作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第2巻(ハイドン)

2
0
進行中の「ハイドンマラソン」プロジェクトの第2弾がリリースされました!

IimoriHaydn2.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

飯森範親(Norichika Iimori)指揮の日本センチュリー交響楽団(Japan Cetury Symphony Orcestra)の演奏による、ハイドンの交響曲14番、77番、101番「時計」の3曲を収めたSACD。収録は2015年9月25日、大阪のいずみホールでのライヴ。レーベルは日本のEXTON。

このアルバム、冒頭に記したように大阪をホームグラウンドとする日本センチュリー交響楽団とその首席指揮者の飯森範親が8年をかけてハイドンの交響曲全集を演奏しようとする「ハイドンマラソン」という企画の第2回のコンサートの模様をライブ収録したもの。もちろん、第1巻のアルバムも取り上げています。

2016/11/19 : ハイドン–交響曲 : 【新着】飯森範親/日本センチュリー響の交響曲集第1巻(ハイドン)

この企画についてと、飯森範親の略歴などについては前記事をご参照ください。

第1巻がリリースされた時には、ハイドン・マラソンという交響曲全曲演奏会を集録したにもかかわらず、帯には「交響曲集Vol.1」というだけで、レーベルとしては全集という踏ん切りはついていないと理解していました。とりあえず1巻以降の数巻の売り上げが、今後継続して録音がリリースされるかの鍵を握ることになろうかと思います。ハイドン啓蒙を旨とする当ブログがそれを応援しないわけには参りませんので、しばらくはリリースされるアルバムをレビューして行こうかと思っております。演奏の内容については、第1巻の内容やNHKで放映された映像を見ても十分全集に耐えるものと思っていますが、心配なのはSACDフルプライスでの1巻ずつの進行。第1巻よりも第2巻が値上がりしているのも気にかかるところ。膨大なハイドンの交響曲の全集をフルプライスで揃えるのはなかなか大変だということを考えると、リリース展開がどこまで先を見ているのかが少々気がかりではありますね。

さて、肝心の演奏について触れることにいたしましょう。

Hob.I:14 Symphony No.14 [A] (before 1764)
冒頭からいきなり落ち着いた演奏なので、調べてみると実際のコンサートプログラムでは冒頭ではなく後半に演奏されていたことがわかりました。アレグロ・モルト、アンダンテ、メヌエット、フィナーレという構成。1楽章は第1巻でちょっと力みが感じられたのとは異なり、適度な緊張感はあるものの、非常にリラックスしての演奏。もう少し躍動感を強調してくると踏んでいましたが、これはこれでいい演奏でしょう。録音は第1巻同様、透明感のある日本的なHi-fi録音。ヴァイオリンパートはシルキーな音色できっちりとしたボウイング。ハイドンの初期の交響曲のフレッシュな感じも出ています。
良かったのがアンダンテの丁寧なフレージング。この素朴なメロディーを丁寧に描くことでハイドンの音楽の深みをしっかりと表現できています。淡々と描かれる音楽にこそ、音楽そのものの美しさが宿ります。
そしてメヌエットでは、テンポを上げ、音楽の起伏をクッキリと出し始め徐々に音楽が快活さを取り戻します。全てのパートの奏者のエンジンがかかった感じ。中間部ですっとリラックスし、再びメヌエットで華やかに。
フィナーレも適度に落ち着いた演奏なのが実にいい感じ。上下に展開する音階が舞う中しっかりとした足取りで冷静な曲の運びが印象的でした。

Hob.I:77 Symphony No.77 [B flat] (1782?)
実際のコンサートではこの曲が冒頭に演奏されていたようです。前曲同様落ち着いた演奏ですが、冒頭に置かれたぶん奏者も挨拶代わりということで、クッキリとしたメリハリをつけて、音楽も心なしか明るい方向にシフトしている感じ。明るいトーンでまとめられたオケが躍動します。展開部での転調の面白さが聴きどころですが、あまりハッタリをかませることなく正攻法でオーソドオックスにまとめてきます。要所がキリリと引き締まっているので、音楽の構成も明快。
続くアンダンテは前曲同様、丁寧な演奏、丁寧な録音相まって実に聴きごたえ十分。ハイドンが仕込んだいたずらがそこここに仕掛けられており、それに対応しながらだんだん変化していく曲の面白さがしっかりと描かれます。
非常に変わった響きが特徴のメヌエット。ここでは日本センチュリー響のシルキーな弦の美しい響きが活きていますね。広いホールの自然な残響が美しい録音。
フィナーレはハイドンのコミカルなメロディーを冷静に綺麗にまとめた感じ。ライヴ録音ですが、演奏はセッション録音のような完成度と冷静さを保っています。演奏の完成度は非常に高いものがあります。

Hob.I:101 Symphony No.101 "Clock" 「時計」 [D] (1793/4)
このシリーズ最初のザロモンセットの曲。予想通り冷静精緻な序奏から入りますが、ここにきてようやくライヴらしい勢いが出てきました。主題は覇気が漲り、躍動感もでてきました。時計の聴きどころは1楽章の緊密な構成感とする私にとっても、なかなかいい線いっている演奏です。いい意味でオケも荒々しさが出てきて、これまでの曲とは異なる次元の迫力を帯び、独特の高揚感に包まれます。
時計のアンダンテはリズムの刻みが丁寧なのが飯森流でしょう。変化に富んだアクセントのつけ方も曲の華やかさを増すなかなかいいアイデア。録音が鮮明なので音数も豊富に聴こえます。やはりここでもオケの迫力に圧倒されます。
メヌエットも前楽章のエネルギーを引き継ぐように、力感に富んだ入り。第1巻で少々感じが無理な力みはなく、曲の格に応じた力の入り方。これまでオーソドックスに来ましたが、メヌエットの中間部のテンポを上げたフルートの流れるような演奏は、ちょっとした変化球でハッとさせられます。これは面白いアイデア。ただメヌエット自体の演奏は若干一本調子な印象も持ちました。この辺がハイドンの難しいところでしょう。
フィナーレも正攻法による迫力の演奏。ここまでの演奏の総決算とばかりにオケに力が漲りますが、コントロールの冷静さは失われず最後までキリリとひきしまった演奏でした。実演では畳み掛けるような煽りを期待するところですが、録音を意識してか燃焼度よりは完成度を意識したコントロール。複雑に入り組むメロディーの面白さは少々後退して丁寧に響きを整えながらのフィニッシュでした。

飯森範親と日本センチュリー管による期待のハイドンの交響曲集の第2巻。第1巻に垣間見られた力みはなくなり、演奏もこなれて来た印象。第1巻よりも確実に良くなっています。非常に丁寧に演奏しているのが印象的で、指揮者の個性よりも曲の素の姿をきっちり描こうとしているような演奏で、そういった意味では日本的な演奏だと思います。アイデアのキレ、アーティスティックさよりも、質の高い細密画をあしらった図鑑のように、1曲1曲をきっちり紹介して行くスタイルを意図しているのではないかという印象。これまでのハイドンの全集とは異なるアプローチですね。また、鮮明な響きを再現する録音もそうした傾向を感じさせるのかもしれませんね。この巻では14番と77番は曲の魅力をしっかりと表現できていて気に入りました。評価は前2曲が[+++++]、時計は[++++]としました。

さて、第3巻のリリースの準備も進んでいることでしょう。さらなる進化を期待してリリースを待ちましょう。

最後に個人的な意見を少々。このアルバム、ジャケットの見た目は第1巻とほぼ同じ。今後何巻かリリースされると、同じデザインのジャケットが並ぶことになりそうですし、ダブり買いのリスクも高いです(笑) これまで色々出ているシリーズものでは基本デザインは揃っていても1巻1巻色々と工夫されていて、それがコレクション欲を刺激することもしばしば。このシリーズ、ジャケットにもう少し工夫が欲しいところです。現在進行中のアントニーニの交響曲全集などジャケットが実にアーティスティックで素晴らしいので購買意欲をくすぐるんですね〜。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

小鳥遊

ハイドン・マラソン、評判もよいので気になっていますが、高いから買ってません(笑)

ただ、来月の公演を出張の帰りに聴いて来る予定です。

それで、アルバムも買おうか決めようかと。

Daisy

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、コメントありがとうございます。

実演を聴くチャンスありとは羨ましい!
実演を聴くと録音の印象も変わることが多いので、私も機会があれば一度聴いてみたいと思っています。
やはりフルプライスで104曲は厳しいですよね(^_^)

  • 2017/07/21 (Fri) 07:43
  • REPLY