ユーリ・テミルカーノフ/レニングラードフィル室内管弦楽団の「朝」、「昼」(ハイドン)

久々の交響曲です。

IMG_6640.jpg

ユーリ・テミルカーノフ(Yuri Temirkanov)指揮のレニングラードフィル室内管弦楽団(Chamber Orchestra of the Leningrad Philharmonic)の演奏で、ハイドンの交響曲6番「朝」、7番「昼」の2曲を収めたLP。収録は1972年、収録場所などはロシア語表記のみなので読み取れません。レーベルはソ連国営のMelodiya。

このアルバムは最近オークションで手に入れたものですが、ロシア国内向け仕様のため、表記はロシア語のみ。ドイツ語もフランス語でもなんとか当たりをつけて解読することができるのですが、ロシア語は大変です。ネットを駆使してレコード番号からロシア語の表記のサイトを探し出し、そこからグーグル翻訳などで英語に翻訳して読み解きます。演奏者とオケを特定するだけでも一苦労(笑)。なぜそこまでするかといえば、以前に取り上げた若きギドン・クレーメルの演奏するヴァイオリンソナタのMelodiya盤が録音も含めてあまりに素晴らしかったので、Melodiyaは宝探しのターゲットとなったわけです。

このアルバムもジャケットはシミだらけですが、盤の状態はそれほど悪くなく、いつものようにクリーニングすると黒々と光輝く盤面になりました。これは期待できるということで針を落とすと案の定素晴らしい響きが広がります! レビューの前に奏者の情報をさらっておきましょう。

ユーリ・テミルカーノフは1938年、ロシアの黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス地方の都市、ナリチク(Nalchik)に生まれた指揮者。小さい頃から才能に恵まれ、レニングラードでヴァイオリンとヴィオラを学びます。レニングラード音楽院でヴィオラを学んだ後、指揮を学び1965年に卒業。1966年にはソ連指揮コンクールで優勝し、コンドラシンに招かれ、オイストラフを伴ったモスクアフィルの欧米ツアーに帯同します。1967年にはレニングラードフィルの指揮台にデビューし、直後にムラヴィンスキーからレニングラードフィルのアシスタント指揮者に任命されます。その後1968年にはレニングラード交響楽団の首席指揮者、1976年にはキーロフ歌劇場(現マリンスキー劇場)の音楽監督などを歴任。以後は1988年からレニングラード・フィルハーモニー交響楽団、1998年からボルティモア交響楽団、2009年からパルマ・レージョ劇場のそれぞれ音楽監督を歴任。日本では読響の名誉指揮者であり、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団と何度か来日していますので、おなじみの方も多いことでしょう。

このテミルカーノフ、調べてみると予想どおりハイドンの録音はこれまで手元にありませんので、このLPは貴重な録音です。意外にもロシアの指揮者のハイドンはいい演奏が多く、コンドラシン、フェドセーエフ、スヴェトラーノフ、コンスタンチン・オルベリアンとライヴを中心に名演盤がいろいろありますね。

Hob.I:6 Symphony No.6 "Le matin" 「朝」 [D] (1761?)
かなりゆったりとしたテンポでの序奏の入り。主題に入ると弦をかなり鳴らしてクッキリとメロディーラインが浮かび上がります。弦は直近、フルートやホルンの響きが奥に広がって非常に立体的に空間が広がります。ウキウキするような推進力。テンポが速くないのに推進力は抜群。各奏者のリズム感が冴え渡って1楽章はキリリと引き締まった見事な展開。録音も鮮明で言うことなし。
素晴らしいのが続くアダージョ。ここでもかなりゆったりと入りますが、緊張感が途絶えることがありません。ゆったりしているのに響きは非常に引き締まっていて、コンサートマスターのレフ・シンデルのヴァイオリンソロのがこれまた素晴らしい美音。それを包む大波のようなオーケストラの響き。やはりこの楽章はソロが上手いと違います。たっぷりと休符をとって音楽の構造を明快に弾き分けます。遅いからといって古臭い感じは全くしないのがすごいところ。
続くメヌエットも遅めのテンポは変わらず、遅めにもかかわらずかなりはっきりとメリハリをつけてきます。リズムは相変わらずクッキリ、オケの響きもクッキリ、特に木管楽器の溶け合うような響きが素晴らしいですね。グッとトーンを落とした中間部の濃密な描写で聴かせ、再び最初のメロディーに戻るところの描き分けも鮮やか。
フィナーレもじっくり入ります。しっかり音楽の骨格を描くことで曲の構造がよくわかります。ハイドンの書いた音楽のうち、楽器の音色の面白さに意識が集中するように意図したのでしょうか、じっくり描かれた朝は、聴き応え十分。

Hob.I:7 Symphony No.7 "Le midi" 「昼」 [C] (1761?)
前曲と同じく、ゆったりとした入り。ゆったりと言うよりもじっくりといった方がイメージが伝わるかもしれません。ハイドンの書いたこの曲の導入部がいかに素晴らしいか、噛み砕いて聴かせてもらっているよう。すぐに素晴らしい推進力と見事なソロのアンサンブルに包まれます。オケのリズムの良さは前曲そのまま。手堅く完璧なテミルカーノフのオーケストラコントロールに完全にのまれた感じ。
劇的に展開する2楽章もじっくりと音楽を丁寧に描いていくので、迫力十分。この2楽章は時代を先取りするような劇性を持った曲ですが、こうしてテミルカーノフの棒でしっかりと描かれるとその素晴らしさが際立ちます。まるでアンセル・アダムスの豊かなトーンのモノクロ写真のように、アーティスティックな風格が漂います。音楽の輪郭の濃淡を完璧にコントロールして、影の部分の豊かなラチュードが見所のように、音楽に潜むデリケートなニュアンスを完璧に再現。ものすごい描写力。そしてソロも当時のロシアのトップオケの奏者の面目躍如。この2楽章は絶品。あまりの素晴らしさに昇天。
そしてメヌエットはその緊張をほぐすように素直にリズムを弾ませ、そのリズムを少しずつ強調させるようにしてアーティスティックさを保ちます。中間部への切り替えの鮮やかさは前曲通り、コントラバスとホルンの響きがLPならではのダイレクト感で伝わってきます。元のテーマに戻る時は実に自然なのが不思議な所。
フィナーレもじっくり。オーソドックスにまとめてきますが、やはりそこここに表現の巧みさが見え隠れします。特にフルートをはじめとする木管楽器のキレの良さ、クッキリと浮かび上がるヴァイオリンなどが印象的。さらりと終わりますが、深い印象が残りました。

ユーリ・テミルカーノフの振るレニングラードフィル室内管の「朝」と「昼」ですが、これは名盤と言っていいでしょう。特に「昼」の2楽章は絶品です。ハイドンがこの時代に書いた曲がいかに先進的だったか改めて気づいた次第。テミルカーノフによって、この曲の持つ複雑なニュアンスと劇性、そしてメロディーの美しさ、完成度など群を抜くものであったとわかりました。評価は両曲とも[+++++]とします。

Apple Musicを検索してみると、他にロンドンと驚愕の音源が登録されていますが、ロンドンの方は録音がかなり悪く、驚愕の方も全曲が登録されていないようです。これはさらにLPを探す必要がありそうですね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヒストリカル LP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲76番オックスフォード交響曲90番ライヴ録音ヴィヴィアーニバリトン三重奏曲四季ロンドンピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:21ベートーヴェンピアノソナタXVI:19古楽器ピアノソナタXVI:23先生と生徒音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲オルガン協奏曲XVII1:1協奏交響曲ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲93番軍隊ヒストリカル交響曲70番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番トランペット協奏曲悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲ピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかり十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーバッハヘンデルスカルラッティショスタコーヴィチ驚愕シェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフタリスリヒャルト・シュトラウスヨハン・シュトラウスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46皇帝日の出弦楽四重奏曲Op.71ブルックナー交響曲88番ベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズ弦楽四重奏曲Op.20交響曲67番交響曲9番交響曲65番交響曲73番交響曲39番交響曲61番狩りリームアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74無人島騎士オルランドアルミーダ変わらぬまこと哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲27番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26アレグリモンテヴェルディパレストリーナバード美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌オフェトリウムカノンよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ