月号にインタビューも掲載されており、その引用も含めてyoshimiさんのブログに詳しく触れられていますので、是非ご覧ください。

気ままな生活 ポール・ルイス ~ ハイドン/ピアノ・ソナタ集

私の方は、前記事で取り上げたトッド・クロウの演奏の余韻が残る中、曲ごとに演奏の特徴に触れておきましょう。

Hob.XVI:49 Piano Sonata No.59 [E flat] (1789/90)
非常に艶やかで磨かれたピアノの響きが心地よい録音ですが、低音はあえて抑え気味にして中高音域の美しさを強調しようとしている感じ。リアリティよりも雰囲気重視の録音。全ての音が艶やかに響くところはブレンデルに師事したというのが頷けるところ。トッド・クロウのしみじみと語るような語り口の上手さとは表現の角度が異なり、グイグイと弾き進めながらも多彩なタッチの変化で聴かせます。推進力があり、淀みなく音楽が流れていきます。1楽章はハイドンのソナタの喧騒感を上手く表現しています。
続くアダージョ・カンタービレは思ったほど沈まず、美しい音色でメロディーを包み込むような演奏となります。柔らかなさざなみに乗って装飾を凝らした主旋律がくっきりと浮かび上がります。
そして終楽章も楽章間の表現の差はあまり感じさせず、軽やかな躍動感を軸にさらりと弾き進めてまとめます。

Hob.XVI:50 Piano Sonata No.60 [C] (probably 1794)
演奏スタイルは前曲と同様、曲ごとの変化を感じさせることなく、センス良くまとめる力で演奏している感じ。この曲でも落ち着かないほどグイグイとひっぱていくのがポール・ルイス流なんでしょう。時折りふっと静けさを感じさせる他は一貫して攻め続けていく感じ。場面転換の瞬間瞬間のはっとさせるようなアイデアは流石なところ。アダージョは前曲よりもしっとり感が出てきて、要所でテンポも大きく動かすことで表現の幅が大きくなります。終楽章に入ると表現はさらに大胆なひらめきが散りばめられ、ポール・ルイスの面目躍如。最後の力の抜き方も見事です。

Hob.XVI:32 Piano Sonata No.47 [b] (1776 or before)
この曲は師であるブレンデル盤が刷り込みです。ブレンデルの力感とコクが新鮮なセンスで刷新されたような演奏。全般にライトな印象はやはり録音の影響もありますが、この曲独特の重さを少し軽減して儚い華やかさを感じさせるのが流石なところ。この華やかさが続くメヌエットにも引き継がれ、得も言われぬような美しいメロディーが漂います。軽やかな中にトリオの険しさが顔を覗かせることで曲のメリハリがつきます。フィナーレは目の覚めるような鮮やかなタッチの右手とゴツゴツした左手の織りなす見事な調和で一気に聴かせます。

Hob.XVI:40 Piano Sonata No.54 [G] (c.1783)
最後にしっとりと落ち着いた語り口も聴かせようという意図での曲順でしょうか。どちらかというとセンスとタッチのキレ味で聴かせるルイスのハイドンですが、ここにきて静寂感と詩情が溢れる演奏でアルバムに深みが加わります。ルイスのしっとり感はそれでも軽やかさと華やかさを失わないのが流石。ブレンデルのような骨太な印象とは逆に良い意味で線の細いところがそう感じさせるのでしょう。
終楽章はやはりタッチの鮮やかさが聴かせどころ。あまりに鮮やかなタッチで若干技巧披露的な余韻がついちゃいました。

ポール・ルイスによるハイドンのソナタ集でしたが、ルイスの閃きに満ちた鮮やかなタッチが楽しめるいいアルバムでした。ジャケットを見るとピアノの横に自信ありげにすっくと立つポール・ルイスの姿が印象的ですが、よく見ると左側のピアノの黒にうっすらと数字の1が浮かび上がっています。レコード芸術誌のインタビューでも来年ハイドンのソナタ集の2枚目がリリースされると触れられていますが、これまでのルイスの録音歴を考えると全集化もあり得ると思います。数枚リリースするアルバムの1枚目にわざわざ1とは書かないのが普通ですよね。ということでこれからが楽しみな企画になりました。評価は全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

yoshimi

ルイスらしいハイドンでした

こんにちは。ブログ記事のご紹介、どうもありがとうございます。

ルイスは録音も多くPROMSの常連ですから、欧米では有名でしょうが、日本ではシューベルト好き以外には、それほど知られていないような気がします。

このCDは音質が良いのがいいですね。
ルイスの音色は明るく陰翳が薄いですし、外向性・陽性で明快なところは、"温和で明るい(初期の)ベートーヴェン"みたいな感じがしました。緩徐楽章でもさらっと軽やかなのもルイスらしいです。

ケースとジャケットのグレーの「1」、初めて気が付きました。3枚目以降もでてきそうな雰囲気ですね。

Daisy

Daisy

Re: ルイスらしいハイドンでした

yoshimiさん、コメントありがとうございます。

ルイスの過去の録音の流れを見ると、ベートーヴェンもシューベルトもなんとなく網羅的に録音してきていますので、ハイドンもかなりの枚数録音するのではないかと予想しています。シューベルトで歌曲にも挑んだように、ハイドンでもピアノトリオにも踏み込んでくれることも期待しちゃいます。

ピアノという楽器、奏者によってこれほどまでに異なる印象を与えるとは、やはり深いですね。

  • 2018/05/15 (Tue) 22:28
  • REPLY

井上幸治

いつも楽しく拝読させて頂いております。

アルチュール・アンセルというピアニストのソナタ集、メロディアからの新譜ですが、お聴きになりましたか?ピアノで弾いていますが、バロック的アプローチで面白いです。こんなハイドンもアリか、と。お好みに合うかわかりませんが。

Daisy

Daisy

Re: いつも楽しく拝読させて頂いております。

井上さん、コメントありがとうございます。

アルチュール・アンセルのアルバム、すでに記事に取り上げたポール・ルイスのアルバムと一緒に手に入れて聴いています。メロディアらしからぬ垢抜けた造りで、演奏はハイドンのソナタにこれほどまでに装飾を施した演奏はこれまでになかったのではと思わせるものですね。なんとなくピアノというよりハープシコードで演奏するような演奏に聴こえました。あえて淀んだリズムを刻んだりしながら音楽を組み立てていく手腕は斬新で、なかなか聴きごたえがある演奏です。トッド・クロウにポール・ルイスと名盤が続いたので記事にし損ねていたというところです。

今後ともよろしくお願いいたします!

  • 2018/05/18 (Fri) 23:53
  • REPLY