H. R. A. Award 2015

今年で4年目を迎えたこの企画。2015年にレビューしたアルバムの中から最も心に残ったアルバムを選びます。基本的には毎月選ぶベスト盤(Haydn Disk of the Month)の中から、各ジャンルのベスト盤を選ぶという流れになっています。

まあ、一人のハイドン愛好家がその年に聴いたアルバムからベスト盤を選ぶということで、大した意味はありませんが、それでもハイドンばかりを取り上げる激ニッチなブログ上のイベントで、失礼ながら読者もニッチ層(笑)。世界にオタク文化を発信し、「コミケ」なるイベントで世界から人が集まるという今の日本で、こうしたマイナーな取り組みこそ、明日の文化を創るという心意気だけで強引にいきたいと思います!



慣例となった部門別表彰です!

【交響曲部門】

Macgegan57.jpg
2015/05/09 : ハイドン–交響曲 : 絶品、ニコラス・マギーガンの交響曲集第2弾(ハイドン)

交響曲では全集をリリース途上のトーマス・ファイが大怪我で残りのリリースが危ぶまれる状況のなか、ジョヴァンニ・アントニーニ率いるイル・ジャルディーノ・アルモニコが全集に着手したり、ロビン・ティチアーティ/スコットランド室内管の爽快な演奏、ノリントンのパリセットなど新録音にも魅力的なものが多くリリースされた他、古い録音にもいろいろいいものを再発見したのは皆様ご存知のとおり。その中で一際素晴らしかったのが、このマギーガンのアルバム。中期の地味な3曲を実に表情豊かに聴かせる素晴らしい演奏。ロンドンセットやパリセット、告別や受難などの有名曲ばかりではなく、こうした地味な曲にこそハイドンの面白さが詰まっているわけで、このアルバムはまさにそうした曲の入門盤としても好適。未聴の方は是非!

【管弦楽・協奏曲部門】

MariaKliegel.jpg
2015/06/20 : ハイドン–協奏曲 : マリア・クリーゲルのチェロ協奏曲集(ハイドン)

ロレンツォ・ギエルミ盤と最後まで迷ったのですが、やはり今年はこのマリア・クリーゲル盤でしょう。記事にも書きましたが、これまで聴いたNAXOSのハイドンの演奏では間違いなくベスト。名盤目白押しのチェロ協奏曲の中でも、これだけ味わい深いチェロを聴かせるアルバムはそうありません。伴奏のヘルムート・ミュラー=ブリュール率いるケルン室内管も盤石のサポート。クリーゲルにあわせてか、いつもよりしなやかな響きで支えます。チェロ協奏曲ではエアリング・ブロンダル・ベンクトソン盤とともに私の愛聴盤になっています。

【室内楽部門】

Mitchell.jpg
2015/08/25 : ハイドン–ピアノソナタ : ボビー・ミッチェルによるソナタ集(ハイドン)

こちらも迷いました。今年は弦楽四重奏、ピアノ三重奏ともに素晴らしいアルバムが目白押し。特にトリオ・フランツ・ヨゼフとトリオ・ホーボーケンとハイドンに由来する名前のトリオの素晴らしさは印象に残りました。そしてクァルテットではフーゴ・ヴォルフにダイダロス、古いところではクイケン兄弟によるフルートトリオなども鳥肌が立つほど素晴らしいもの。これらを差し置いてこのボビー・ミッチェル盤を選んだのは、若い才能に期待して。ハイドンのソナタの演奏に格別の才能を発揮する若手フォルテピアノ奏者として、今後もハイドンのレパートリーを広げ、新たな録音を期待したいところです。Haydn Disk of the Monthには選定していませんが、アレッシオ・アレグリーニのホルン三重奏曲も素晴らしい演奏でした。

【声楽部門】

HerrewegheDS.jpg
2015/10/23 : ハイドン–オラトリオ : 【新着】フィリップ・ヘレヴェッヘ/シャンゼリゼ管の天地創造(ハイドン)


四季につづくヘレヴェッヘとシャンゼリゼ管による天地創造。演奏、録音、プロダクションの三拍子そろった素晴らしいアルバム。これまでのどの演奏も、なにがしらかの色が付いていたと思わせる、透明でしなやかな表情の天地創造。ニュートラルといえばいいでしょうか。力づくの演奏も多いなか、淡々とこの名曲を進めていくうちに曲の魅力に飲み込まれているのに気づくような演奏。歌手も粒ぞろい、そしてオケ、コーラスも素晴らしい精度で、ヘレヴェッヘによるしなやかなコントロールが行き届いた演奏。天地創造の新たなスタンダード盤と言っていいでしょう。

以上4点が今年のベスト盤です。なんとなく今年の表彰盤をここまで眺めていると、私の好みが枯れてきているような気もしないでもありません。尖った演奏よりも、曲自体の良さを踏まえて、自然なスタンスで演奏していくタイプの演奏を好むようになってきたような気がします。もちろんハイドンの曲の魅力がそういった演奏でこそ生きるという面もあります。

なお、今年のベスト盤はいずれも入手しやすいものばかりです。マイナー盤ばかりにレビューが集中していたことを多少反省しております(笑)

さて、今年も読者の皆さんには大変お世話になりました。皆さんのアクセス、コメント、拍手、メールなどが励みになって、ずぼらな私でもなんとか記事を書き続けてこられました。あらためて深く感謝しております。

皆さんにとって来年も良い1年でありますように。そして来年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。
アウォード2015、交響曲部門はリステンパルト盤か若杉盤に来てもらいたかったところですが、幸い協奏曲部門でクリーゲル盤が予想(というか期待!)と一致しました。
チェロ協奏曲は、ロストロ盤の刷り込みが強くてなかなか次のチョイスが出て来ませんでしたが、これは良いですねー、と思ったら当初の記事にコメントしてましたっけ。
ハイドン愛好の同志、と勝手に自称しながら、当方ときてはカルテット7割シンフォニー2割その他1割といった偏食気味の同志であります。まあその分伸び代が有るということで、今年もよろしくお願いいたします。

No title

Daisyさん あけましておめでとうございます。

2015年も、Daisyさんのハイドンレビューを十分楽しませていただきました。
2016年も引き続きレビューの方、よろしくお願いします。

なお、大変残念ながらトーマス・フェイの全集録音の企画は中止になったそうです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Re: No title

だまてらさん、明けましておめでとうございます。

クリーゲル盤、支持いただきありがとうございます。チェロ協奏曲はいろいろなタイプの名演があり、皆さんそれぞれ刷り込み盤があろうかと思います。ロストロポーヴィチはもちろん、有名なところではデュ・プレ、ペレーニ、ハレル、マイスキーなど好みもそれぞれあろうかと思います。クリーゲル盤はそれらの演奏に匹敵する、しっかりとした個性をもった演奏だと思います。
交響曲の方は、もちろんリステンパルトという選択肢もありましたが、このところ新たないい演奏が相次いでリリースされていますので、新しい演奏を選んだ次第。若杉弘も我々の世代にはグッとくるアルバムでした。

さてさて、古典四重奏団の件、メールにて連絡いたします!

本年もよろしくおねがいいたします。

Re: No title

Haydn2009さん、明けましておめでとうございます。

トーマス・ファイの件、中止ということは再起が難しいほどの怪我だったということでしょうね。また、他の指揮者で継続も、ファイの個性を補完できるはずもなく、中止はやむなしといったところでしょう。ハイドンの交響曲全集を収録するということの難しさをあらためて痛感します。あとは未収録の曲をファイだったらどう演奏しただろうと想像して楽しむこととしましょう。

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

No title

新年おめでとうございます。

マギーガンの交響曲第2弾は必聴盤と思い、取り寄せました^^

今年もよろしくお願いいたします。

遅ればせながら、、

明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します

新しい年、Daisyさん、ご家族の皆様にとって穏やかな楽しい日々でありますことを願っております


ご挨拶が遅れて申し訳ありません。毎年年末年始は主人の実家で慌ただしく過ごしております。
一昨年から家族の健康問題で私自身忙しい日々となり、なかなか落ち着いての観賞と言うわけにはいかないのですが、その中でこのブログに来てほっこりするのが大切な時間です。
お仕事などお忙しいでしょうけれど、更新楽しみにしておりますので頑張ってくださいね。



Awardを読ませていただき、

Daisyさんの2015のハイドン観賞の愛情溢れた地道な時間の流れを感じることができ、何だかしみじみしちゃいました(笑)

Re: 遅ればせながら、、

sifareさん、こちらこそ遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

当ブログでほっこりされたり、しみじみされちゃったりと、いろいろご苦労されながらの生活の気休めになっているようで何よりです。この役割を守るためには私自身も常におおらかな心境を保たねばなりませんね。

私自身も日頃は仕事に追われていて日常はドタバタとしておりますが、音楽を聴いている時間やブログを書いている時間は不思議とのんびり過ごせ、適度なストレス発散になってます。

あんまり生産的なことはやってませんが、先日亡くなった水木しげるさんも「しないではいられないことをし続けなさい」、「好きの力を信じる」などとおっしゃっており、これからもぼちぼち続けていこうと思います。

忙しい日常かとは思いますが、音楽をを楽しみ、心の平安を保たれるようお祈りしております。良い年でありますように!
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

ハイドン(Franz Joseph Haydn)の膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。私はなぜハイドンにはまったのか?

最新記事
カテゴリ
ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものはリスト冒頭に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

登録曲数:1,365
登録演奏数:11,529
(2019年3月31日)
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲4番モーツァルトヨハン・クリスチャン・バッハオックスフォードロンドン豚の去勢にゃ8人がかりピアノソナタXVI:51ピアノ三重奏曲十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヘンデルラモースカルラッティバッハ驚愕ショスタコーヴィチシェーンベルク交響曲75番悲しみチェロ協奏曲古楽器ホルン協奏曲時計弦楽四重奏曲Op.50アンダンテと変奏曲XVIII:6弦楽四重奏曲Op.64弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.54天地創造ヴォルフレスピーギヨハン・シュトラウスリヒャルト・シュトラウスタリスリゲティ交響曲10番軍隊ピアノソナタXVI:49迂闊者交響曲54番ネルソンミサバリトン三重奏曲ベートーヴェンピアノソナタXVI:52交響曲2番ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:46日の出皇帝弦楽四重奏曲Op.71交響曲88番ブルックナーベルリオーズウェーベルンベンジャミンナッセングリゼーメシアンヴァレーズシェルシOp.20弦楽四重奏曲交響曲67番交響曲65番交響曲9番弦楽四重奏曲Op.76狩り交響曲39番交響曲73番交響曲61番リームピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:48四季交響曲全集リムスキー・コルサコフラヴェルピアノソナタXVI:45ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:21第九太鼓連打ヒストリカルボッケリーニ交響曲99番シューベルト交響曲5番ストラヴィンスキーチャイコフスキーライヴピアノ協奏曲XVIII:11弦楽四重奏曲Op.2序曲ヴィヴァルディオペラ序曲パイジェッロアリア集ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6すみだトリフォニーホールピアノソナタXVI:34ブーレーズサントリーホール弦楽四重奏曲Op.74哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェ変わらぬまこと無人島アルミーダ騎士オルランドチマローザ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:1ラメンタチオーネアレルヤ交響曲79番交響曲3番チェロ協奏曲1番交響曲27番交響曲58番交響曲19番紀尾井ホールドビュッシーミューザ川崎LPオーボエ協奏曲協奏交響曲ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:29スタバト・マーテルピアノソナタXVI:39マーラー告別交響曲97番交響曲90番交響曲18番奇跡ひばりフルート三重奏曲交響曲102番交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番交響曲78番ピアノソナタXVI:23王妃武満徹SACDライヴ録音交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードBlu-ray東京オペラシティ交響曲11番交響曲12番交響曲15番交響曲37番交響曲1番ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ディヴェルティメント東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニライヒャドニぜッティ弦楽三重奏曲東京文化会館フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4アレグリパレストリーナバードモンテヴェルディ美人奏者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナードラルゴ五度ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏冗談ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムよみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルク主題と6つの変奏オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7天地創造ミサジャズ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲107番交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲カンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽ピアノソナタ

タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
85位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

大家さんFC2のクラシックブログランキング。

おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)






twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ