作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

デレク・ソロモンス/レストロ・アルモニコの交響曲集第1巻 その2(ハイドン)

2
0
珍しく深追い(笑)。前記事の演奏が実に面白かったので続きもレビューしてみたくなりました。

LestroArmonicoVol1.jpg

デレク・ソロモンス(Derek Solomons)指揮のレストロ・アルモニコ(L'Estro Armonico)の演奏で、ハイドンの初期交響曲7曲(Hob.I:1、I:37、I:18、I:2、I:15、I:4、I:10)を収めたLP。題して「モルツィン時代の交響曲集第1巻」。収録は1980年8月19日から24日にかけて、ロンドン、ウッドサイドパークの聖バルナバ教会でのセッション録音。レーベルは英SAGA。

今日は前記事で取り上げた3曲以降の4曲目から7曲目までを取り上げます。前記事で聴いた中では1番がちょっと固かっただけで、その後の2曲は絶品でした。こうなると残りもしっかり聴かざるを得ません。

2017/10/03 : ハイドン–交響曲 : デレク・ソロモンス/レストロ・アルモニコの交響曲集第1巻(ハイドン)

奏者やアルバムについては前記事をご覧ください。

Hob.I:2 Symphony No.2 [C] (before 1764)
リズムの面白さは変わらず躍動感満点。丁寧に演奏していながらキリリとアクセントが効いて、古楽器の爽やかな音色でハイドンのユーモラスなメロディーの面白さが滲み出てきます。つづくアンダンテはさらりと流すような楽章ですがメロディーの重なりの奥に深い情感が宿る見事な展開。微妙な起伏をしっかりと描いていくことで得られる面白さ。フィナーレもフレーズをくっきりと描きまとめます。初期のハイドンの交響曲の面白さを実に自然に料理してワンプレートにバランスよく並べたような、普段から楽しめる、味わい深い音楽。

Hob.I:15 Symphony No.15 [D] (before 1764)
癒しに満ちたアダージョから入ります。ピチカートに乗って優雅なフレーズが漂います。ホルンのとろけるような響きが重なり、こちらもとろけそうになったところでプレストのキレのいいメロディーが癒しを断ち切ります。全てが必要十分。大げさなところはないのにキレ味は十分。再びアダージョにもどって1楽章を結びます。つづくメヌエットはもっともハイドンらしい楽章。ここでもゆったりとしながらも活き活きとしたオケの響きが素晴らしく、音楽が弾みます。そして3楽章のアンダンテの光と陰が交錯する透明感。フィナーレはコンパクトなキレの良さ。最後の一音のキレが耳に残ります。

IMG_9889.jpg

Hob.I:4 Symphony No.4 [D] (before 1762)
3枚組、6面中の5面目。前2曲のみが1面につめこまれていたのに対し、この曲を含む他の曲は1面1曲とゆったりカッティングされており、響きにも余裕が感じられます。リズムのキレは変わらず、軽やかさも十分で音楽がポンポン弾む快感を味わえます。続くアンダンテは弱音器付きのヴァイオリンによる実にユニークな美しいメロディーに驚きます。ソロモンスもこの翳りに満ちた美しい気配を見事に表現していきます。その静けさを断ち切る明るいメヌエットで曲を締めくくる見事な構成。1曲1曲の構成感をしっかり描いてきます。

Hob.I:10 Symphony No.10 [D] (before 1762)
このアルバム最後の曲。もう安心して身を任せていられます。必要十分な小気味好い展開の魅力にすっかりハマります。それもそのはず、メンバー表を見てみるとヴァイオリンにはモニカ・ハジェット、ロイ・グッドマン、チェロにはアンソニー・プリース、ホルンにはアンソニー・ハルステッドなど名手の名が並びます。印象的なのは2楽章のアンダンテの静けさに染み入るような演奏。古楽器の弦の透明感あふれる響きの美しさが際立ちます。フィナーレももちろん見事。言うことなし。

デレク・ソロモンスの振るレストロ・アルモニコによる交響曲集ですが、CBSからリリースされている3巻の印象が、ピノックやホグウッドなどを聴いた耳にはあまりぱっとした印象がなかったことからこれまであまり注目していませんでしたが、偶然手に入れた彼らの最初の交響曲集のLPを聴くと、流石に古楽器によるハイドンの交響曲の草分けたる見事な演奏であることがわかりました。名奏者集団による鮮やかな演奏であるばかりでなく、ハイドンの初期の交響曲の箱庭的な面白さをバランスよく表現した名演奏と言っていいでしょう。今回取り上げた4曲はいずれも[+++++]といたします。CBSの録音も今一度聞き直して見たくなりましたね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

Haydn2009

No title

Daisyさん おはようございます。

実は、ソロモンスのCBSから出ていた疾風怒濤期の交響曲集3巻は、LPでもCDでも持っている
(LPのみ、今は他人の手に渡っています)のですが、初期の交響曲集があったというのは、
Daisyさんのブログで初めて知りました。
ソロモンスは、ハイドンの交響曲を何曲録音したのでしょうね?

Daisyさんは、ソロモンス盤はパッとした印象がないとのことでしたが、私は、CBSの3巻は
けっこう気に入っていて繰り返し聴いてきています。

なんだか、この演奏も聴きたくてウズウズしてきました。

  • 2017/10/07 (Sat) 09:32
  • REPLY

Daisy

Re: No title

Haydn2009さん、おはようございます。

このLP、素晴らしいです。ハイドンの交響曲の古楽器による最初の体系的録音に取り組もうと言う息吹が感じられますね。あとLPならではのダイレクトな響きも手伝って素晴らしい音楽が味わえます。物理的にと言うより録音のまとめ方がCBS盤よりも上手いかもしれません。

私がレストロ・アルモニコの演奏にぱっとしない印象を持った原因は私の昔のオーディオ環境とCD化の音質にあるかもしれません。CBSのCDを手に入れた時期はQUADの66CD、66PRE、606にRogersのLS5/9 Classicと言うシステムでしたが、特に66CDと66PREの時はイギリス製にも関わらず古楽器の録音があまり良く響く感じになりませんでした。さらに今手元あるCBSの3巻のうちLPで所有している告別と46番を聴き較べてみると、LPの方が響きがわずかに伸びやかに聴こえます。CDの方も悪くはないんですが、良く言えばまとまった感じ、悪く言えばちょっとデジタルっぽい感じがします。もしかしたらうちのCDプレイヤー(Marantz SA-15S1)もそろそろ変えた方がいいかもと思っております。

  • 2017/10/07 (Sat) 10:35
  • REPLY