作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

【新着】ヴィニシウス・ペレスのリュートによるソナタ(ハイドン)

2
0
本日は珍しいアルバム。リュートでハイドンのソナタを演奏しているアルバムです。

ViniciusPerez.jpg
TOWER RECORDS / amazon / ローチケHMVicon

ヴィニシウス・ペレス(Vinícius Perez)の13弦リュートによる、ハイドンのピアノソナタ(Hob.XVI:10)、カール・コハウト(Karl Kohaut)のリュートソナタ、モーツァルトのディヴェルティメント(KV439b/II)、クリスティアン・ゴットリーブ・シャイドラー(Christian Gottlieb Scheidler)のモーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」の主題による変奏曲の4曲を収めたアルバム。収録は2015年5月9日、10日、スイスのバーゼルの南の街バインウィルにあるバインウィル修道院(Kloster Beinwil)でのセッション録音。レーベルは独ライプツィヒのklanglogo。

ハイドンのピアノソナタが鍵盤楽器以外で演奏されるのは非常に珍しいこと。ブログを始めた頃にアコーディオンで弾いたアルバムを取り上げたことはありますが、これも鍵盤楽器の範疇でしょう。

2010/02/02 : ハイドン–ピアノソナタ : 珍盤! アコーディオンソナタ

さて、リュートといえば当ブログによくコメントをいただくmichaelさんの縄張り(笑)。私自身はリュートに詳しいわけでもなく、たまに聴く程度なんですが、リュートやギターは好きな楽器です。特にリュートの吸い込まれてしまうような雅な響きは格別魅力的です。普段ハイドンばかり聴いているのですが、ちょっと確認してみたところ、リュートのアルバムも以前に2度ほど取り上げています。

2011/05/16 : ハイドン–室内楽曲 : ヤコブ・リンドベルイのリュートによる室内楽
2010/06/28 : ハイドン以外のレビュー : ポール・オデットのリュート

特にポール・オデットのアルバムは手元に何枚かあり、時折リュートの音色が恋しくなった時にかけて楽しんでおります。

今日取り上げるアルバムでリュートを引いているヴィニシウス・ペレスは、まったく初めて聴く人。ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ生まれで幼少時からギターを学び、その後リュートなどの古楽器へ興味を持つようになります。スイスのバーゼルのスコラ・カントルム・バジリエンシスでその道の権威であるホプキンソン・スミスに師事し、現在はソリストやコンティニュオ奏者として活躍しているとのこと。どうやらこのアルバムがデビューアルバムということのようです。

最新の録音らしく鮮明な響きでリュートの美音が楽しめるアルバムです。例によってハイドンの曲のみレビュー。

Hob.XVI:10 Piano Sonata No.6 [C] (before 1760)
ピアノソナタをペレスがリュート演奏用に編曲したもの。もちろんメロディーは同じですが、音色が異なるだけで雰囲気はまったく異なり、中世の曲を聴いているような気になります。このソナタの冒頭はピアノで弾くとリズムのキレで聴かせるのですが、リュートの弦を弾くの若干のリズムの重さが逆にアルカイックな雰囲気を濃く感じさせます。静かな修道院のホール響き渡るリュートの響き。スピーカーの前にリュートが定位。比較的近くで弾いている感じです。右手の位置を巧みに変え、音色を変化させるのはギター同様の手法。音色と音量を巧みに操り、またリュートらしい余韻の長い響きに包まれながらの演奏。フレーズごとに表情を少しずつ変えることで音楽の彫りが深くなっていくところも流石です。1楽章は落ち着いた表情を保ちながら実にデリケートなコントロール。終盤の高音の美しい響きさらりと聴かせ、また音量をすっと落として、吸い込まれるような魅力を振りまきます。
続くメヌエットは音楽の流れの良さで聴かせます。微妙なリズムの変化の面白さに集中します。中間部のトリオではじっくりとメロディーを焼き付けるような印象的な演奏。ハイドンらしい美しいメロディーに中世のお化粧を施したよう。そして再びメヌエットのメロディーがサラサラと流れます。
フィナーレでは程よく快適な速さながら落ち着きを保った演奏。高音の主旋律だけがクッキリと浮かび上がるよう、右手のタッチは見事なもの。フレーズごとに音色が次々と変わりますが、流れの良さはしっかり保つことで、曲がまとまります。最後の一音の余韻が空間に消えていくようすを楽しんで終わります。

つづくコハウト、モーツァルト、シャイドラーの演奏も落ち着いた深い響きを存分に楽しめる名演奏。ヴィニシウス・ペレス、若いのにじつに穏やかな音楽を聴かせる人でした。

リュートという楽器にはなにか特別な神々しい雰囲気を感じさせます。ハイドンという作曲家が英知を尽くして書いた曲なんですが、作曲家の個性を上回る響きの個性が曲に満ちることで、ハイドンの音楽というよりリュートの音楽に聴こえてしまうのが不思議なところ。心に触れる高音の典雅な響き、長く漂う余韻、微妙に変化する音色。ヴィニシウス・ペレスという人は、このリュートの魅力をふまえて、控えめな表現で静かに深い音楽を奏でる人でした。この深さは思慮深い控えめさがポイントなのでしょう。これからが楽しみな人ですね。ハイドンの評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

2 Comments

There are no comments yet.

michael

No title

こんばんは

こんな興味深いアルバムがでているとは知りませんでした。
ハイドンがどう味わえるか、ぜひ聴いてみたいです。
シャイドラーの変奏曲は練習曲がわりに弾いた曲なので、これも別の意味で興味深いです^^

Daisy

Re: No title

michaelさん、早速コメントありがとうございます。

やはりリュートの響きは魅力的ですね。このアルバムもモーツァルトにハイドンは知ってはいても、コハウトにシャイドラーと全く未知の作曲家の作品は実に新鮮に響きます。これはこれで奥が深いですね。

  • 2016/06/10 (Fri) 23:17
  • REPLY