作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

アレクサンドル・スロボジャニクのXVI:48(ハイドン)

3
0
またしてもLPです。

Slobodyanik.jpg

アレクサンドル・スロボジャニク(Alexander Slobodyanik)のピアノによる、ハイドンのピアノソナタ(Hob.XVI:48)、ショパンのマズルカから4曲(No.19、20、21、42)、プロコフィエフのピアノソナタNo.6(Op.82)の6曲を収めたLP。残念ながら録音年に関する記載はなく、またネットを調べても判明しませんでした。LPの状態などから1970年代の録音かなと想像しています。レーベルは露Мелодия(Melodiya) 。

こちらは最近オークションで手に入れたもの。見たことも聞いたこともない奏者のアルバムを手に入れるのは実にスリリングで楽しいものですね。このアルバムの奏者のアレクサンドル・スロボジャニクもそうした奏者で、これまで全く知らなかった人。Wikipediaなどによれば、1941年、現ウクライナ、旧ソ連のキエフ生まれのピアニスト。アルバムの解説では1942年生まれとありますが、どちらが正しいかはちょっとわかりません。7歳でウクライナの西端、ポーランド国境近くにあるリヴィウ(Lvov)にあるリヴィウ音楽院でピアノを学び、その後モスクワ音楽学校でリヒテルの師でもあるゲンリフ・ネイガウスに学び、またモスクワ音楽院でヴェラ・ゴルノスタエヴァに師事しました。1966年に開催されたチャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で4位に入るなどして国際的に名が知られるようになり、以来50年にわたってピアニストとして活躍したそう。1968年にアメリカにデビューツアーを行い、カーネギーホルでのコンサートが評判となり、米ソの文化交流が途絶える1979年までアメリカ、カナダツアーを繰り返していました。9年間のブランクの後、1988年のアメリカツアーはシカゴ・トリビューン紙から「勝利の帰還」と称賛されました。以後欧米の主要なオケとの共演するなど国際的に活躍し、亡くなったのは2008年とのこと。欧米での活躍に比べ日本での知名度は今ひとつだったのでしょう。

このスロボジャニクの弾くハイドン、これがなかなか凄みを感じさせる演奏なんですね。

IMG_9342.jpg

Hob.XVI:48 Piano Sonata No.58 [C] (1787/9)
適度に残響が含まれる澄んだピアノの響きの美しさが感じられる録音。冒頭からデリケートなタッチで豊かな詩情を醸し出す演奏。それでいて徐々に直裁なタッチも垣間見せ、霊気を帯びたような独特の雰囲気にただならぬ迫力を感じます。スロボジャニクの特徴はこの雰囲気のある直裁なタッチでしょう。1楽章はしなやかな静寂感と強奏部分の力強さとを織り交ぜ聴かせたりと表現の幅の大きさを印象付けます。この曲は2楽章構成。続くプレストへの入りは微風のような爽やかさを感じさせる絶妙なもの。軽やかなタッチでコミカルなメロディーを刻み徐々に強音を織り交ぜていくタッチの鮮やかさは流石なところ。短い楽章ですが聴きごたえ十分。この小曲でも冷静に起伏をつけながらこれだけの表現の変化を聴かせる手腕は見事でした。

続くショパンのマズルカはちょっと録音の印象が変わってハイドンの方が鮮度が高く音がいいですね。スロボジャニクの演奏はハイドンと同様の傾向を感じますが、ショパンとしてはかなり辛口の演奏でしょう。そして裏面のプロコフィエフも録音はショパンと同様。スロボジャニクの冴え冴えとしたタッチの魅力と迫力にはこの曲が一番合うでしょう。音が飛び散るようなプロコフィエフ独特の雰囲気を見事に表現しています。このアルバムの聴きどころはハイドンと並んでこのプロコフィエフでしょうね。

このハイドンの演奏で思い起こしたのは若い頃のグールドのキレ。もちろんグールドの強烈な個性とは比べられませんが、変幻自在のタッチのコントロールとその鮮やか、そして主情を排した冷徹な雰囲気はグールドに近い凄みを感じます。また硬めのピアノの音色もそう思わせるのでしょうね。現在入手できる音源は少ないものの、この見事な演奏から往時の凄みは感じることができました。ハイドンの評価は[+++++]といたします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

3 Comments

There are no comments yet.

だまてら

No title

何と、私はこのピアニストを実演で聴いています!詳しくは後程。

  • 2017/07/26 (Wed) 05:57
  • REPLY

だまてら

No title

続きです。本人の記憶はかなり不確かなところを、webの助けを借りて補完できました。
1973年5月25日、足利文化会館でのチャイコフスキーピアノ協奏曲第一番。
(こちらも同じくアレクサンドル)ドミトリエフ指揮/レニングラード・フィルハーモニー(アカデミー)の演奏会です。ちなみに、冒頭はイタリア奇想曲、後半は交響曲第6番「悲愴」のオール・チャイコフスキープログラムでした。
翌5月26日は、ムラヴィンスキーの指揮となり、東京文化会館での伝説の名演とされる、ベートーヴェン第4番、ショスタコーヴィチ第5番「革命」の演奏会でした。(アンコール2曲も含め、ALTUSでCD、SACD化されています)
ローティーンの分際で高価なチケットを買ったかって?いえいえ、招待券でした。父が懇意にしていたお向かいの会社社長さんが当時市議会議員をされており、そちらへの招待券が当家に回ってきたものです。(問題ありでしょうが、時効という事で・・・)妹がエレクトーンを習っていた等でどうも音楽一家と思われていた節があり、その前後にも度々頂戴しましたが、当時中学生の小生が役得にあずかった訳です。
(たとえば、群響は伴有雄、豊田耕児、カルロ・ゼッキなど多数、ソリストはペルルミュテールなど)
で、肝心の演奏は?「悲愴」の大音響に圧倒された記憶はあるものの、スロボジャニクについては想い出せません。記憶を掘り起こせれば続報しますが・・・。

  • 2017/07/28 (Fri) 23:10
  • REPLY

Daisy

Re: No title

だまてらさん、コメントありがとうございます。

ティーザーコメントという新たな手法ですね(笑)
今でこそ、コンサートに行ったり、旅行に行ったことを記事にしているので、後で思い起こすことができますが、はるか昔のコンサートの体験など、記憶が朧げだったり、記憶自体がないもののありますね。1973年と言えばかれこれ40年以上前のこと。アレクサンドル・スロボジャニクの印象が残っていないのも頷けますね。プログラムも冒頭のイタリア奇想曲でレニングラードフィルの凄みを聴かせ、後半の悲愴も印象的だったでしょうから、ピアノの印象が残っていないのも当然でしょう。このハイドンの録音も70年代のほぼ同時期の演奏ということで、ハイドンの演奏から想像するに、凄みを感じさせながらも余裕を持った豪腕を聴かせたのではないか思います。LPとは言えこの時期の演奏がそのまま聴けるということでつくづく録音のありがたみがわかるというものですね。

  • 2017/08/05 (Sat) 07:31
  • REPLY