作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

エノッホ・ツー・グッテンベルク/バッハ・コレギウム・ミュンヘンの「四季」(ハイドン)

2
0
すみません、年明けから怒涛の新年会ラッシュでだいぶ間が空いてしまいました。久しぶりに大曲四季を取り上げます。

IMG_7589_20170113215049575.jpg

エノッホ・ツー・グッテンベルク(Enoch zu Guttenberg)指揮のノイボイエルン合唱団(Chorgemeinschaft Neubeuern)、バッハ・コレギウム・ミュンヘン(Bach Colleggium München)の演奏で、ハイドンのオラトリオ「四季」を収めたLP。収録は1988年4月24日、ミュンヘンのガスタイク・フィルハーモニーでのライヴ。レーベルは独obligat。

このアルバム、最近ディスクユニオンで仕入れたもの。売り場でこのアルバムを見たときはエノッホ・ツー・グッテンベルクの振る四季はCDが手元にあったはずだと思って所有盤リストを確認してみると、CDとしてリリースされている録音とは別物ということが判明したため、いそいそとレジに進みました(笑) CDの方は2004年のセッション録音で、オケはクラング・フェアヴァルトゥング管。それに対してこちらは1988年と16年遡った日のライヴでオケはバッハ・コレギウム・ミュンヘンです。指揮者のエノッホ・ツー・グッテンベルクはあまり知られた人ではありませんが、CDの方の演奏は引き締まった秀演だったため、ちょっと記憶に残っていました。

エノッホ・ツー・グッテンベルクは、1946年、ドイツのバイロイト近郊のグッテンベルク(Guttenberg)に生まれた指揮者。グッテンベルク家はバイロイト一帯を含むフランケン地方の貴族であり、父カール・テオドールは1967年から69年までクルト・ゲオルク・キージンガー内閣の首相府政務次官を務めた政治家、息子カール=テオドールはメルケル内閣で経済・科学技術相、国防相を務めた政治家。息子の方はメルケルの有力な後継者とみなされるほど人気があったそうですが2011年、バイロイト大学に提出した論文に盗用疑惑が持ち上がり辞任したとのこと。
本人もドイツの大規模なワイナリーの所有者だったりと貴族の流れを汲む資産家のようですね。もともと、このアルバムで合唱を担当するノイボイエルン合唱団を1967年に創設し、すぐにドイツ国内のコンクールなどで優勝し、1980年からはフランクフルト・チェチーリア協会の合唱指揮者にも就任し、以後2つの合唱団や各地のオケなどを指揮して様々な音楽祭に招かれ、特に現代楽器でのバッハの演奏で知られるようになります。レパートリーはオラトリオを中心に現代音楽までとのこと。

歌手は以下のとおり。

ハンネ:平松 英子(Eiko Hiramatsu)
ルーカス:ウェルナー・ホルウェグ(Werner Hollweg)
シモン: アントン・シャリンジャー(Anton Scharinger)

Hob.XXI:3 "Die Jahreszeiten" 「四季」 (1799-1801)
後のCDの引き締まった演奏とは異なり、かなり自然でおおらかな入り。LPですがデジタル録音の時代に入っていますので、録音は自然かつ精緻で聴きやすいもの。LPもいいコンデションのためノイズもほとんどなくスピーカーの周りにホールの空間が広がります。シモンのアントン・シャリンジャー、ルーカスのウェルナー、ハンネの平松英子ともに、ホールによく響く通りの良い声。特にコーラスは大河の流れのように分厚いハーモニー。流石に合唱指揮出身のグッテンベルクのコントロールというところでしょう。ジャケットの中開きには演奏風景の写真がありますが、コーラスは100人規模の大編成。第4曲のシモンのアリア「農夫は今、喜び勇んで」に入ると美しいアリアのメロディーに乗ってオケがだんだん引き締まってきて、ライヴらしい陶酔感が漂います。そして第6曲のソロに合唱が加わるところが圧巻。まさにコーラスの海に包まれるような幸福感。ハイドンが農夫の喜びを描いた心情がまさに音楽の悦びとして歌われる至福の瞬間。ライヴそのままの盛り上がりを味わえます。グッテンベルクはオケをことさら煽らず、曲に素直に大局を見据えて自然なコントロールに徹しており、歌手もオーソドックスながら皆素晴らしい歌唱で支えます。そして、第8曲の「おお、今や何と素晴らしい」の冒頭、オケがホールいっぱいに響き渡る素晴らしい迫力。録音の素晴らしさも手伝って類い稀な高揚感。まさにコンサート会場にいるような盛り上がりに圧倒されます。

LPをひっくり返して夏。前曲最後の盛り上がりから一転して、暗く静かな音楽に変わりますが、音楽の自然でしなやかな流れは変わらず。最初のシモンのアリア「眠りを覚ました羊飼いは今」はしっとりと美しく響きます。そして「朝焼けが訪れて」の輝かしいクライマックスでは再び大河のようなコーラスに包まれます。オケとコーラスのスロットルコントロールが自然ながらかなりの幅で、フルスロットルのエネルギーはかなりのもの。この自然なダイナミクスのコントロールがグッテンベルクの魅力でしょう。この後、レチタティーヴォなどで代わる代わるしっとりとソロを聴かせたあと、終盤のコーラスによる「ああ、嵐が近づいた」で再びオケとコーラスが爆発。そして最後の「黒い雲は切れ」でもコーラスが加わると一段とハーモニーが厚みを帯びて音楽に生気が宿りが宿ります。まさにコーラスが曲の中心にあるよう。

レコードを替えて後半へ。秋は収穫の喜びが満ち溢れた曲が続きます。三重唱とコーラスによる「こんなに自然は、勤労に報いてくれた」で最初のクライマックスに至り、ハンネとルーカスによる美しいデュエット「町から来た美しい人、こちらへおいで!」、そしてシモンのアリア「広い草原を見渡してごらん!」では実にデリケートなオケの伴奏によって絶妙なニュアンスが引き出されます。そしてホルンのファンファーレが轟く「聞け、この大きなざわめき」では、ホルンが朗々と響き渡りますが、弱音のコントロール、遠方で鳴る響きのパースペクティブの演出まで含めて見事。オケのテクニックは素晴らしいものがあります。秋の終曲はコーラスによる「万歳、万歳、ぶどう酒だ」。舞曲が流れる中、コーラスが最高に盛り上がって終わります。

そして最後の冬。しっとりと沈んだ描写の美しさもこの演奏の特徴。音量を落としてもデリケートなニュアンスと陰影がしっかり描かれているので音楽が雄大に展開していきます。前半は歌手が絶妙なレチタティーヴォで引き締め、中盤の聴きどころの糸車の歌では、コーラスが土着的なメロディーを素朴に歌い上げます。その後もアリアとレチタティーヴォの美しいメロディーの連続にとろけそう。オケは要所でキリリと引き締まり、終曲で明るい和音が轟く瞬間の自然な輝かしさはなんとも言えない朗らかさ。節度を伴ってじんわり盛り上がる終曲のコントロールまで緊張感が保たれました。

エノッホ・ツー・グッテンベルクによるハイドン最後のオラトリオ「四季」の1988年のライヴでしたが、流石に合唱指揮者出身だけあって分厚く響くコーラスの魅力に溢れた名演でした。この大曲を実に自然な流れの中でまとめ上げる手腕は見事。オケのコントロールも素晴らしく、ハイドンの農民讃歌たるこの曲の理想的な演奏と言っていいでしょう。演奏のキレを聴かせるという意図は皆無で全編自然な音楽に溢れた演奏でした。残念ながらCD化はされていないようで、入手は容易ではないかとは思いますが、この素晴らしさは多くの人に聴いていただくべき価値があると思います。後年録音されたCDも引き締まったいい演奏ですが、私はこの自然な大河の流れのようなライヴの方が好みです。評価は[+++++]です!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

小鳥遊

グッテンベルク、四季はどちらの録音も入手出来ていないのですが、明日からの鈴木秀美/新日本フィルの定期の予習に、グッテンベルクの天地創造を聴いてみました。

天地創造、今まではあまり録音では聴く気がしなかったのが、グッテンベルク盤は出だしからすっかり引き込まれてしまいまして....四季の新旧盤を血眼で探さないといけなくなりそうです(笑)


Daisy

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、いつもコメントありがとうございます。

天地創造や四季は合唱指揮者の自然な演奏はいいですね。グッテンベルクの天地創造もワクワクするような推進力が素晴らしいですね。ちょっと聞き直して見たんですが、ガブリエルとエヴァのマリン・ハルテリウスが絶品ですね。隠れて評価上げちゃいました!
ちなみに私は土曜の方に行く予定です。

  • 2017/06/03 (Sat) 00:10
  • REPLY