作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

クイケン/ラ・プティット・バンドのラメンタチオーネ、52番、帝国(ハイドン)

0
0
本日はなぜかクイケン/ラ・プティット・バンドの初期交響曲集。ずいぶん前に手にいれたものです。

Kuijken26.jpg
amazon / amazon(別装丁盤) / TOWER RECORDS(別装丁盤)

シギスヴァルト・クイケン(Sigiswald Kuijken)指揮のラ・プティット・バンド(La Petite Bande)の演奏で、ハイドンの交響曲26番「ラメンタチオーネ」、52番、53番「帝国」の3曲を収めたアルバム。収録は1988年3月、アムステルダム近郊のハールレム(Haarlem)にある統一メノナイト教会(Doopsgezinde kerk)でのセッション録音。レーベルはVirgin classics。

クイケンは指揮者としてもヴァイオリン奏者としても、最近はスパッラ奏者としても活躍しており、室内楽のアルバムも多数リリースしています。指揮者としてハイドンの曲を振ったアルバムだけでもこれまでずいぶんな数を取り上げています。

2016/01/05 : ハイドン–協奏曲 : エヴァルト・デマイヤー/ラ・プティット・バンドのハープシコード協奏曲集(ハイドン)
2012/11/18 : ハイドン–交響曲 : 【新着】クイケン/ラ・プティット・バンドの「朝」、「昼」、「晩」
2011/09/14 : ハイドン–声楽曲 : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのテ・デウム
2011/07/04 : ハイドン–オラトリオ : クイケン/ラ・プティット・バンド1982年の天地創造ライヴ
2010/03/22 : ハイドン–交響曲 : クイケンのザロモンセット
2010/03/21 : ハイドン–交響曲 : クイケンのパリ交響曲集

というか、クイケンの構えなく自然な演奏の中に深い音楽を感じさせる演奏、私はとても気に入っているということなんです。また、4年前にはコンサートにも出かけ、最近のクイケンのOVPPで透明度を増しながらも音楽の真髄に近付こうとする純度の高い演奏に生で触れる事ができました。

2011/07/02 : コンサートレポート : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのブランデンブルク協奏曲

クイケンを取り上げようと思ったのは、今週末に再びクイケン/ラ・プティット・バンドのコンサートに出かけるから。今週末のプログラムは、実はちょっと苦手にしているマタイ受難曲。普段は晴朗かつ変化に富んだハイドンの音楽ばかり聴いているので、バッハの中でも受難曲という重くドラマティックな曲を長時間聴き続けるのにはかなりの努力を要するわけです。ということで、クイケンのキレのいいハイドンで脳をリフレッシュしておこうという狙いです(笑)

Hob.I:26 Symphony No.26 "Lamentatione" 「ラメンタチオーネ」 [d] (before 1770)
古楽器のシャープな音色による疾走する入り。いきなり鮮度高く、キレのいい古楽器オケのタイトなアンサンブルが響きわたります。冴え冴えとしたリズムのキレが印象的。独特の仄暗さを感じさせるこの曲の1楽章をキリリと締め上げのっけから見事。
美しいメロディーが印象的な2楽章のアダージョ。哲学者の1楽章同様、淡々とメロディーを置いていきますが、その淡々としたメロディーがよく聴くと実にくっきりと浮かび上がります。単調さとは無縁の際立つ孤高感。古楽器だけにゆったりとした感じはしないのですが、逆にしっかりと引き締まった響きから詩情がにじみ出る感じ。こりゃ絶品です。
3楽章はメヌエット。かっちり引き締まったオケから、キレのいいアクセントと木管の加わった独特の響きが雰囲気を盛り上げます。この曲に宿るハイドンの時代の空気のようなものが立ち上るような感覚を覚えます。古楽器の演奏のなかでも冴え渡るオーケストラの魅力を最も感じる演奏と言っていいでしょう。

Hob.I:52 Symphony No.52 [c] (before 1774)
続いて52番。いきなりこの曲のリズムの面白さと素晴らしい躍動感に圧倒されます。小編成ゆえ重低音は期待できないのですが、代わりに引き締まりまくったタイトな響きの魅力は並ではありません。クイケンはオケをグイグイドライブしていきます。今更ながら古楽器オーケストラの真の魅力に触れた感じ。
続く弱音器つきの弦楽器によるアンダンテも引き締まったオケが冴え渡ります。記憶の中の演奏より数段キレています。流石にクイケンといったところ。ゆったりとした歩みなのに冴え冴えとした感覚に包まれる恍惚感、さりげないメロディーなのにものすごい立体感が見事。メロディーが繰り返されながら至福の境地に至ります。
メヌエットは深い憂いに包まれた音楽。この曲のメヌエットがここまで深みを帯びて聴こえるとは改めて驚きを感じるほど。音楽が進むにつれてしなやかに響きが変化し、起伏も大きく大胆さまで感じるほどに成長します。
フィナーレも陰りがつきまといます。冒頭から想像力の限りを尽くした展開が圧巻。このメロディーの綾を成長させて大きな流れを作っていくハイドンの筆致とそれをあまりに見事に織り上げるクイケン/ラ・プティット・バンドの演奏に圧倒されます。偉大な創造力にひれ伏します。言葉にならないほど完璧な演奏。

Hob.I:53 Symphony No.53 "L'Imperiale" 「帝国」 [D] (1778/9?)
このアルバム最後の曲。冒頭から陽光に輝く白亜の神殿のような堂々とした響きに驚きます。次々に変化するメロディーと意表をつく展開に手に汗握ります。恐ろしいばかりのハイドンの想像力。どうしたらこのような展開が思いつくのか凡人には理解できません。次々と繰り出されるアイデアが有機的に絡まり、大きな幹に育っていく様子はまさに天才的なもの。そしてクイケンもそうした創造の産物を実に巧みに織り上げ、引き締まった響きで料理していきます。この曲の面白さをあらためて認識した次第。
続くアンダンテの弾むようなリズムの活き活きとした様子はこれまた見事と思っていたら、あっという間に陰りのあるしなやかな中間部に変化しています。曲想に追いつくのに脳細胞が覚醒して対応。あまりの展開の面白さにこちらも冴え渡ります。オーケストラは楽器の音色の変化も加わることで、変化の面白さも格別。
メヌエットはオーソドックスで逆に驚きます。常に聴き手の期待の矛先をかわすいたずら心に満ちています。中間部はそれを面白がるようなコミカルな曲想。ほくそ笑むハイドンの顔が見えてきそうです。
フィナーレは流線型のフォルムに包まれた明るい音楽。フレーズごとに表情を微妙に変えながら展開、印象的な転調、はっとするような展開をいくつも経てクライマックスへ向かいますが、迫力ではなくあまりにキレたアイデアの連続に圧倒される感じ。いやいや聴き終わるとアイデアを追いかけるのに総動員した脳細胞がエクスタシー状態。ハイドンの創意にノックアウトされます。

実に久しぶりに取り出したクイケンのアルバムですが、記憶に残る演奏とは段違いのすばらしさに改めて驚きました。ハイドンのシュトルム・ウント・ドラング期からそれ以降にかけての交響曲の演奏の頂点と言ってもいい素晴らしい演奏でした。全編に冴え渡り、タイトな響きに包まれ、そしてハイドンの創意の真髄に触れる面白さ。録音も古楽器演奏の魅力を万全にとらえた見事なもの。今でこそ古楽器演奏はいろいろ選択肢はありますが、このころの演奏の中で頭ひとつ抜けた特別の存在と言っていいでしょう。評価は[+++++]に付け直しました。

さて、週末のマタイ、クイケンの現在の音楽と私の器が合いますでしょうか、、、

(追伸)Ponisさん、貴重な情報ありがとうございます!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

0 Comments

There are no comments yet.