作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

マクリーシュ伴奏の歌曲

4
0
仕事の夏休み中は番外記事で東北温泉紀行などを書いてきましたが、そろそろハイドンの曲のレビューを書かねば当ブログの存在意義を問われかねません(笑)

今日は近所をブラブラして、いつものように府中の中古レコード・CDなどを扱うポポロへ。
物色しているとマクリーシュのモーツァルトのハ短調ミサ盤のなかにハイドンの歌曲がふくまれているではありませんか。
こうゆう選曲の場合、ハイドンの曲といってもなかなか見つけることが出来ません。盲点でした。

McCreeshBerenice.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

夕食の買い物ついででしたので、帰って早速聴いてみると、これが天地創造のときとは異なり、非常に落ち着いたいい演奏。特番開けの通常記事再開に相応しいアルバムということで採用した次第です。

含まれる曲は、モーツァルトのハ短調ミサ、ハイドンのオーケストラ伴奏の歌曲Hob.XXIVa:12 「ベレニーチェよ、何をしているのだ?」、そしてベートーヴェンのオーケストラ伴奏の歌曲の3曲。録音は2004年10月。

1曲目のモーツァルトのハ短調のミサ曲から、天地創造のときとは異なりいい意味で力みのない、しかしメリハリのついた演奏にぐっと集中力が漲る感じがします。オケとコーラスの透明感も非常に美しい。これはハイドンにも期待が持てます。

トラック14におかれたハイドンのオーケストラ伴奏付き歌曲。「私の美しい恋人よ、別れないでーベレニーチェよ、何をしているのだ?」という題がつけられています。この曲にはこのアルバムをふくめて5つの演奏があり、有名どころではアーノンクールとバルトリによるDVDがあります。

ハイドンの曲のソプラノはサラ・コノリー。オケはいつものガブリエリコンソート&プレイヤーズ。
サラ・コノリーはイギリス出身のメゾソプラノ。オフィシャルサイトがありました。

サラ・コノリーのオフィシャルサイト(英文)

コノリーはメゾらしく豊かな中音域に特徴があるヴィブラートが利いた歌唱。この曲の末尾の高音も綺麗に出ています。マクリーシュの伴奏もモーツァルト同様落ち着いたもので、コノリーを引き立てます。アーノンクール盤のバルトリは声が強く、今ひとつ好きになれなかったため、この曲では、本盤がいまのところ一押しの演奏です。
12分少しの曲ですが曲の展開も面白く、アリアとしての聴き応えもあるいい曲です。

ついでに夏休み最後の夕食。

IMG_0480.jpg
いつものようにズッキーニを炙って。ほや刺。ワインはソアベの安いもの(笑)

IMG_0485.jpg
ニジマスの香草焼き。

IMG_0488.jpg
パスタはアサリと小振りのムール貝のトマト仕立て。バジルを乗せて。

明日金曜から仕事です。社会復帰のためのリハビリ要ですね(笑)
しばらく、頑張ってハイドンのレビューを続けます!
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.

SONOMI

No title

おはようございます
今 モーツァルトのコンサートアリアを練習しているのですが
バルトリの歌唱を良く聞いています 上手いですよね・・本当に

お仕事再開なさるのですね
素敵なディナー!!お料理もお上手なんですね
素敵です!!今日もお元気にお過ごしくださいねv-22

  • 2010/07/30 (Fri) 09:00
  • REPLY

Daisy

No title

SONOMIさんコメントありがとうございます。
モーツァルトも素晴らしいアリアがたくさんありますね。何人もの出演者が絡み合って紡ぎ出すメロディーなど素晴らしい場面がたくさんあります。こちらは専ら聴くだけですが、自分で歌うと聴くのとはちがった悦びがあるんでしょうね。
いつも楽しそうなコンサート情報と美しい写真を拝見してます。どちらもうらやましい限りですね。

  • 2010/08/01 (Sun) 00:25
  • REPLY

sifare

ハ短調ミサ

聖霊によりて、、のところが特に大好きで、まさにモーツァルト!って感じです。これは発売当時ハイドンのアリアも入ってるということで即買いしました(^^)

コノリーは大好きなバロックオペラの歌手の一人ですが、まぁ男らしくて素敵なんです(笑)

ハイドンアリアのCD届きました~、クヴァストフなど3枚。

Daisy

Re: ハ短調ミサ

sifareさん、こんにちは。
昔の記事をいろいろ読んでいただいているようで、恐縮です。書いた方も昔の記憶がところてんのように押し出されていきますので、昔の記事のコメントを戴くと思い出すのに一苦労です(笑)
オペラや声楽がお好きのようですが、最近はなかなか声楽曲を取りあげておりませんので、来月は声楽曲も混ぜていかなくてはなりませんね。

  • 2013/05/26 (Sun) 12:47
  • REPLY