作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

シャルル・ミュンシュ/ボストン響の太鼓連打、ロンドン(ハイドン)

0
0
最近手に入れたヒストリカルなCD。最近CD化されたものです。

Munch103_104.jpg
TOWER RECORDS(Charles Munch - The Complete RCA Album Collection) / amazon

シャルル・ミュンシュ(Charles Munch)指揮のボストン交響楽団(Boston Symphony Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲103番「太鼓連打」、104番「ロンドン」、ヘンデルの組曲「水上の音楽」ハーティ版の3曲を収めたアルバム。ハイドンの収録は太鼓連打が1950年12月26日、27日、ロンドンが1950年4月10日、11日、いずれもボストンのシンフォニーホールでの録音と記されています。レーベルはRCAですが日本盤で2016年の12月にシャルル・ミュンシュの芸術1000というシリーズでリリースされたもの。帯にはハイドンは「世界初CD化」「日本初発売」と記されています。

シャルル・ミュンシュと言えば幻想交響曲の鬼気迫る録音が印象に残っています。もちろんフランス物というイメージが強くハイドンを振るイメージはありませんね。ただし録音はいくつかあり、あの鬼気迫る棒でハイドンを料理したらどうなるだろうと言う興味からこれまでに3度ほどミュンシュのハイドンを取り上げています。

2011/05/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】シャルル・ミュンシュ/ボストン響の98番ライヴDVD
2011/02/19 : ハイドン–交響曲 : シャルル・ミュンシュの102番爆演
2010/03/07 : ハイドン–その他 : ANDaNTE:懐かしの名演奏集

ANDaNTEのアルバムに含まれるのは1938年パリ音楽院管弦楽団との協奏交響曲、102番は1956年のボストン響との演奏、そして98番は1960年のもの。ミュンシュは1891年生まれで、ボストン響の常任指揮者に就任したのが1949年ですので、今日取り上げる演奏は、ボストン響への就任直後でミュンシュが60歳になろうとする頃の演奏です。ちなみに名演の誉れ高いパリ管との幻想交響曲のEMIへの録音は1967年、同じくパリ管とのブラームスの1番は1968年の録音で、ミュンシュは1968年にパリ管とのアメリカツアー中に急逝したとのことです。

Hob.I:103 Symphony No.103 "Mit dem Paukenwirbel" 「太鼓連打」 [E flat] (1795)
1950年の録音ということでもちろんモノラルですが、録音はなかなか良く比較的シャープな響き。これはLPで聴いてみたくなります。入りの太鼓は遠雷タイプ。厳かな序奏が終わるとミュンシュらしいインテンポでキレの良い主題をザクザクと刻んでいきます。いきなり流石ミュンシュと思わせる迫力。ヴォリュームを上げて聴くと怒涛の迫力に圧倒されます。それでいて古典の枠から外れることなく、筋を通しているあたりが一流どころと唸らされます。そこここに鋭いアクセントが楔のように打たれ曲をタイトに引き締めます。1楽章を聴くだけで流石ミュンシュとわかる演奏。
続くアンダンテは表現を抑えて淡々とした入り。それでもメロディーにはほんのりと覇気が漲り、終盤にかけてのクライマックスでは弦が徐々に赤熱していくのがわかります。優雅にメヌエットをやり過ごして最後のフィナーレはミュンシュの面目躍如。速めのテンポでグイグイ来ました! 今度は本格的に赤熱。まさに痛快。オケもミュンシュの棒に完璧に反応して素晴らしいフィナーレ!

Hob.I:104 Symphony No.104 "London" 「ロンドン」 [D] (1795)
続いてロンドン。太鼓連打とは少し印象が異なり、荘厳な序奏のまま主題に入ってもテンポを上げません。この曲の雄大さをさらに強調するかのようにゆったりとした歩みのまま、表現がさらに壮大になっていきます。パワーが無限にあるような素晴らしい集中力。中盤以降に入るとギアを上げてさらにパワーアップ。またまた来ました、ミュンシュ豪快な煽りに乗って1楽章は未曾有の盛り上がり。
続くアンダンテは、テンポを落としたまま。おそらくこのロンドンというハイドン最後の交響曲のスケールの大きさを表現しようとしているのでしょう。フレーズの一つ一つを噛みしめるように丁寧に進みます。中間部はザクザクと鉈を振るうような大胆な演奏。メヌエットはこのアルバムの中ではテンポも表現も最もオーソドックスな演奏ですが、それでもミュンシュらしいキレを感じさせます。そしてフィナーレは再びインテンポでキレキレに畳み掛けながら突き抜けるようにクライマックスへ向かいます。やはりここぞのキレの鋭さはミュンシュならではですね。

やはりミュンシュのハイドンはキレていました。この演奏がこれまでCD化されて来なかったのは、RCAにはフリッツ・ライナーのハイドンの演奏があったからではないかと想像しています。同じく爆演系のライナーに対して、パリ管との録音ではEMIに行ってしまったミュンシュはRCAにとってはむしろ商売敵になってしまっていたのかもしれませんね。1950年の録音から66年後にCD化はされましたが、日本では初回限定生産で既に廃盤。RCAのミュンシュのコンプリートコレクションと言うボックスには収録されておりますので、ミュンシュファンの方はこちらを手に入れるべきかもしれませんね。この演奏、私は評価します。もちろん[+++++]です!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.