作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【番外】没後20年武満徹オーケストラコンサート

0
0
先日聴いたコンサートのライブ盤がリリースされましたので早速入手。

TakemitsuLive.jpg
TOWER RECORDS

2016年10月13日に東京オペラシティタケミツメモリアルホールで武満徹の没後20周年を記念して開催されたコンサートの模様をライヴ収録したSACD。曲目と演奏者はTOWER RECORDSから引用しておきます。

【曲目】
1. 地平線のドーリア (1966)
2. 環礁 ― ソプラノとオーケストラのための (1962)
3. テクスチュアズ ― ピアノとオーケストラのための (1964)
4. グリーン (1967)
5. 夢の引用 ― Say sea, take me! ― 2台ピアノとオーケストラのための (1991)

【演奏】
オリヴァー・ナッセン(指揮)
クレア・ブース(ソプラノ) (2)、高橋悠治(ピアノ) (3,5)、ジュリア・スー(ピアノ) (5)東京フィルハーモニー交響楽団

このアルバムはTOWER RECORDSがリリースする限定盤。TOWER RECORDSは廃盤になった旧譜などの復刻リリースも活発で目が離せませんね。

この日のコンサートの模様は以前記事にしています。

2016/10/16 : コンサートレポート : 没後20年武満徹オーケストラコンサート(東京オペラシティ)

演奏内容などのレビューはコンサートレポートの方に詳しく記載してありますので、そちらをご覧ください。

このアルバムを取り上げたのは、プロダクションがあまりに素晴らしいから。

まずは録音ですが、これがライヴ収録だとは信じがたい精緻なもの。CDプレイヤーにかけて音が出た瞬間に空間に緊張感が漲り、鋭い音色の楽器が鮮明に定位します。これぞ武満。当日の演奏も十分精緻なものと聴こえましたが、録音でこれだけ精緻な音楽を味わえるとは思いませんでした。オリヴァー・ナッセンの振る東京フィルも録音で聴いても全く粗がありません。完璧です!
そして当日のプログラムからそのまま転載された武満徹の研究者である小野光子さんによる作品解説。この解説が非常にわかりやすい。これをそのまま掲載するのは英断ですね。そしてジャケット写真を見ていただければわかる通り、素晴らしいアートワーク。実にセンス良くまとめられ、この歴史的なコンサートにふさわしいプロダクションに仕上がっています。

このとおり、収録内容もアルバムの出来も大手レーベルの完全に上をいってますね。解説の英訳をつけることで、この日の素晴らしいコンサートの模様が全世界に伝えられやすくなるでしょう。

コンサートも貴重な体験でしたが、このアルバム、武満や現代音楽好きな方は必聴のアルバム。手に入れる価値は十分にあります。企画したTOWER RECORDSの中の人、アルバム制作に関わられた全ての人に感謝です。素晴らしい!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.