エヴァルト・デマイヤー/ラ・プティット・バンドのハープシコード協奏曲集(ハイドン)

年始最初のアルバムは爽やかな音楽を。大好きなクイケンのアルバム。

KuijkenHcon.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

エヴァルト・デマイヤー(Ewald Demeyere)のフォルテピアノ、シギスヴァルト・クイケン(Sigiswald Kuijken)指揮のラ・プティット・バンド(La Petite Band)の演奏で、ハイドンのハープシコード協奏曲(Hob.XVIII:4)、ディヴェルティメント(II:20)、ハープシコード協奏曲(XVIII:3)の3曲を収めたSACD。収録は2006年10月、アムステルダム近郊のハールレム(Haarlem)にある統一メノナイト教会(Doopsgezinde kerk)でのセッション録音。レーベルはベルギーのACCENT。

クイケンのハイドンのアルバムはほとんど手元にあると思っていたんですが、今日取り上げるアルバムはコレクションの穴でした。慌てて手に入れた次第。

クイケンのアルバムはブログの初期からいろいろ取り上げています。古楽器演奏の草分けの一人ですが、淡々とした演奏から音楽の喜びが滲み出てくるような演奏がハイドンの曲の面白さをあぶり出してくれます。昔の演奏もいいんですが、特に最近のクイケンの演奏は基本的なスタイルは維持しながらも、どこか新機軸を打ち出そうという意欲のようなものが感じられて興味深いんですね。

2015/08/28 : ハイドン–室内楽曲 : 【新着】クイケン兄弟によるフルート三重奏曲集(ハイドン)
2015/07/19 : ハイドン–室内楽曲 : クイケン三兄弟によるフルート三重奏曲集(ハイドン)
2012/11/18 : ハイドン–交響曲 : 【新着】クイケン/ラ・プティット・バンドの「朝」、「昼」、「晩」
2011/11/23 : ハイドン–室内楽曲 : クイケン・アンサンブルによる「ロンドン・トリオ」
2011/09/14 : ハイドン–声楽曲 : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのテ・デウム
2011/07/04 : ハイドン–オラトリオ : クイケン/ラ・プティット・バンド1982年の天地創造ライヴ
2011/07/02 : コンサートレポート : シギスヴァルト・クイケン/ラ・プティット・バンドのブランデンブルク協奏曲
2010/03/22 : ハイドン–交響曲 : クイケンのザロモンセット
2010/03/21 : ハイドン–交響曲 : クイケンのパリ交響曲集

フォルテピアノを弾くエヴァルト・デマイヤーは、私ははじめて聴く人。1974年生まれのベルギーのフォルテピアノ奏者。アントワープ王立音楽院で音楽理論、ヨス・ファン・インマゼールにハープシコードを学び、卒業後すぐに同音楽院で和声、対位法、フーガを教えるようになりました。2002年にはインマゼールの後を継いでハープシコードの教授に就任。その後はクイケン兄弟などと共演するようになり、ラ・プティット・バンドのメンバーでもあるとのこと。ACCENTからも多くのアルバムがリリースされているということでACCENTの看板奏者といったところでしょう。

普段はピアノで聴くことが多い協奏曲2曲ですが、このアルバムの演奏は、ある意味期待の裏をかかれた感じ。程よい躍動感を期待してアルバムを聴き始めましたが、逆にスタティックな魅力に光を当てた演奏。こちらが持つ曲のイメージをいい意味で壊してくれた感じ。同じ楽譜でもピアノで弾くのとハープシコードで弾くのはアプローチが違うんだよとクイケンがほくそ笑んでいるようです。

Hob.XVIII:4 Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [G] (c.1770)
序奏は予想したより遅めのテンポで、溜め気味にゆったりと入ります。録音はACCENTらしい鮮度の高い精緻なもの。デマイヤーのフォルテピアノは典雅そのもの。ゆったりとしたオケに乗って、ハイドンより前の時代の伝統を踏まえたようなクラシカルなテイストに満ちています。リズムも前のめりにならず、逆にすこし遅れ気味に入る非常にリラックスした演奏。ハープシコードの雅な音色の美しさを存分に聴かせようということでしょうか。このテイストに慣れてくると、曲の展開に集中出来るようになってきます。徐々にオケのじわりとつたわるキレの良さに耳が慣れてきます。小細工などなく淡々と進めるあたりがクイケンのコントロールでしょう、テイストだけでいうとブランデンブルク協奏曲の5番を聴いているような気分になります。1楽章は実に落ち着いたもの。
つづくアダージョは癒しというより、孤高の音楽。遅めのテンポと全般に静寂に支配された音楽。無音の部分が多いというのではなく、音楽自体に澄み切った静けさを感じるという意味です。ハイドンがこのような表現を意図していたとは思えませんが、間違いなくこの曲の新境地に踏み込もうとしているように感じます。ゆったりと響くハープシコードの音階の存在感が際立ちます。だんだんクイケンの術中にはまってきました。
フィナーレも思ったほどテンポを上げず、じっくりと弾き進めていきます。ハープシコードの音階にグルグル巻きに絡まれていくよう。デマイヤーの堅実なタッチに加え、オケも安定感抜群で、まったく破綻する気配すらない演奏。

Hob.II:20 Divertimento [F] (1755-57)
つづいてディヴェルティメントから。ごく初期の作品で、ハイドンがシュテファン大聖堂の合唱団を離れ、モルツィン伯爵に仕えるまでの間に作曲したもの。もちろんフォルテピアノは入りません。アレグロ-メヌエット-アダージョ-メヌエット-フィナーレの5楽章構成。同じく落ち着いた演奏ながら協奏曲よりはキビキビとしているところを見ると、クイケンの意思といよりデマイヤーの意思で協奏曲が遅めのテンポ設定だった可能性がありますね。メヌエットに入ると純粋に演奏を楽しんでいるように自然な感興が心地よいですね。若書きとはいえ、楽器間のメロディーの受け渡しには早くもハイドンの創造力の萌芽が感じられ、演奏もそうしたアイデアをそこここに感じさせるもの。アダージョはこの曲の聴きどころ。少ない楽器のアンサンブルの中に生気が宿る素晴らしい音楽。すでにメロディーの閃きがキレてます。途中に入るピチカートのなんと美しいこと。息をのむような瞬間。またしてもクイケンの術中にはまった感じ。再び前半のメヌエットとは少し構成を変えながらも、同じように響くメヌエット。ホルンや木管が気持ち良く響きわたり、演奏する喜びがはち切れるよう。ディヴェルティメントの最上の姿でしょう。フィナーレはハッとするような転調と、そうくるのかと驚くような楽器間のメロディーの受け渡しにハイドンのいたずら心が透けて見えるような音楽。いやいや、素晴らしい!

Hob.XVIII:3 Concerto per il clavicembalo(l'organo) [F] (1765)
再び協奏曲。ゆったりと溜めたリズムは1曲目から予想済みですが、実際に聴くと、音楽の豊かさに圧倒されます。耳がなれたというか、演奏者の創造力と聴き手の創造力の勝負のような緊張感に包まれます。これまでの演奏の垢を落として再構成したような新鮮な音楽に聴こえるのがクイケンのすごいところ。1曲目よりも慣れたせいか、音楽がまとまり、素晴らしい説得力に圧倒される感じ。よく聴くとデマイヤーのハープシコードは落ち着いているばかりではなく、着実なタッチでグイグイ攻めてくるよう。8×10の超細密で階調豊かな写真を見る快感のようなものを感じます。あまりの完成度に鳥肌がたちます。
研ぎ澄まされた美しいメロディーの宝庫であるラルゴ・カンタービレ。ピアノによる美しい演奏に慣れてはいますが、このハープシコードの演奏も全く異なる美しさを持っています。あえてメリハリを強調して、ハープシコードらしさをきアピールしているよう。これまでのどの演奏とも異なる美しさの表現。デマイヤーの音楽もキレてます。
フィナーレは快活キレキレ。このアルバムの総決算のようにデマイヤーの指さばきも一段と鮮やかになり、鮮明な録音にソロとオケが浮かび上がります。落ち着いた中にも漲る生気。最後に鮮やかな手腕を披露して終わります。

シギスヴァルト・クイケン率いるラ・プティット・バンドによる協奏曲とディヴェルティメント。ディヴェルティメントの方は文句なく楽しめる名演奏。協奏曲2曲は、これまでの曲の刷り込みにこだわる人には違和感のある演奏かもしれませんが、私は大いに刺激を受けました。音楽の構成はだれの影響も受けることなく自身の創造力から生み出されたもののようで、これまでの演奏とは異なる、新たな価値を感じるもの。聴き手の創造力が試されるような趣もありますので、人によっては評価が分かれるでしょう。私は全曲[+++++]をつけます。いつもながらクイケンにやられたといったところでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:3 ピアノ協奏曲XVIII:4 ディヴェルティメント SACD

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲4番モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォードロンドン豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルラモースカルラッティバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク交響曲75番悲しみチェロ協奏曲古楽器ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番軍隊ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76狩り交響曲39番交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:21第九太鼓連打ヒストリカルボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまこと無人島アルミーダ騎士オルランドチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲58番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4アレグリパレストリーナバードモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
4位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ