作曲家ヨーゼフ・ハイドンの作品のCD、LP、映像などを収集しレビューしています。膨大なハイドンの作品から名盤、名演奏を紹介します。

トリオ・ホーボーケンのピアノ三重奏曲集(ハイドン)

5
0
今日はピアノトリオのオーソドックスな名演盤です。

TrioHoboken.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

トリオ・ホーボーケン(Trio Hoboken)による、ハイドンのピアノ三重奏曲4曲(Hob.XV:18、XV:19、XV:20、XV:31)を収めたアルバム。収録は2008年5月19日から23日、マルセイユの教会(Chapelle des Dames Reunies, Marseille)でのセッション録音。レーベルはLyrinx。

このアルバムはいつも当方の所有盤リストにないアルバムを貸していただく湖国JHさんから最近送られてきたものの中の1枚。いつもながら素晴らしいアルバムを貸していただけるので楽しみにしておりますが、このところ前記事で取り上げた初録音の検証に時間がかかり、取り上げるのが遅くなてしまいました。

このアルバムの演奏者はなんと、「トリオ・ホーボーケン」。ピアノ三重奏曲の生みの親であるハイドンの作品の作品番号をつけた人の名を冠したトリオによるハイドンのピアノ三重奏曲集。これで演奏がキレてなかったら笑えません。設立は2003年でレパートリーは古典から現代音楽ということで、主にフランスヨーロッパで活躍しているトリオ。このアルバムはおそらく彼らの2枚目のアルバムで、最初のリリースはドヴォルザークとスメタナのピアノトリオを収めたもの。このアルバムを録音したときのメンバーは下記のとおり。

ヴァイオリン:サスキア・レティエク(Saskia Lethiec)
ピアノ:ジェローム・グランジョン(Jérôme Granjon)
チェロ:ルノー・デジャルディン(Renaud Déjardin)

もちろん日本では知る人はあまりいないのではないでしょうか。先に触れたとおり、このアルバムの演奏はトリオの名に恥じることのない素晴らしいものでした。

Hob.XV:18 Piano Trio (Nr.32/op.70-1) [A] (before 1794)
響きの良い広い空間の真ん中にピアノがしっかり定位。中庸なテンポでヴァイオリン、チェロ、ピアノが溶け合うように響き合う入り。ピアノは粒立ちよく、ヴァイオリンはくっきりキレて非常に鮮明。チェロが若干音量を落とし気味なのは軽さを出そうということでしょうか。冒頭からオーソドックスながら緊密なアンサンブルの魅力に溢れた演奏。もちろんハイドンは得意のレパートリーでしょうから、曲自体の勘所をしっかり押さえて的を射た緩急のコントロール。ピアノとヴァイオリンがアンサンブルを牽引するタイプの演奏です。
続くアンダンテは訥々としたピアノに乗って枯れたような気配が満ちるなか、中間部に入るとヴァイオリンとチェロによるなんとも言えない暖かさに包まれます。このあたりの変化の上手さは流石なところ。
そしてさっとフィナーレに入り、ジプシー風のメロディーを各パートが鮮やかに受け継いでいきながら高揚していく様子も見事。終盤の盛り上がりも力まかせではなく、軽やかさを保ちながら徐々にカオスに包まれます。いやいや見事。これは素晴らしい。

Hob.XV:19 Piano Trio (Nr.33/op.70-2) [g] (before 1794)
ピアノの入りから詩情が滲み、ひろい空間を感じさせる実に落ち着いた導入。ピアノのリズムの間が実にいい。そしてヴァイオリンも落ち着き払ってピアノに寄り添い、チェロはヴァイオリンの影のように控え目。この短調の曲の穏やかな陰りを絶妙に表現。暗さと明るさの変化を実にデリケートに表現してきます。演奏によってはこれほどデリケートなニュアンスを感じることはないのですが、この曲でこれほどの情感を表現できるのは相当な表現力があってのことでしょう。特にピアノのジェローム・グランジョンの描く表情の豊かさが印象的。サスキア・レティエクのヴァイオリンは雄弁なほどではありませんが、ピアノのニュアンスに寄り添うような素朴な味わいを感じさせるもの。コントロールされた素朴さといった感じ。この曲でもチェロは控え目。前曲ではフィナーレでグッとせり出してきましたが、チェロは影に徹するよう。
この曲の2楽章は1楽章とのつながりがまったくないような予想外の入りにいつも驚くのですが、この演奏ではそのそよ風のような意外性をうまく演出していて、なるほどと思わせる説得力があります。半ばよりピアノの美しいメロディーに耳を奪われます。聴くたびにハイドンの創意の豊かさにいつも唸らされる曲です。
そしてフィナーレへの展開も常人の想像を超えるもの。このメロディー、どうやって思いつくのか。トリオ・ホーボーケンの演奏は、この曲はかく演奏すべきとの確信に満ちていて、完全に身を委ねることができる秀演です。

Hob.XV:20 Piano Trio (Nr.34/op.70-3) [B flat] (before 1794)
ほのかなコミカルさを帯びながらも音楽の楽しさにあふれた独特の入り。完全に曲を掌握しているこのトリオだからできる余裕たっぷりの自在な表現。どこにも不自然さはなく、ピアノの左手の打鍵に合わせて体が弾みます。あちこちにちりばめられたピアノの磨き抜かれた美しいメロディーを楽しみながらの進行。いやいやこれは絶品です。完全にトリオ・ホーボーケンの演奏に引き込まれます。名旋律とキレのいい転調、そして緩急の絶妙なコントロールにノックアウト。
ヴァイオリンソナタのようなアンダンテ・カンタービレの入り。長いピアノの序奏に続いてヴァイオリンソロが入り、そしてチェロが加わってトリオであることにはっとさせられる構成。決して同じアイデアを繰り出してこないハイドンの音楽の真骨頂でしょう。シンプルなピアノの伴奏が美しさを極めて最後に強奏で今一度はっとさせられます。
フィナーレの入りも驚きの連続。さらっと違うアイデアを出してくるハイドンのいたずら心をよく踏まえた演奏。トリオ・ホーボーケンはハイドンの気持ちを完全に理解して聴く者にハイドンの創意を新鮮なまま届けてくれているようです。最後の盛り上がりも見事。

Hob.XV:31 Piano Trio (Nr.41/op.101) [E flat] (1795)
ピアノトリオの最終期の作品。2楽章構成。序奏からえも言われぬ深みを帯びた音楽がいきなり沁みます。中盤から光が射したようにほんのりと明るさを帯び、音楽に温かみが宿ってきます。このニュアンスの豊かさがトリオ・ホーボケンの聴かせどころとわかって安心して音楽に酔います。なんでもないメロディーに生気が宿り、音楽が膨らみ、表情の変化やふとした間がすべて意図されたとおりに演奏されます。この曲でもいくとおりもの陰りと明るさが交錯する実に深い音楽に驚きます。
最後は3分少々と短い楽章ですが、閃きの宝庫のようなハイドン晩年の円熟の筆致による音楽。コミカルさもありながら、緊密なメロディーの構成に打たれます。セッション録音ですが、最後の曲が終わったあとはスタッフによるものか拍手が収められています。

ハイドンを演奏するために結成されたにちがいないトリオ・ホーボーケンのピアノトリオ集ですが、まさにその名に恥じることのない名演ばかりが詰まった素晴らしいアルバムでした。ピアノトリオはハイドンの晩年の作品が多く、よく聴くと音楽の構成やアイデアは素晴らしいものばかり。その名曲の真髄を把握して余裕たっぷりに演奏されることで、これらの名曲の真価がしっかりと伝わります。室内楽好きな方には是非聴いていただきたい名盤といっていいでしょう。評価は全曲[+++++]としました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

5 Comments

There are no comments yet.

Skunjp

宝物蔵探訪記

Daisyさん、こんばんは。
弦楽四重奏というホームグラウンドをほっぽりだして、ピアノトリオの宝物蔵に迷い込み、出口が見いだせない私です。

当ブログでご推薦いただいたボザールT、Tアイゼンシュタット、ウィーンPT、Tヴァンダラーなどをとっかえひっかえ楽しんでいます。

そしてそこにトリオ・ホーボーケンが加わりました。もぎたてのフルーツのように新鮮な香気の漂う演奏ですね。

特にCD最後のXV31番(ランドン41番)が気に入りました。ほの暗い瞑想的な第1楽章と、うってかわって体操(?)のように元気な第2楽章の絶妙なコントラストがいかにもハイドンらしいです。

今夜は楽譜を見ながら、TホーボーケンとボザールT、Tアイゼンシュタットで同曲を聴き比べました。

ボザールはやはりベテランの味ですね。ほとんどインテンポでスラスラと進みますが、至る所に得も言われぬ滋味と英知が宿っており非常に味わい深いです。また全曲の自然な統一感が素晴らしい。まさに横綱相撲!

これに比べてTアイゼンシュタットは若々しい現代的な感性でまとめていますね。しかし若いといっても巨匠クラスの落ち着きがあります。脱帽です。物凄く巧くてしかもアーティスティックに完成された世界。彼らの演奏に私は明晰な白昼夢を見ているような陶酔を覚えます。

ところで彼らの演奏で面白いのは、特徴的なリズムを強調して隈取の濃いアゴーギク(タメ)を駆使する点です。これがハイドンのハンガリー性(?)にはまっている。テンポも独特で、当曲の第2楽章は遅めに感じますが、楽譜の指示はAllegro(ben Moderato)「快速だが十分に中庸のテンポを守って」なので、案外、Tアイゼンシュタットのテンポが正解なのかもしれません。

そしてトリオ・ホーボーケン、仰る通りこの名前は伊達じゃないですね。非常に明るい若々しく瑞々しいセンスが光ります。第1楽章はABACAのロンド形式だと思いますが、Cの部分、ロ長調の光が差してくるようなメロディーの表情が3つの演奏の中でピカイチでした。本当に夢見る乙女ような胸を打つ表現で、演奏者が心から感動しているからこんな表情が出るのでしょうね。第2楽章の盛り上がりもまるでライブのようで、最後の拍手は「あって当然」という感じです。

このトリオ・ホーボーケンのCDは全曲にわたってライブのような感興のノリがあり、録音のちょっとしたキズ(時に定位がふらつく)を超えて、なかなか得難い充実感を聴く者に与えます。演奏会のような感動がありますね。


…まあ、というわけで、ともかくピアノトリオの世界は宝物蔵です。ちょっと掘っただけで粒よりの名曲がザクザク出てきます。全くスリリングな興奮を味わっています。当分、ここから出れない感じです(笑)。

本当にこんな凄い世界(1年前は知らなかった!)をご紹介いただき有難うございました。<m(__)m>

  • 2015/12/07 (Mon) 22:24
  • REPLY

Daisy

Re: 宝物蔵探訪記

Skunjpさん、いつもながらコメントありがとうございます。

宝物蔵、まだまだ広く奥行きもありますよ(^_^) ピアノ三重奏曲は聴けば聴くほど素晴らしさが沁みてきますね。ハイドンでは一般的には弦楽四重奏の方がメジャーでしょうが、ピアノが加わることによる音色の華やかさとリズムのキレを自在に組み合わせたピアノ三重奏は、弦楽四重奏以上に聴き応えがあります。
すでに聴かれているかもしれませんが、ウィーンピアノ三重奏団の新盤などもいいですよ。
そしてHob.XV:31はいいですね。これぞ名曲です。普段はあんまり同じ曲の違い演奏の聴き比べはしませんが、なんとなくいろいろ聴いて見たい気分になりました。ほんのわずかの演奏の違いが驚くほどの音楽のニュアンスに影響するのが室内楽を聴く楽しみですね。通勤車中ゆえ短文失礼。

  • 2015/12/08 (Tue) 07:44
  • REPLY

Skunjp

No title

> 宝物蔵、まだまだ広く奥行きもありますよ(^_^)

ドッヒャー、うれしい悲鳴です。
持っているウィーンピアノトリオは旧盤です。うーん、新盤ですか。アルカン四重奏団も気になったりして…

でも最近CD買いすぎで我が家の財務省が怖いです(汗)

  • 2015/12/09 (Wed) 17:05
  • REPLY

Daisy

Re: No title

Skunjpさん、コメントありがとうございます。

仕事もプライベートも予算の確保は重要ですね。最近でこそCDも入手経路が多様になり、安く手に入れられるようになってきましたが、ペースが上がると費用自体は膨らんじゃいます。心の健康に関する薬代という申請で切り抜けられたらいかがでしょうか?
くだらんレスでスミマセン(^_^)

  • 2015/12/10 (Thu) 07:14
  • REPLY

Skunjp

財務省対策

〉くだらんレスでスミマセン(^_^)

いえいえ、大事な問題だと思いますよ…財務省対策。

「心の健康に関する薬代」それ、いただきです。(^^)v

「アマゾンの1円CDなら100枚でも買っていいわよ」

わが財務省はこのように言ってますが、なんちゃって送料が35,000円もかかることまでは把握しておられません。

まあ、知らぬが仏ということで…(^_^;)

いつも朝食後はベッドに横になって、寝室の装置でハイドンの交響曲を聴きます。

今日は朝から「晩」を聴きました。あのアンダンテには本当に心が癒されますね。そしてメヌエットのコントラバスが重い体を懸命に動かして何やらゴソゴソとソロを弾く頃には出社の時間です。「嵐」が来る前に家を出なければ…。

わが社はクリスチャン企業なので、「予算はイエス様」と思いのんびり構えています。

本の二冊目をやっと書き終えました。発売は来年2月です。

  • 2015/12/10 (Thu) 09:01
  • REPLY