作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第3巻(ハイドン)

8
0
飯森範親と日本センチュリー交響楽団が取り組むハイドンマラソン。第3巻がリリースされました。

IImoriVol3.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV&BOOKS onlineicon

飯森範親指揮の日本センチュリー交響楽団の演奏で、ハイドンの交響曲96番「奇跡」、18番、99番、30番「アレルヤ」の4曲を収めたSACD。収録は99番とアレルヤが2015年11月20日、その他2曲が2016年2月26日、大阪のいずみほホールでのライヴ。レーベルは日本のEXTON。

ハイドンマラソンと名付けられた日本センチュリー交響楽団のいずみ定期演奏会の第3回、第4回のコンサートのライブ収録。ハイドンの全交響曲を演奏するというプロジェクトの壮大さと、アルバムにはどこにも全集を目指すと書かれていないスリリングさ(笑)から注目を集める本シリーズも、無事第3巻までリリースにこぎつけました。もちろん当ブログはこれまでの2巻同様注目のプロジェクトゆえ、重大な関心を持って取り上げます。

2017/07/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第2巻(ハイドン)
2016/11/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第1巻(ハイドン)

そしてもちろん、当ブログの読者の皆さんにとっても関心は高かろうということで、その出来が気になるところでしょう。前2巻については、記事に書いた通り、手放しで賞賛したわけではありません。第1巻ではライブらしくはありますが、かなり力みを感じる演奏もあり、第2巻では肝心の時計が若干一本調子な印象がありました。そして注目の第3巻ですが、ここにきて、飯森範親と日本センチュリー響の精緻なコントロールが素直に楽しめる演奏を揃えてきました。ライヴ収録という面と全集の記録という両面からのバランスが取れてきたと言っていいでしょうか。

Hob.I:96 Symphony No.96 "The Miracle" 「奇跡」 [D] (1791)
比較的残響をたっぷりと残した録音。会場ノイズは全くといっていいほど聴こえません。演奏の方は肩の力が抜けて、このコミカルな交響曲のメロディーをキレ良く演奏することを楽しむような余裕があります。適度な推進力に乗って小気味好く吹け上がるオケが心地良いですね。一糸乱れぬオケの精度もなかなかのもの。
続くアンダンテもキビキビとした歩みを重視した引き締まった演奏。キビキビしたところと少し手綱を緩めるところ、そして全奏部分の対比の面白さを上手くまとめてきます。ハイドンの面白さをしっかりと踏まえた見事な構成。
さり気なく堂々とした響きの迫力を聴かせるメヌエット。トリオのオーボエのソロの愉悦感溢れる演奏も見事。
そして、この曲の最大の聴きどころであるミラクルなフィナーレ。オケはここぞとばかりに前のめりで攻めに入りますが、均整を保ちながらのキレ味充分なクライマックスは素晴らしい出来。拍手が来ないのが不思議なくらい。

Hob.I:18 Symphony No.18 [G] (before 1766)
打って変わってハイドンのごく初期の交響曲。理知的というか冷静にリズムを刻む面白さを味わえと言われているような曲。ヴァイオリンのフレージングが活き活きとしていてリズムの面白さが際立ちます。この曲でも実にリラックスしての演奏だとすぐにわかります。指揮者も奏者もハイドンのユーモラスな曲の演奏を楽しんでいるよう。
快活な2楽章はやはりキレ味充分。ヴァイオリンパートの鮮やかなボウイングにホルンのタンギンングの鮮やかさがワクワクするような音楽のキレをもたらします。これは見事。
終楽章のメヌエットも鮮度の高いキレ味を聴かせます。短調の中間部の可憐な美しさが音楽に深みをもたらします。両端部の鮮度の高さとの組み合わせがこれも見事。

Hob.I:99 Symphony No.99 [E flat] (1793)
とろけるような柔らかな音色を狙ってくる演奏が多い中、ざっくりとした響きをベースにオーボエが一際鮮やかに彩りを加える序奏。主題に入るとキビキビとしたリズムに乗って推進力は充分。非常に引き締まったいい響きに身をゆだねます。アクセントがしっかり効いているので立体感も見事な本格派の演奏。この曲をこれだけ引き締めた表現でまとめてくるとは思いませんでした。
美しいメロディーの宝庫たるアダージョでも感傷的になることなく、冷静にオーケストラをコントロールして音楽のフォルムの美しさを淡々と描いていきます。この楽章の穏やかな起伏を鮮明なライティングで見事な陰影をつけて描き切る匠の技。
メヌエットは俊敏なオケの反応を試すように吹き上がり、オケも俊敏な反応の聴かせどころとばかりに軽々と演奏。そしてフィナーレの最初はかなり抑えて入りますが、すぐに堂々としたピラミッドバランスのオケの迫力に圧倒されるようになります。最後にふっと力を抜いて余裕を見せて終わります。この曲も見事。

Hob.I:30 Symphony No.30 "Alleluja" 「アレルヤ」 [C] (1765)
最後に軽めの曲を持ってきました。18番同様、演奏するオケのメンバーがリラックスして弾いているのが良くわかる演奏。まさにハイドン初期の交響曲の見本のような愉悦感満点の楽しい指揮ぶり。美しいメロディーと美しい響きに包まれる幸せ。ここでも曲の美しさを信じて淡々とコントロールして、適度なメリハリと適度な起伏の面白さが充分に味わえる演奏に仕立てます。
中間楽章のアンダンテではキーになるメロディを即興的な装飾をちりばめながら繰り返していくことで実に楽しげな雰囲気を重ねていきます。終楽章は力をかなり抜いて流すように入りますが、次々と変化するメロディに合わせて表情を変える見事な技でまとめました。

飯森範親指揮の日本センチュリー交響楽団によるハイドンの交響曲集も第3巻になって、ようやく本領発揮といったところでしょう。やはりハイドンに力みは禁物。この巻に収録された4曲はどの曲もリラックスして曲の面白さを的確に捉えた名演奏。ハイドンの交響曲に仕込まれたユーモアや美しいメロディーをしっかりと拾ってイキイキと楽しくまとめ、しかもしっかりとメリハリがついたフォーマル感もある理想的な演奏と言っていいでしょう。これはこの先のリリースが楽しみになりましたね。評価は全曲[+++++]といたします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

8 Comments

There are no comments yet.

通りがかりのハイドン

No title

ごぶさたしております。
昨秋以降は、オーディオに注力して(SA)CDプレーヤー、ネットワークプレーヤー、アナログプレーヤーを次々と更新(アナログは正確にはアップグレードですが、ターンテーブルを入替しているので殆ど別物です)しちゃいました!でもハイドンは聴いています。
当シリーズも第3集ですか・・・。マエストロ飯森は、既にベートーヴェン、モーツァルトの交響曲全集を録音されています。(直近のモーツァルトは、SACDでコスパ非常に高く!昨年6月の初台オペラシティでの実演も見事でした)
このハイドンが全集化の暁には、ドイツ・オーストリア系古典派三大作曲家の交響曲全曲を録音した「世界初の指揮者」の称号を得ることになる筈です!
ちなみにブラームスも全曲録音済ですが、ブルックナーは山形響と単発あるもマーラーとなると・・・その先も長いですね。

  • 2018/03/28 (Wed) 00:03
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

名無し(おそらくだまてらさん)さん、コメントありがとうごさいます。

文体から考えてどう考えてもだまてらさん以外に考えられない文面ということで、断定させていただきました(笑)
飯森さんのシリーズ、なかなかいい感じになってきましたね。ベートーヴェンはともかくモーツァルトの全集はちょっと興味が出てきましたのでそのうち手に入れるような気がしてます。

オーディオの方は色々手を入れらておられるようで羨ましい限りです。こちらはせっせとLPを仕入れてヴァキュームして楽しんでます(笑)

  • 2018/03/28 (Wed) 21:34
  • REPLY

だまてら

No title

失礼しました。先の名無しの投稿者は、ご賢察のとおりだまてら本人でした。そろそろ春のハイドンオフ会でもいかがでしょうか。

  • 2018/03/31 (Sat) 06:40
  • REPLY

Haydn2009

No title

Daisyさん だまてらさん こんにちは。
今日は、ハイドンの誕生日にも関わらず、BCJによるバッハのマタイ受難曲を聴きにいってきました。
生涯に一度は生演奏で聴きたいと思っていた曲だったので、ずいぶん前からチケットを入手していました。
演奏は、バッハの演奏には定評のあるBCJですので文句なし。マタイが堪能できました。

飯森/山響のモーツァルト全集は、SACDモードだと私の中級オーディオでも奥行きのある抜群の音がします。演奏もよし。Daisyさんも是非。

それと、オフ会。またお誘いください。


  • 2018/03/31 (Sat) 20:37
  • REPLY

katsudon

No title

お世話になります。先月9日に行われたハイドンマラソンに行ってきました。26番、38番、47番の疾風怒涛期の3曲と堀米ゆず子さんを迎えたモーツァルトの3番と、涙が出そうなプログラム。CDも素晴らしいですが、飯森シェフの息遣いやオーケストラの反応の良さを目でも確認できるのは、コンサートならではと思いました。今シーズンは2回しか予定されていませんが、シーズンチケットを購入してしまいました。大切なプロジェクト、完走を願うばかりです。

  • 2018/04/02 (Mon) 21:50
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

だまてらさん、それではちょっとオフィ企画についてみなさんにお声かけしてみます。

  • 2018/04/04 (Wed) 07:23
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

Haydn2009さん、コメントありがとうございます。

BCJのマタイとは羨ましい。長大な曲を見事な精度で演奏されたことでしょう。BJCでは以前にロ短調ミサを聴きましたが流石に世界のBJCというだけあって素晴らしい演奏でした。マタイはクイケンで聴いていますがさらなる高みを感じた次第。地上のハイドンに対してバッハは天上の音楽ですね。

ハイドンオフお声かけいたします!

  • 2018/04/04 (Wed) 07:33
  • REPLY
Daisy

Daisy

Re: No title

katsudonさん、コメントありがとうございます。

ハイドンマラソンシリーズ、ぜひ生で聴いてみたいものです。仕事の都合で大阪行きはなかなか難しいのが正直なところ。こう言ったマニア好みなシリーズは東京の方が集客できると思うので、ぜひ東京公演を実現してほしいものですね。

  • 2018/04/04 (Wed) 07:41
  • REPLY