ヴィア・ノヴァ四重奏団の「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」(ハイドン)

少し間があいてしまいましたが、名盤探求の巡礼は続けております。今日はLP。

IMG_5035.jpg

ヴィア・ノヴァ四重奏団(Quatuor Via Nuova)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏版「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」を収めたLP。収録はPマークが1972年とだけ記載されています。レーベルは今も元気なERATO。

ヴィア・ノヴァ四重奏団はWikipediaなどによると、1968年にサヴォワのラ・プラーニュで開かれた音楽祭を契機にヴァイオリニストのジャン・ムイエールによって設立されたフランスの四重奏団。メンバーは当初パリ音楽院出身者が中心でしたが、1970年代はじめにムイエール以外のメンバーが入れ替わり、当時パリで活躍していた奏者などになったとのこと。なお、ヴィア・ノヴァとは「新しい道」の意で先の音楽祭でムイエールが提唱した芸術運動の名称とのこと。

このアルバムのメンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:ジャン・ムイエール(Jean Mouillère)
第2ヴァイオリン:アラン・モリア(Alain Moglia)
ヴィオラ:クロード・ナヴォー(Claude Naveau)
チェロ:ロラン・ピドゥー(Roland Pidoux)

Wikipediaに掲載されているメンバーと比べると、ムイエール以外は創設メンバーから替わった後のメンバー。第2ヴァイオリンのアラン・モリアは以前彼の指揮する協奏曲集を取り上げています。

2015/01/04 : ハイドン–協奏曲 : アラン・モリア/トゥールーズ室内管の管楽協奏曲集(ハイドン)

また、チェロのロラン・ピドゥーも以前、三声のディヴェルティメントでチェロを弾いたアルバムを取り上げています。他にハイドンのチェロ協奏曲でソロを務めたアルバムもあり、初めて聴く人ではありません。

2015/02/28 : ハイドン–協奏曲 : エルヴェ・ジュランのホルン協奏曲など(ハイドン)

このアルバムを手にいれたのは、先に紹介した幸松肇著の「レコードによる弦楽四重奏曲の歴史」の上巻にこのアルバムの素晴らしさに触れたくだりがあり、それを読んだ直後にディスクユニオンの店頭で出会ったという偶然もあります。まあ、前置きはこのくらいにしてレビューに入りましょう。

Hob.III:50-56 String Quartet Op.51 No.1-7 "Musica instrumentare sopra le 7 ultime parole del nostro Redentore in croce" 「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」 (1787)
LPの状態はノイズもほとんどなく悪くありません。教会堂での録音でしょうか、眼前にクァルテットがリアルに定位しますが、残響それを邪魔せず豊かに響く、この曲に最適な響き。序奏はゆったりとしたテンポで冷静沈着な演奏。祈りにもにた敬虔さが漂う高貴なもの。4本の楽器は対等な音量ですが、やはり微妙にジャン・ムイエールの旋律が浮き上がり、ピリッとします。

第1ソナタに入っても、ゆったりと時間が流れるような絶妙なテンポ感。非常にしなやかにフレーズを磨きこみ、特に弱音分のデリケートなコントロールが秀逸。孤高の響きに耳を奪われます。フレーズからにじみ出る癒し。特にチェロ、ヴィオラの弓の動きがくっきりと浮かび上がり、アンサンブルの面白さが浮かび上がります。

繊細な響きの魅力を帯びた第2ソナタ。一貫して孤高の響きは健在。時折強奏の部分で見せる表情の険しさが演奏の峻厳な陰影の深さを際立たせ、穏やかな表情の部分との対比で詩情を豊かに感じさせる絶妙の演奏。

穏やかで味わい深いいぶし銀の響きのうねりが続きます。薄暗い教会堂に徐々にうっすらと陽の光が差し込むように明るい響きに推移してゆくアンサンブル。チェロに引き継がれたメロディーを体に響き渡るような低い音でただただしっかりと受け継ぎます。穏やかながらも起伏に富んだ音楽の流れに身を任せているうちにA面が終わります。

レコードを裏返して第4ソナタへ。ゆったりとした甘美な雰囲気は変わらず、ときに孤高の響きを聴かせる高貴さも保たれます。第4ソナタはこの曲でも最も寂しげな響きに満ちた曲ゆえ、純粋にヴィア・ノヴァ四重奏団のいぶし銀の響きを楽しみます。

演奏によって大きな表情の違いをみせるピチカート伴奏にのった第5ソナタ。ピチカートはかなり控え目で、時折慟哭する部分とのコントラストがくっきりつきます。全編に響きの味わい深さが感じられるのがこのクァルテットの特徴。険しい部分が険しいだけに終わらない余裕があり、結果として起伏に富んだ音楽のゆったりと流れる様が一望できる感じにまとまります。

終盤の聴きどころの第6ソナタ。表現の幅と峻厳さに磨きがかかります。そしてすっと朴訥に現れる美しいテーマに心が洗われます。アンサンブルの険しさから逃れるように優しく響く第1ヴァイオリンにはっとします。中間部は神がかったような陶酔感。4本の楽器が激しくせめぎ合いながら天に昇ってゆくような不思議な感覚に襲われます。そして再び美しいテーマに戻り、興奮が鎮まります。

そして大詰め第7ソナタ。夕暮れどきのような黄昏れた気配に満ちた入り。これまでを振り返るようにしながらも、遅くなりすぎないように歩みを進め、弱音器つきの楽器によるタイトなアンサンブルがうねります。4人の音楽が完全に揃い、一糸乱れぬアンサンブルによる穏やかな緊張感。情感タップリな演奏とは逆に、抑えた表現から滲み出る味わいの豊かさを感じさせるもの。最後は消え入るように。

そして終曲の地震。程よい迫力の甘美な響き。迫力よりもむしろ精緻なアンサンブルと、響きの美しさで聴かせる演奏。これが弦楽四重奏曲版での正しい表現のあり方でしょう。

今から40年以上前に録音された、フランスのヴィア・ノヴァ四重奏団による「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」。独墺系の演奏とはやはり一味ちがう品の良さというか、センスの良さがあり、そしてフランスらしいくっきりとした弦のアンサンブルが堪能できるアルバムでした。このアルバムもどうしてCD化されていないのか不思議なものです。ハイドンの名曲を洗練されたフランスのクァルテットの演奏で聴くことができる貴重なアルバムと言っていいでしょう。演奏にはまったく古さを感じさせることなく、今でも素晴らしい輝きに満ちたものと言っていいでしょう。なかなか入手は難しいでしょうが、手に入れる価値のあるアルバムです。評価は[+++++]です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉 ヒストリカル LP

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドンディスコグラフィ
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,368
登録演奏数:11,793
(2019年12月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲88番交響曲90番交響曲76番オックスフォードライヴ録音バリトン三重奏曲ヴィヴィアーニ四季ロンドンピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:25ベートーヴェンピアノソナタXVI:19ピアノソナタXVI:23先生と生徒古楽器音楽時計曲ピアノ四重奏曲ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲オルガン協奏曲XVII1:1ピアノ協奏曲XVIII:4交響曲70番交響曲93番軍隊交響曲80番交響曲81番ピアノ協奏曲XVIII:11悲しみヴァイオリンとピアノのための協奏曲XVIII:6トランペット協奏曲モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハ交響曲4番ピアノ三重奏曲豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51十字架上のキリストの最後の七つの言葉ラモーヘンデルバッハスカルラッティ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク弦楽四重奏曲Op.76ドヴォルザーク交響曲75番チェロ協奏曲ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.54天地創造レスピーギヴォルフヨハン・シュトラウスリゲティタリスリヒャルト・シュトラウス交響曲10番ピアノソナタXVI:49交響曲54番迂闊者ネルソンミサトマジーニピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71ブルックナーベルリオーズウェーベルンナッセンベンジャミンヴァレーズグリゼーシェルシメシアンOp.20弦楽四重奏曲交響曲9番交響曲67番交響曲65番交響曲39番交響曲73番交響曲61番狩りリームピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44第九太鼓連打ボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番チャイコフスキーストラヴィンスキーライヴ弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲アリア集パイジェッロピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34サントリーホールブーレーズ弦楽四重奏曲Op.74アルミーダ無人島変わらぬまこと騎士オルランド哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:1ピアノ協奏曲XVIII:3交響曲3番交響曲79番アレルヤラメンタチオーネチェロ協奏曲1番交響曲58番交響曲19番交響曲27番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎オーボエ協奏曲LPヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルマーラー告別交響曲97番奇跡交響曲18番ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲78番王妃SACD武満徹交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲12番交響曲11番交響曲15番交響曲1番交響曲37番ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26バードアレグリモンテヴェルディパレストリーナ美人奏者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード五度ラルゴラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルク主題と6つの変奏オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
50位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ