作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

オリヴィエ・ロベルティのピアノ協奏曲集(ハイドン)

0
0
少々間があいてしまいました。今日は知る人ぞ知るマイナー盤です(笑)

RobertiCon.jpg
amazon(mp3)

オリヴィエ・ロベルティ(Olivier Roberti)のピアノ、クルト・レーデル(Kurt Redel)指揮のイギリス室内管弦楽団(English Chamber Orchestra)の演奏でハイドンのピアノ協奏曲(Hob.XVIII:9)、ピアノとヴァイオリンのための協奏曲(Hob.XVIII:6)、ディヴェルティメント(Hob.XIV:8)、ピアノ協奏曲(Hob.XVIII:5)の4曲を収めたアルバム。収録は1993年1月28日から30日にかけて。収録場所は記載されていません。レーベルは仏PIERRE VERANY。

このアルバム、最近ディスクユニオンで見かけて手に入れたもの。聴いてみてなかなか素晴らしい演奏ということで取りあげた次第です。同じ奏者による別のピアノ協奏曲集(Hob.XVIII:11、4、F2、XIV.4)が手元にあり、そちらは1991年の録音。今回聴き比べてみたところ、たった2年さかのぼった録音なだけですが、そちらはピアノもオケもキレがイマイチ。曲の仕上がりにかなりの差があります。前に出たアルバムを聴いてたいしたことないやと思って次にリリースされるアルバムに手を出さないというのはよくあることですが、今回のように、前のリリースよりもはるかにいい演奏という場合もあるので侮れません。

さて奏者の情報ですが、ピアノのオリヴィエ・ロベルティについてはライナーノーツにも情報の記載がなくネットにもあまり詳しい情報がありません。おそらくベルギー生まれのピアニストで、ブリュッセル王立音楽院、ジュネーブ音楽院などで学び、カルロ・ゼッキ、レオン・フライシャー、クラウディオ・アラウなどに師事しています。録音はこのハイドンの協奏曲2枚の他にはメンデルゾーンの協奏曲くらいしかない模様ですが、ヨーロッパでは広く演奏活動をしていたようで、2004年からは小澤征爾がスイスで設立した国際音楽アカデミーの音楽監督をしています。
指揮者のクルト・レーデルは1918年生まれのドイツの指揮者。終戦までドイツ領で現ポーランド領のブレスラウ(ウロツワフ)音楽院で指揮、フルートなどを学び、1938年、20歳の時にマイニンゲン州立オーケストラの首席フルート奏者になりました。1942年にはバイエルン国立オーケストラの首席奏者に就任、1952年にはミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団を創設し音楽監督となりエラートレーベルなどに多くの録音を残していますが、2013年に亡くなられています。日本では今ひとつ知られていない人ですね。

こういった未知の演奏者の素晴らしい演奏を聴くのは無上の喜びなんですね。

Hob.XVIII:9 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (before 1767)
みずみずしく小気味好いオケの序奏。残響は適度で響きの良い会場での録音のよう。オリヴィエ・ロベルティのピアノはオケのキレ味の良さを受けて、絶妙のリズム感。シンプルな曲ほどタッチのキレの鮮やかさが活きてきます。ピアノが実に軽々とリズムを刻み、曲の華やかさが浮かびあがります。この曲自体はハイドンの真作ではない可能性が高い曲ですが、晴朗なメロディーの美しさはなかなかのもの。ハイドンらしい凝った構成感や展開の意外さは少々劣りますが、なかなかいい曲です。鮮度の高い演奏で曲の面白さが際立ちます。
アダージョはしなやかで叙情的な曲。まるでロマン派の曲を聴くよう、オケもピアノもすっと沈み、音色も柔らか。ところどころで明るい響きが射すような微妙な表情の変化が実に美しい。ピアノとオケは完全に一体化して見事に息が合っています。とろけるようなひと時。カデンツァは程よい陰りと美しいピアノの響きがバランスよく表現されています。
フィナーレも力が抜けて余裕たっぷりに流す感じがいいですね。ロベルティのピアノもタッチの軽さを保ったままさらりといきます。そしてクルト・レーデルの振るイギリス室内管もさらりと受け、演奏自体を純粋に楽しむようなおおらかさが滲みます。これだけリラックスしたフィナーレはなかなかありません。1曲目から極上のリラックスした演奏。

Hob.XVIII:6 Concerto per violino, cembalo e orchestra [F] (1766)
ヴァイオリン独奏は、マチェイ・ラコフスキ(Maciej Rakowski)。この曲でもみずみずしく小気味好いオケの序奏は変わらず。ソロもオケもうまく聴かせようというのではなく、やはり演奏を奏者自身で楽しむような愉悦感に溢れています。ロベルティのピアノは前曲同様。ラコフスキのヴァイオリンはことさら存在感を感じさせるのではなく、ヴァイオリンパートがソロになったような自然なもので、ピアノやオケのとの掛け合いも自然。かえってこの曲のこの演奏ではいい感じにまとまってます。作曲年代的にはシュトルム・ウント・ドラング期のもので、まるでエステルハーザの楽団でニコラウス侯に聴いてもらうための演奏のような素朴なまとまり。
演奏によっては透徹した美しさを引き出してくる2楽章のラルゴですが、ここでも等身大の演奏するための音楽といった風情は変わらず、むしろ素朴な美しさの方が浮かび上がってきます。これはこれで素晴らしい演奏です。
フィナーレでも流れの自然さと余裕は変わりません。協奏曲とはステージ上ではなく、練習場で弾いて楽しむものかもしれないと思ってしまいます。表現意欲にあふれた演奏という感じではありませんが、抗しがたい魅力を持っています。

Hob.XIV:8 Divertimento [C] (c.1768/72)
3楽章で10分弱の小曲。これまでの協奏曲同様の演奏ですが、小編成な分、より響きが純粋になり、虚心坦懐な演奏。ロベルティとレーデルの特質がより活きて、しなやかな演奏。これ以上のどのような演奏も必要ないような説得力に満ちた自然さ。純粋無垢な奏者の心を写したような演奏。絶品です。

Hob.XVIII:5 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [C] (before 1763)
このアルバム最後の曲。完全にロベルティとレーデルの術中にはまっています。冴え冴えとしたテクニックを聴かせるばかりが音楽ではないと言われているよう。演奏する喜びが満ち溢れ、手作りの音楽の素朴な美しさがハイドンの真髄なのでしょう。聴いているうちにメロディーの美しさ、ピアノの響きの美しさ、管弦楽のとろけあうハーモニーの美しさと、音楽のもっとも基本的な魅力の絶大な威力に圧倒されて、聴いているこちらがとろけてしまいそう。オケもピアノも演奏のイメージが完全に重なってソロとオケの対決姿勢など微塵もなく、平和そのもの協奏曲。
つづく2楽章のアンダンテはオケの温かい響きとピアノの響きが溶け合いながら癒しに満ちたメロディーを紡いでいき、そしてフィナーレでは、ピアノが晴れ晴れとしたクリアな響きでオケをリードしながら美しい響きの響かせ合いのごとき風情。さらりと終えるところもなかなかのセンスです。

聴き終えると音楽の喜びに満たされたような幸せな気持ちになる素晴らしいアルバム。もちろん、これだけの演奏をするにはかなりのテクニックが必要だとは思いますが、そういったことをまったく感じさせない自然な音楽が満ち溢れ、純粋にハイドンの書いた音楽の素晴らしさに触れられるような演奏です。これはピアノのオリヴィエ・ロベルティと指揮のクルト・レーデルの目指す音楽が完全に一致しているからこそのものと思います。私は激気に入りました。もちろん全曲[+++++]をつけさせてもらいます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ

関連記事

0 Comments

There are no comments yet.