ラ・ガイア・シエンツァによるフルート三重奏曲と室内楽版「驚愕」(ハイドン)

ちょっと前に手に入れたアルバム。室内楽が沁みる歳なんですね(笑)

LaGaiaScienza.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

ラ・ガイア・シエンツァ(La Gaia Scienza)によるハイドンのフルート三重奏曲(Hob.XV:16、XV:15、XV:17)、交響曲94番「驚愕」(ルートヴィヒ・ヴェンセスラウス・ラフニト(Ludwig Wenceslaus Lachnith)の編曲によるフォルテピアノ、フルート、ヴァイオリン、チェロの四重奏版)の4曲を収めたアルバム。収録は2008年11月、イタリア、ミラノ近郊のクレマ(Crema)という街のGiardino(庭?)でのセッション録音。レーベルは独ミュンヘンのWINTER & WINTER。

アルバムタイトルは「ロンドンのハイドン(HAYDN IN LONDON)」というもの。録音が2008年、リリースが2009年ということでハイドンの没後200年のアニヴァーサリーに当ててきた企画です。

奏者のラ・ガイア・シエンツァは古楽器の奏者の集まり。今日取り上げるWINTER & WINTERレーベルからシューベルト、ブラームスなどのトリオのアルバムがリリースされています。

フラウト・トラヴェルソ:マルコ・ブローリ(Marco Brolli)
ヴァイオリン:ステファノ・バルネスキ(Stefano Barneschi)
チェロ:パオロ・ベスキ(Paolo Beschi)
フォルテピアノ:フェデリカ・ヴァーリ(Federiva Valli)

意味深な団体名ということで調べてみると、ニーチェの著作の「悦ばしき知識」のイタリア語がラ・ガイア・シエンツァとのこと。ニーチェはこの著作で「神は死んだ」という有名な言葉を残しましたがもともとの意味は伝統的宗教からの決別したことを表すようですが、この言葉を団体名に掲げているということは、伝統的な演奏法とは決別したとの意と解すればいいのでしょうか。

メンバーはいずれもイタリア古楽器界の名手。ヴァイオリンのステファノ・バルネスキは最後に収録された室内楽版の「驚愕」にのみ登場しています。彼の演奏は協奏曲のソロを弾いたアルバムを一度取り上げています。

2014/12/02 : ハイドン–協奏曲 : ラ・ディヴィナ・アルモニアの協奏曲集(ハイドン)

このアルバムでのステファノ・バネルスキの演奏は見事の一言。完ぺきなテクニックに支えられ、自由闊達に遊びまわるような愉悦感すら感じさせる見事なものでした。記事で紹介したようにハイドンの交響曲全集の録音に着手した、イル・ジャルディーノ・アルモニコの音楽監督も務めています。
チェロのパオロ・ベスキは1980年にこのラ・ガイア・シエンツァの共同設立者。1953年イタリアのブレシア生まれ。ブレシアでチェロを学んだ後、ラ・ガイア・シエンツァの設立とともにバロックチェロに転向。1985年にはイル・ジャルディーノ・アルモニコの設立に参画しました。
フォルテピアノのフェデリカ・ヴァーリもラ・ガイア・シエンツァの共同設立者。イタリア、コモに生まれ、コモ音楽院でピアノとハープシコードを学び、室内楽の演奏家として活動後、1980年にラ・ガイア・シエンツァを設立しています。現在はコモ音楽院で室内楽とフォルテピアノを教えています。
フラウト・トラヴェルソのマルコ・ブローリは1970年、ミラノに生まれ、ミラノ音楽学校、ヴェネチアのマルチェッロ音楽院などで学び、その後フラウト・トラヴェルソをマルク・アンタイらに学びました。彼もイル・ジャルディーノ・アルモニコのメンバーであり、アッカデミア・ビサンチナなど名のある古楽器オケののメンバーでもあります。現在はパルマのアッリーゴ・ボーイト音楽学校、ミラノのクラウディオ・アバド音楽学校でフラウト・トラヴェルソを教えています。

これらの腕利きメンバーによって、ハイドンのフルート三重奏曲が穏やかに響きわたります。

Hob.XV:16 Piano Trio (Nr.28/op.59-1) [D] (before 1790)
鮮明な録音によって、空間にフラウト・ドラヴェルソ、フォルテピアノ、チェロが浮遊するように響きわたります。実に穏やか、オーソドックスな演奏。奇をてらった感じは皆無。リズムは規則正しく、ただただ各楽器の美しい音色が響きわたるのみ。このところ突き抜けた表現の演奏にいろいろ触れてきたからか、逆にこのオーソドックスさが新鮮に感じます。フォルテピアノのフェデリカ・ヴァーリが安定していながらも、イキイキとしたタッチで基調をつくっており、そのリズムにブローリとベスキが安心して身を委ねている感じ。極上のオーソドックスさ。単調に感じないのは、それぞれのパートの演奏に絶妙なメリハリを施しているからに他なりません。最初の楽章から爽やかな音楽に癒されます。
短調の印象的なメロディーが美しい2楽章。フラウト・トラヴェルソが軽やかな陰影に彩られたメロディーに仕立てあげます。フォルテピアノはドレスデンで1790年から95年に造られたルードヴィッヒ・ドゥルケン(Ludwig Dulken)という楽器のコピーですが、実に柔らかいいい音色。ヴァーリの自然なタッチが楽器の一番美しい音色引き出している感じ。
そして軽やかな印象を保ったまま、適度に快活なフィナーレにすっとつなぎます。録音が良いので各楽器の音色の美しさと、溶け合うハーモニーの美しさが際立ちます。演奏者の個性ではなく、純粋にハイドンの曲の美しさに身を任せらる極上の演奏と言っていいでしょう。

Hob.XV:15 Piano Trio (Nr.29/op.59-2) [G] (before 1790)
フラウト・トラヴェルソの美しい響きと、安定した演奏は全く変わらず、純粋に音楽を楽しむことに徹することができます。この曲の冒頭からしばらくの絶妙な転調の妙味と、ハイドンの機転を存分に堪能。脳から癒し成分が全身に回って、批評的思考回路が完全に停止(笑)。すでに気分は極楽浄土へ旅立った気分。この境地、実際に聴いていただければきっとわかります。広々とした空間にトリオの音色がゆったりと響きわたり、無駄な表現意欲によるアクセントもなく、淡々と音楽が流れます。奏者自身も無我の境地なのでしょう。クイケントリオでもこういった境地を感じますが、無我度は更に上を行きます。
美音だからこそ、控えめな表現が冴えるアンダンテ。これまでチェロに触れずに来ましたが、耳を澄ますと、完ぺきな脇役ぶり。音量も表現も控えめなんですが、フラウト・トラヴェルソとフォルテピアノの影から微塵も飛びださす、完ぺきなサポート。音楽に厚みの気配だけを加える見事さ。透明感あふれるアンサンブルは実はチェロのパオロ・ベスキの存在が大きいのかもしれません。いずれにせよ3人の絶妙な呼吸によってこの素晴らしい音楽が成り立っています。
ハッとするようなハイドンのアイデアによるリズムの面白さをさりげなく感じさせる終楽章の見事な入り。中間部でのフォルテピアノ低音のアクセントの面白さは、楽器の音色を知り尽くしたハイドンならではの表現。途中で静寂を感じさせる長い休符を挟み、作曲者をリスペクトするよう。表現意欲が前のめりにならずに実に心地よいですね。

Hob.XV:17 Piano Trio (Nr.30/op.59-3) [F] (before 1790)
曲ごとに千変万化する着想に脱帽しながら聴き進めます。モーツァルトのようなわかり易いひらめきではありませんが、このハイドンの着想の豊かさは、音楽を愛する人にこそ響く凄さがあります。前に使ったアイデアは決して使わないとでも思って書いているのでしょう。メロディーも聴かせどころも音色もすべてが新鮮。この曲は何回聴いても音楽の展開の新鮮さに驚きます。もちろん、極上の演奏だからこそ、着想の面白さに純粋に浸ることができるわけです。
さらに驚きに満ちた2楽章。この曲は2楽章構成です。練習曲のようなフォルテピアノのメロディにフラウト・トラヴェルソが加わることで、音楽が実に豊かになります。もちろん、チェロの存在もありますが、あいかわらず控えめな役に徹しています。ちょっとハッとさせられる中間部を挟んで主題が帰ってくる安心感も実に巧みな設計。変奏の一つ一つがキレているので音楽が弾みます。見事。

Hob.I:94 Symphony No.94 "Mit dem Paukenschlag" 「驚愕」 [G] (1791)
これまでのフラウト・トラヴェルソ、チェロ、フォルテピアノの三重奏にヴァイオリンが加わった四重奏に変わります。聴き慣れた驚愕の1楽章が室内楽の透明な響きで再現されます。ヴァイオリンのステファノ・バルネスキが加わったことで演奏スタイルが一変。フルート三重奏の穏やかな演奏から、すこしエッジを効かせた先鋭的な印象が加わります。もともと驚愕は4楽章構成ですが、この編曲ではメヌエットを除いた3楽章構成。主旋律はフラウト・トラヴェルソとヴァイオリン、フォルテピアノが代わる代わる担当します。ヴァイオリンが加わることで響きの印象も変わります。先ほどまでのトリオと異なり、フォルテピアノのヴァーリもリズムのキレを強調してきます。もちろん原曲のオーケストラ版では盛り上がる迫力が一番の聴かせどころですが、それをキレ味で置き換えようとしているようで、音量よりはカミソリのようなキレを強調した演奏。
アンダンテは少々速めのテンポで爽快さで聴かせます。ビックリのアクセントはヴァイオリンの鋭い音色できました。フルート三重奏の落ち着いた完成度の高い演奏とは異なり、即興性というか音楽に戯れるような無邪気さを狙っているのでしょう。驚愕の遊び心を本質的にとらえ、伝えるためにはオーケストラ版の迫力とは異なり自在な即興性で聴かせようということでしょう。1楽章よりもそのことを意識させる自在さがあります。
メヌエットがないので、ちょっと拍子抜けですが、フィナーレの軽やかな入りがうまく描けています。楽器構成の違いをもっとも感じさせないのがこのフィナーレでしょう。ヴァイオリンのバルネスキはかなり自在かつ踏み込んだ弓使い。ところどころにかなりキツイ音も散りばめて変化をつけていきます。心地よさを保っているのはヴァーリのフォルテピアノ。最後は原曲さながらのスリリングなクライマックスにもちこみ終了。これもなかなかの演奏でした。

「悦ばしき知識」という名の団体によるハイドンのフルート三重奏曲と室内楽版の「驚愕」。フルート三重奏曲と驚愕では演奏スタイルを一変させてきました。フルート三重奏曲を前に置いたのは正解でしょう。アルバムタイトルどおり、ロンドンで作曲したハイドンの曲をまとめたアルバムですが、円熟の境地を感じさせるフルート三重奏曲は、オーソドックスな演奏の最高峰と言ってよい素晴らしい演奏。この曲の入門盤として広くオススメできる名演奏です。一方驚愕の方は、ハイドンのロンドンでの圧倒的な評判から室内楽に編曲して楽しむためのものでしょうが、コミカルにさえ感じさせる即興的な演奏でまとめてきました。この表現の多彩さをもつのに、前半のフルート三重奏をしっとりとまとめた手腕は見事の一言。評価は全曲[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ