スイトナーの「軍隊」/クライネルトの「時計」(ハイドン)

素晴らしいLPを発掘しました!

IMG_5633.jpg

オトマール・スイトナー(Otmar Suitner)指揮のライツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester, Leipzig)の演奏によるハイドンの交響曲100番「軍隊」、ロルフ・クライネルト(Rolf Kleinert)指揮のベルリン放送交響楽団(Berliner Rundfunk-Sinfonie-Orchester)の演奏による、ハイドンの交響曲101番「時計」の2曲を収めたLP。収録年の記載はありませんが、ネットで情報を探すと、両者とも1964年の録音のようです。レーベルは天下のイエローレーベルDeutsche Grammophon。

このアルバム、最近オークションで手に入れたもの。もちろん、狙いはスイトナーの軍隊。オトマール・スイトナーはN響の名誉指揮者だったことから日本でも人気があった人。私もスイトナーの振ったモーツァルトの交響曲集は愛聴盤にしていて、好きな指揮者です。スイトナーの振るハイドンの録音は少なく、手元にはLPが1枚あるのみで、今年の初めに記事にしております。

2016/01/11 : ハイドン–協奏曲 : カール・ズスケ/スイトナー/ベルリン国立歌劇場管のヴァイオリン協奏曲(ハイドン)

今日取り上げるアルバムはスイトナーの振る軍隊と、ロルフ・クライネルトの振る時計を組み合わせたもので、もともとはETERNAのプロダクションですが、東西の壁があった時代のもの故、西側にはDGが流通させていたものということでしょう。オリジナルのETERNA盤を探せばいいのでしょうが、状態の良いDG盤も捨て難いということで落札したものです。

手元に到着してまずはA面のスイトナーの演奏から聴きましたが、予想どおりの堅実、流麗な演奏。念のためB面のクライネルトの演奏を聴いてビックリ! 気力充実の素晴らしい演奏なんですね。スイトナーの演奏だけだったら記事にしていたかどうかわかりません。そう、このアルバムのメインはクライネルトの時計なんです。

ということでクライネルトの略歴をさらっておきましょう。ロルフ・クライネルトは1911年、ドレスデン生まれの指揮者。1931年から1933年までザクセン国立歌劇場附属のオーケストラ学校で指揮、ピアノ、ヴァイオリン、オーボエやトランペットなどを学びました。卒業後はフライブルクの歌劇場、ブランデンブルク市立劇場などで指揮をすることになり、終戦後の1947年からライプツィヒ放送管弦楽団を振り、1949年から1952年までゲルリッツ歌劇場の音楽監督などを歴任します。1952年からこのアルバムで演奏を担当するベルリン放送交響楽団を振るようになり、当時首席指揮者だったヘルマン・アーベントロートが亡くなった後、1959年から首席指揮者となりますが、1975年に任期中に急逝したとのこと。旧東独圏だったからか、日本ではあまり知られた人ではありませんが、この録音を聴く限り、素晴らしい演奏を引き出す人との認識です。

まずはスイトナーから。

Hob.I:100 Symphony No.100 "Military" 「軍隊」 [G] (1793/4)
LPのコンディションは悪くありませんが、音にシャープさが足りません。おそらくETERNAの原盤はもう少しフレッシュな響きが聴かれるのではないでしょうか。それでも分厚い響きはよく再現されていて、スイトナーらしい流れの良い音楽がすぐに迫力を帯びて響き渡ります。比較的速めのテンポで淀みなく盛り上がっていきます。スイスイ進みながらおおらかに盛り上がる、流石スイトナーという指揮。このしなやかな流れこそスイトナーの魅力と言っていいでしょう。1楽章の素晴らしい構築感が燦然と輝きます。
続く軍隊の行進の2楽章も入りは激しなやか。リズムを強調するのは終盤の盛り上がりに備えた一部分だけ。しかもその盛り上がりも正統派で媚びないもの。スタイリッシュとまではいかないものの、軍隊のトルコ風のメロディーをここまでしなやかな印象に包んでくるのは流石なところ。
メヌエットでもおおらかな自然な起伏のなかにしなやかな力感を込められたもの。この自然さに勝る説得力はありません。耳を澄ますと自然に聴こえるフレーズの一つ一つの終わりにすっと力を抜くところがあり、それがただの自然さとは段違いの豊かな表情をつくっていることがわかります。
フィナーレではようやく、ぐっと踏み込みオケの底力を感じさせますが、アンサンブルは一糸乱れぬリズムで盤石の安定感。そしてここでもフレーズごとに力の入れ具合を巧みにコントロールして、まるで柔らかな階調のモノクローム写真のように陰影の微妙な違いの美しさと、落ち着いたコントラストのリズムを際立たせます。特にフィナーレのデリケートなコントロールは秀逸。隅々までスイトナーの美学が行き渡った完ぺきなコントロール。トルコ風の打楽器陣もことさら目立たせることなく調和のとれた音量でまとめます。み、み、見事!

この演奏の素晴らしさに酔って、つづいて盤を裏返してクライネルトの時計を聴くと、さらにその上をいく演奏ではありませんか!

Hob.I:101 Symphony No.101 "Clock" 「時計」 [D] (1793/4)
スイトナーにしつけられたライプツィヒ・ゲヴァントハウス管とは異なり、少々の荒さをともなうベルリン放送響。穏やかな序奏を終え主題に入ったところでオケにみなぎる異常なエネルギーに驚きます。時計はもともと1楽章の構築美が聴きどころですが、この演奏はあまりに見事にその構築感とみなぎる力感を惜しげもなく表現しています。ぐっと身を乗り出しクライネルトの棒を想像しながら音楽に身を任せます。スイトナーの洗練された美しさもいいですが、このクライネルトの燃えたぎるような盛り上がりには圧倒されます。まさに理想的な時計の1楽章。迫力を帯びた弦楽器の深い響きも素晴らしい!
続く時計のアンダンテも理想的な古典の均衡を保ったもの。一貫した少し速めのリズムに乗って次々とメロディーの変奏が重なり、音楽が進むにつれて成熟し、徐々に力が漲り盛り上がっていく様子は手に汗握る迫力。リズムが終始一貫して保たれながら表情が次々と変化するところはかなりのコントロール力を要するところでしょう。終盤静かに転調するところは鳥肌がたつような見事なセンスでまとめます。
そしてメヌエットもスイトナーのしなやかさとは異なり、力感で聴かせるタイプ。オケが豪快に鳴り響く快感に素直に酔いしれます。ハイドンのメヌエットの魅力をレコードの表と裏で双方素晴らしい異なる解釈で楽しめるとは贅沢極まりないもの。中間部のフルートによる軽やかなメロディーと重量級のオケの掛け合いの見事なセンス。ただ力強いのではなく、ドーリア式神殿のデリケートなプロポーションによる優美さを兼ね備えた力感のような洗練された力強さ。
フィナーレの入りはもちろん軽さを印象付けてから、スロットルをぐっと全開にしていく面白さを味あわせてくれます。ところどころに印象的なアクセントをつけ、またスロットルを巧みにコントロールして、まさに自在にオケを操り、クライマックスを何段階にも繰り返しながら最後はフーガのような郷愁を感じさせ、フィニッシュ!

いやいや、クライネルトの時計、あまりの素晴らしさに絶句です。ハイドンが2度のロンドン旅行を経て到達した交響曲というジャンルの頂点といえるこの曲の理想の演奏と言っていいでしょう。もちろんスイトナーの軍隊も絶品ですが、軍隊をスタイリッシュに聴かせるというのは変化球の範疇。クライネルトの時計はまさにど真ん中の豪速球ストレート。この時計の素晴らしさは深く心に刻まれました。そもそもこのアルバム、西側のDGが東側のETERNAの名演奏を2つまとめた企画ですが、当時の東側の音楽の質の高さをものがたる貴重なプロダクションでしょう。オークションや中古ではまだまだ見かける盤故、ご興味のある方は是非聴いてみられることをお勧めします。評価はもちろん[+++++]を進呈です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 軍隊 時計 ヒストリカル LP

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
D.Gイエロー・レーベルとは貴重ですねv
うちはアズキ色のヘリオドール盤で同内容のがあります;
何故こういうカップリングになったのかわかりませんが、両面の個性の違いが逆に楽しめますね、大切にしている一枚です。

Re: No title

michaelさん、コメントありがとうございます。

やはりあるところにはあるものです。こういった素晴らしい演奏のアルバムですと、やはりできるだけコンディションの良いオリジナル盤が欲しくなってしまうところですね。DG盤にヘリオドール盤、ETERNA盤とやはり微妙に音が違いそうですね。深みにハマると出てこれなそうで怖いです(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノ協奏曲XVIII:4軍隊ヒストリカル交響曲93番交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:11交響曲80番交響曲81番トランペット協奏曲ヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6悲しみロンドンオックスフォードモーツァルト交響曲4番ヨハン・クリスチャン・バッハピアノソナタXVI:51豚の去勢にゃ8人がかりピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉スカルラッティヘンデルラモーバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザークベートーヴェン交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲古楽器時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.54弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲トマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズナッセンベンジャミンウェーベルンメシアンシェルシグリゼーヴァレーズOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番交響曲39番狩り交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48アンダンテと変奏曲XVII:6四季交響曲全集ラヴェルリムスキー・コルサコフピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:45第九太鼓連打交響曲99番ボッケリーニシューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74騎士オルランド無人島哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまことアルミーダチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲19番交響曲58番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎協奏交響曲オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲90番交響曲97番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹ライヴ録音SACDマリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31アレグリバードモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ